▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

パリコレ徒然草②

▼ WPの本文 ▼

こんばんは。

ふと気づいたらぼちぼち次の春夏の展示会も始まっていて。

これはまた、コレクションのこと書かなきゃ忘れる!と思いました。

実はまだ1か月ちょっとしかたってないのに、

あまりに日々忙しいため、遠い昔のような気がします。

 

さて、今回のパリコレ、実は一番印象に残っているブランドの1つが、KENZO。

みなさんも知っていると思いますが、現在の90年代ストリートブームを牽引しているのが

このブランドです。世界のファッションの中心地、パリだけに、もちろん名だたるメゾンの

素晴らしいコレクションは多々あり、今回も例外なくそうだったのですが、

なぜKENZOのショーが印象深かったかというと、見に来ていた人々の熱というか、

ジャーナリストだけではなくリアルにKENZOが好きで着ていてとても楽しみにしていて

見に来たよ、という感じの若い人も多かった、それが非常に印象に残りました。

フルーツを飾り付けたジューススタンドやフロアもおもしろかったし、

劇場を使い立体的に見せたショーの演出もかっこよかったです。

そしておなじみの、ポップなプリントももっと洗練された印象でした。

 

美しさに感動したのはドリス。昔の草花の絵からインスピレーションを受け、

現代の彼らしいデザインに落とし込んだ「甘くない」花柄のシリーズが秀逸。

レディースでも同じものがあったらいいのに、と思ったくらい。

 

そして我らがポール・スミス。これまたピンクが効いたシリーズが

個人的にはツボ!でした。いいねーいいねー。

前回、大注目を浴びたAMI。今シーズンは驚きはなかったけど、

リアルにトレンドを押さえている感じ。

 

コレクションのお話はこの辺で。

最後におまけ、時間がないなか飛び込んだカフェで

一番早いものお願いします、と言ってでてきたこのサラダ、

かなりおいしかったです。

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

BLOG NEW ENTRIES

ブログ記事一覧へ

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼