▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

ラグジュアリーの極み~

▼ WPの本文 ▼

ちょっとお久しぶりになってしまいました。

ウェブ担当・H條が怒涛のアップをしているのを横目で見つつ、

やっと更新させていただきます。

ちなみに、おにぎりは必ず梅を食べたい派。2個のときはいろんな味を食べたいので、

梅プラスおかかとか、梅プラスめんたいことか。普通そうですよねー。

 

さて、日をさかのぼること11月1日、ボッテガ・ヴェネタさんご招待の

何やらミステリアスなイベントがありました。

ボッテガ・ヴェネタ初の書籍が発売されたことを記念してのもの、だそうですが、

午前中に銀座のショップに集合、その後別の場所に移動します、と事前のアナウンスは

それだけ。なんだろ~。

 

そして当日。私たちを待っていたのは、スペシャルゲストでした。

なんと、世界的バレリーナで女優の草刈民代さんが、その本の中の一節を朗読。

 

 う、美しい。大人の女性の洗練された美しさにうっとり。朝からしっとりいい気分です。

 

その後、用意された車に乗り、どこかへと連れ去られる私たち。たぶんお食事だろう、と

思いつつ、素敵なレストランかしら、都心じゃないのかな? などと思っていると

なんと首都高に乗るじゃありませんか!

小1時間ほど走ってやっと着いたのは、目黒の閑静な住宅地。場所の種明かしは

夜は紹介制という、佇まいもお料理も和のラグジュアリーを極めた「八雲茶寮」でした。

 

 

このお皿を見てください。イントレチャート柄!!

ボッテガ・ヴェネタのテーブルウェアが使われてるという演出も心ニクイ!

 

仕事柄、いろいろなお店に行く機会が多いのですが、こちらは本当に美味しかったです。

昼間からこんなに五感が満たされること、なかなかない、と感動しきり。

PRの方が言うには、この書籍のラグジュアリーを明確に体感してもらうため、

この日のイベントの準備になんと1年もかけていた、とのこと。脱帽・・・。

メンズノンノも見習います。読者のみなさんに楽しんでもらうことに妥協しない!

とあらためて自分に誓ったのでした。

 

この書籍は、1966年のブランド創業以来、はじめてのもの。

世界各国の著名人からの寄稿文による各パートで構成されており、

イタリアで生まれたボッテガ・ヴェネタを、ラグジュアリーライフスタイルブランドへと

成長させた職人技、デザイン、最高級の素材などについて、写真を豊富に使って

解き明かしているそうです。

究極のクリエイションにぜひ触れてみて。

 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BLOG
  • ラグジュアリーの極み~

BLOG NEW ENTRIES

ブログ記事一覧へ

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼