▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

中田撮
中田圭祐が撮るメンズノンノモデルの素顔──大平修蔵

中田圭祐が撮るメンズノンノモデルの素顔──大平修蔵

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

久しぶりの更新となった『中田撮』
第19回のゲストは、夜の渋谷が似合う大平修蔵。
「こんなポーズや、こんなロケーションも
いいんじゃないですか?」と、
セルフプロデュース力に長けた彼らしく、
いろいろ提案してくれた。

  

いつだって120%の
アンサーを求めてる

大平: 僕に聞いてみたいことなんてあります?(笑)
中田: いや、あるよ(笑)! いつも最初はこう聞くの。“最近どう?”って。
大平: “最近どう?”調子いいっす。
中田: ははは! いいね! 何が調子いい?
大平: メンタルとか、最高にいい。悩みとか、何にもない。
中田: やりたいことが全部できてるな、って感じ?
大平: やりたいことができているわけではないです。やりたいことはまだまだたくさんあって、それはこれからやっていこうと思っています。今目の前にある、やらなければいけないことに対して、120%のアンサーを出そうという自分のメンタルが保てているし、それを実現するための実力や自信もついてきている感じ。気持ち的には120点!

  


最高のクルーとつくる
自分たちの表現

中田: 何をやっている時が一番楽しい?
大平: ブランドから依頼されて、PRムービーを作ることがあるのですが、構成を1から自分で考えて、音楽やロケ地も決めて行って、いつも一緒に仕事をしてくれているクルーたちと撮影する。それはとても充実感がありますね。
中田: それはすごく楽しそうだね。クルーのみんなは昔からの知り合いなの?
大平: カメラマンは、僕が高校時代に“カッコいい動画が作りたい!”と思って、依頼させてもらったカメラマンで、スタイリストとヘアメイクは僕が初めてフェンディの仕事をした時に担当してくれた二人。自分のことを何も知らないところから、ずっと一緒にいてくれる人たち。彼らと毎日一緒にいるからすごく楽しい!
中田: 仕事だけじゃなくて、遊びも一緒?
大平: そうですね。僕がDJをやる時も来てくれたり。彼らがいることでメンタルが保たれてる部分もありますね。


  

イロモノじゃなくて
本物になれるように

中田: 修蔵はモデルだけじゃなくて俳優の仕事もしているよね。俳優の仕事は楽しい?
大平: モデルや映像をつくる仕事とは別の楽しさがありますね。でも、求められたことに対して120%のアンサーを出したい、という気持ちは、どの仕事でも同じです。今は俳優としての仕事は、「この子はフォロワーが何百万人いるから使ってみよう」とか「メンズノンノモデルだから使ってみよう」という理由で起用されることが多いかもしれないけれど、きちんと俳優として認められる存在になりたいというのは思っています。イロモノではなく、本物になりたい。それは自分自身ではなく周りが決めることだから、今は期待以上の成果を出すことを続けるだけですね。
中田: これから、やってみたいことはある?
大平: 海外にもどんどん行きたいし、自分以外の才能ある人を発掘してプロデュースしてみたい、というのもあります。さすがにまだ、今は早いと思うんですけど(笑)。これからやりたいことは、たくさんあります!

  


NAKATA’s comment

「修蔵はちょっと不思議で、何を考えているのか分からないような印象があるけど、話してみるとすごく普通の男の子。でもやっぱり、カリスマ性もある。面白い存在です!」

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 中田圭祐が撮るメンズノンノモデルの素顔──大平修蔵

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼