▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

男子が選んだ!「サロン・デュ・ショコラ」のチョコレートBEST10

男子が選んだ!「サロン・デュ・ショコラ」のチョコレートBEST10

▼ WPの本文 ▼

Pâtisserie Le Pommier

ノルマンディー地方出身のシェフが日本で営むブランド。ごま、ピスタチオ、フランボワーズの3種の風味を竹串に刺したショコラは、まさに“団子”! ダンゴ・オ・ショコラ(3本入)¥2,700/パティスリー・ル・ポミエ

宮沢氷魚

和テイストのチョコレートが流行っているんですね。これは、木箱に入っているほどのこだわり。そして、まさか食感までお団子のようなモチモチとは思いませんでした…!

 

Frédéric HAWECKER

プロヴァンス地方の文化を盛り込んだショコラが人気。ウイキョウやアニスなどの癖のある素材を使用し、大人の味わいに仕立てている。プラリネ ドゥ プロヴァンス(5個入)¥3,672/フレデリック・アヴェッカー

宮沢氷魚

実は、ずっとここのチョコレートのファンなんです! でも、この印象的な柄のモチーフがセミであることは初めて知りました(笑)。

 

JEAN-PAUL HÉVIN
× Christine FERBER

「サロン・デュ・ショコラ」会場にはイートインもあり! フルーティなコンフィチュールとたっぷりの生クリームをショコラクレープでラップ。クッサン ダムール(オランジュ/スリーズ)各¥864/ジャン=ポール・エヴァン×クリスティーヌ・フェルベール

宮沢氷魚

ふわふわのクリームとしっとりした生地がフルーツジャムを引き立てて、ひたすら感動的。どれだけ並ぶとしても絶対に食べに行きたいですね!

     

▲ WPの本文 ▲

1 2 3

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 男子が選んだ!「サロン・デュ・ショコラ」のチョコレートBEST10

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼