▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

シティ・ポップの代表格「山下達郎」11年ぶりのアルバムほか【今月話題な音楽3選】

シティ・ポップの代表格「山下達郎」11年ぶりのアルバムほか【今月話題な音楽3選】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

REVIEW

MUSIC

『GROWING UP』
ザ・リンダ・リンダズ



L.A.を拠点に活動、8月のサマソニで初来日を果たすティーンエイジ・バンドのデビュー盤。日常で感じたフラストレーションをはき出したような、シンプルで鋭いロックサウンドから、今を自分らしく生きるためのパワーを得られそう。ボーナストラックでは、バンドが強い影響を受けているというザ・ブルーハーツの名曲を日本語でカバー。
(EPITAPH)発売中


『ミート・ザ・ムーンライト』
ジャック・ジョンソン



21世紀のサーフカルチャーに絶大な影響を与えているだけでなく、環境問題にも積極的に取り組んでいるハワイ在住のシンガーソングライターの新作。ビール瓶を楽器として再利用するなど、より自然に配慮したアコースティックサウンドで、海と人との感動的なつながり、そして永遠に寄り添っていたい心地よい夏の空気を感じられるはずだ。
(ユニバーサル)6月24日発売

『SOFTLY』
山下達郎



これまで数多くの名曲を発表、最近では“シティ・ポップ”の代表格として海外でも高い評価を受けているシンガーソングライターの11年ぶりとなるアルバム。ここ数年発表してきたドラマや映画の主題歌などを中心に構成されている内容は、どれも繊細な音でありながらも、時代を超えて愛されるはずの普遍的なメロディや言葉にあふれる。
(ワーナーミュージック・ジャパン)6月22日発売

Text:Takahisa Matsunaga


▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼