▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

DIESELさんはサンタクロース。本当はサンタクロース。

▼ WPの本文 ▼

a

年末ですねぇ。

Xmasが終わったというか始まってもいなかったH條ですけども、Xmasに一本の電話が。

「もしもし、H條さんですか?プレスルームにきてくださいよ。」と、ディーゼルの村山プレスより。

え??

なんかマズイことしちゃったかしら…と思いつつ、ディーゼルさんのプレスルームへ。

640_diesel_official

そう、この男子。

一目惚れというやつですね、モデルさんにも、このジージャンスタイルにも。

いやね、最近、襟無しアイテムにハマってまして、ディーゼルさんのオフィシャルサイトでこちらを拝見。

今秋冬ではなくって、次の春夏のプレコレクションでチラ見したんですけども、かなりツボだったんですな。

その、「ツボだったんですよー。村山さーん。」

「そうですかー。いいですよね、あれー。H條さーん。」

「ですよねー。ツボなんですー。」

「ツボなんですかー。」

「はいー。そうなんですー。」

「そうなんですねー。はいー。」

のやりとりを村山さんとメールでしてたんですけども、ですけども、なんと…

3_DIESEL_b

どーん。

名前がありんす。

“JOMART”ってネーミングのジージャンなんですって。

インディゴのツートンカラーってのも、デニムフェチみなぎるH條(詳細: https://archive.mensnonno.jp/blog/?p=296 )にはタマランのです。

襟が無いっつう…ビートルズ好きでもあるけども全盛期の60年代には産まれてもいなかったH條的にはもう、先祖還りのルサンチマンってほどに恋焦がれていた「あったらいいな」アイテムでして。

4_DIESEL_c

ここでなぜビートルズと襟無しが引っ掛かるかと申しますと、デビューしたてのころのビートルズって、ラペルが無いジャケットを着用していたんですな。

「ビートルズ」「襟無し」「ジャケット」で検索しますとどんどん画像が出てきます。

そんでもって、ディーゼルのJOMARTに戻りますと、肘(ひじ)パッチのようなウォッシュ加工がされていて、袖も切りっぱなしでジップ付きという変り種デザイン。

ライダースでいうと、GTモンツァのようなジージャンなのですが、かなりイカス。

f

さっそく試着なう。

背中が泣いてます。

あ、ディーゼルさんではなくって他ブランドさんなのであれですけども、デニムフェチな性癖を申し伝えたいので失礼をば。

ニット帽はGAPのインディゴ染め2トーンカラー、スウェットはkolor BEACONのインディゴ染め、デニムは…デニムは…お年玉でDIESELのJOGGジーンズ買います!! 突然だったもんでスイマセン!!

6_DIESEL_e

あ、本当に泣いてる。

「H條さん、本気そうだったんで、プレゼントします。ガンガン着てくださいね(はあと)」

Xmasにまさかの男泣き…

g

「サンタさんなんか…サンタさんなんか、いないもん!」などと、世知辛い世の中を憂いていたここ最近でしたが、まさかのサプライズにおったまげ。

まさか、ディーゼルさんがサンタクロースだったとは。

大切に着ますね。

本当にありがとうございました。

本当に素敵なクリスマスでした。

Text by Takafumi Hojoh

 

 

 

 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BLOG
  • DIESELさんはサンタクロース。本当はサンタクロース。

BLOG NEW ENTRIES

ブログ記事一覧へ

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼