▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

宮沢氷魚が今、本当に着たい服って? メンズノンノウェブ限定ショット&スペシャルインタビュー

宮沢氷魚が今、本当に着たい服って? メンズノンノウェブ限定ショット&スペシャルインタビュー

▼ WPの本文 ▼

発売中のメンズノンノ9月号「 夏の終わりに始める、“去年と違う”シャツとロンT。」に出演した宮沢氷魚に、ファッションに対するいまの気分や好きな服についてインタビュー。本誌未掲載のアザーカットとともに、スペシャルな内容を公開! 記事の最後には動画も。

「着ると気分がアガる」というタイダイを着て撮影に望んだら、自然と笑顔もこぼれる。カットソー(エビコン)¥7,800/1LDK apartments. ショーツ¥9,800/アダム エ ロペ 首から下げた眼鏡(ノンネイティブ)¥31,800/ベンダー

  

おうち時間を通して
服を着る楽しさを再認識した!

──ふだん服を選ぶときに大事にしていることは?

「ワンシーズンだけ着られる服を買って、翌年はクローゼットをまるっと変えるって人もいるけれど、僕は一度気に入ったものを大事に使いたいタイプ。だから、長く着られるしっかりした素材と、いつになっても色あせないデザインを重要視していて。厳密にいうと、重要視していました」

──いまは服に対する考え方が変わったってこと?

「そうなんです。4月からの自粛期間で外に出られなくて、改めて自分が着る服を見直したんです。買い物をしにちょっと近所に行くときも、好きな服を着たり服にこだわったりするだけで気持ちがアガるし、服の大切さを再認識できました」


大人っぽいシャツジャケットがシックなレストランになじむ。撮影後は気になっていたパスタを「おいしい!」と即完食。シャツ¥39,000/キャバン 代官山店 パンツ(08サーカス)¥40,000/08book 時計(ユニバーサル プロダクツ)¥33,000/1LDK

  

そのときの気分に素直に、
服を着ていきたい

──手に取る服や着たいと思う服がここ数ヶ月で変わったんだね。

「はい。その時の気分を大事にしたいなって思うようになりましたね。いままでは気に入った一つのブランドをよく着ていたけど、これからはいろいろなものに手を出してみたくて。外に出かけることや人に会うことが、どれだけ幸せで特別なのかを考えられたから、そのとき着ていきたいと思える服や気分が大事に思えてきたんです。今年の秋は気合を入れようかなと(笑)」

──いま、そしてこれからはどんな服が着たい?

「いままでシャツは割と柄物が好きで着ていて、そのほかはシンプルなアイテムが多かった。特に使い勝手のいいロンTやシャツって、着回しがしやすいモノトーンを選んでいました。でも、いましか着られないものがあると思ってからは、もう少しビビッドな色や柄が欲しくなったし、上品にドレスアップした格好にも挑戦したい。最近久しぶりに服を買いに行ったのですが、今まで自分とは違うかなと思っていたブランドや服も、その場で、直感で買ってもいいかなって思いました。まあ、ちゃんと計画しないと出費は増えちゃいますけど…(笑)」


日が落ちる時間を狙ってしっとりした雰囲気で撮影。デザインが効いたシャツが「落ち着いた背景に引き立ちます」とクールな表情に。シャツ(N. ハリウッド)¥26,000/ミスターハリウッド 中に着たカットソー¥15,000/オーラリー パンツ(アイ)¥24,000/1LDK

  

撮影で着たアイテムは…
全部気になるし、全部欲しい!

──氷魚にとって、着たい服と必要な服の違いはある?

「その2つが必ずしも同じではないけど、大きな差があるわけでもないと思っていて。なので強いて言えば、世間のみなさんが僕に抱いているイメージに合うものが必要な服で、実際に自分が好んで着ているのが着たい服、かな。両方とも自分で何を着るべきか、着たいかはわかっているつもりです。そこに違いがあるとしたら、プライベートの格好であまり外では見せない一面もある意味確立できると考えていますね」

──では、今回の撮影で着たロンTやシャツはどうだった?

「まさに僕が考えていたような、いまの気分にぴったりのものばかり。タイダイのロンTは私服で持っていないけど、気になってたアイテム。明るい印象があって着るとワクワクしますね。小さい頃に自由に絵の具で描いたような、無邪気な遊び心を感じるんだよなぁ(笑)。レストランで着たグリーンのシャツは、落ち着いた色味とハリのある厚手の生地が、品がよくちょうどいい存在感を醸し出してる。ドレッシーな雰囲気もあるから、ジャケット感覚で羽織って食事会にも行けちゃう。最後のストライプシャツは、肩と裾を色と柄が違う生地で切り替えた個性的なデザインが好き! スタイルの主役として使えるから、この時季はさらっと一枚で着られるし、タートルネックを重ねれば秋っぽさも出せる。いまの気分で買うなら…もちろん全部欲しい!(笑)」

  

インタビュー風景と撮影オフショットのスペシャルムービーも同時公開中!

▼宮沢氷魚が今、本当に着たい服を語る! メンズノンノ9月号『夏の終わりに始める、“去年と違う”シャツとロンT』スペシャルインタビュー

<br>Photos:Toshio Ohno[L MANAGEMENT] Hair & Make-up:Kazuya Matsumoto[W] Stylist:Shun Katakai[tsuji management] Model:Hio Miyazawa[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼