▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

伝説的バンド「andymori」のフロントマンが刻む、新たな人生の旅路

▼ WPの本文 ▼

衝動的でありながらも、文学的で旅情感あふれるバンドサウンドで、多くのリスナーたちを魅了したバンド「andymori」。

そのフロントマンとして活躍した小山田壮平は、ファンに惜しまれながら解散した後、別バンドを結成しながらも、2016年頃からソロとして本格的に活動をスタートさせた。

「バンドもソロも、作業自体は大きく変わりませんが、いろんなところで、責任を感じることはありました。大変さもありますが、スムーズになったところもあります」

ソロ初の映像作品となる『OYAMADA SOHEI LIVE 2018 2019』は、一昨年に行われた弾き語りツアー、そして昨年開催されたバンド編成と弾き語りライヴの様子を収録した内容。すべてを包み込む柔らかさと、心がスパークする情熱が共存するステージの魅力を感じられるはず。 

『OYAMADA SOHEILIVE 2018 2019』(Sparkling Records)

「弾き語りは、2016年から毎年やっていて、自分の1年の活動報告みたいな思いを込めて行っています。だけどやっぱりバンドサウンドが恋しくなって、昨年は弾き語りに加えてサポートメンバーと共にライヴをしました。その様子を(ブランドとしても知られる)Ka na taくんのチームに撮影、編集をしていただきました。ステージの様子だけでなく、ちょっとした映像も添えられていて、素敵な仕上がりになっています」

8月には待望の初ソロアルバム『THE TRAVELING LIFE』の発売も控えている。5月に発表され配信チャート上位にランクインした話題曲「OH MYGOD」を筆頭に、これからひとりで新たな世界を切りひらく彼の力強い足音が響く内容になりそうだ。

「人生を『旅』ととらえ、これまで出会った人や風景を思いながら制作しています。基本的にはロックやアコースティックなサウンドですが、今の自分や、見ている世界をさまざまな角度から表現した、彩りのあるものにするつもりです。楽しんでもらえたら嬉しいです」


小山田壮平 PROFILE

2007年よりバンド「andymori」のメンバーとして活動開始。14年に解散後はシンガーソングライターの長澤知之らとAL(アル)を結成しながら、ソロ名義でも作品発表やライヴを敢行。初アルバム『THE TRAVELINGLIFE』は8月26日にスピードスターより発売予定。初回盤は、ライヴ映像やミュージックビデオが収録されたDVD付き。
Twitter:@oyamadasohei

Photo:Yosuke Torii
Text:Takahisa Matsunaga

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼