▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

成田凌がメンズノンノだけに教えてくれた、主演ドラマ『逃亡医F』の裏側[独占インタビュー/前編]

成田凌がメンズノンノだけに教えてくれた、主演ドラマ『逃亡医F』の裏側[独占インタビュー/前編]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

1月15日スタートの日本テレビ系土曜ドラマ『逃亡医F』。初のプライムタイム連続ドラマの主演を務める成田凌に、ドラマの裏側からメンズノンノ卒業後ハマっていることまで、2日連続の前後編で独占インタビュー。前編では撮影秘話を教えてもらった。

間違いなく面白いものが
できあがると信じています

――主演ドラマ『逃亡医F』がいよいよスタートします。プライム帯の連続ドラマ初主演ですね!

成田 僕もそうですけど、土曜日の22時って家にいるんですよね。そういう時間にやっているドラマに自分が主演で出るわけですから、やっぱりすごくうれしいです。子どもから大人まで観ていただける作品なので、みんなに刺さればいいなというのはありますけど、だからといってプレッシャーみたいなことは正直そんなになくて。脚本は面白いし、共演者の皆さんもスタッフの皆さんも信頼できる方たちばかりなので、間違いなく面白いものができあがると信じています。何かあったらもう全部僕のせいです(笑)。


――恋人殺しのぬれぎぬを着せられた天才外科医という役ですが、手術のシーンもあるから、事前に準備しないといけないことは結構多かったんじゃないですか?

成田 手術シーンはありますけど、ちゃんと練習をする時間も設けてくれているので、そこは全然大丈夫です。僕が演じる藤木は冷静でありながら、ちゃんと人の痛みがわかる外科医だから、追われる立場なのに目の前で苦しんでいる人を見たら放っておけなくて助けちゃうんですよ。限られた設備と道具で手術するシーンは確かに見どころのひとつなんですけど、「このシーンは大変だっただろうな」とか、そういうことはあんまり思わないでほしくて。心のやりとりとか、手術の手もとの動きよりももっと大切なことがいっぱい描かれているので、そっちのほうを注目してもらえたらうれしいです。


――撮影はどんな感じなんですか。始まったばかりですよね。

成田 始まったばかりです。このあいだ新潟の日本海で荒波にもまれながら撮影してきました。すごかったですよ。もう大揺れで。嵐みたいでした。でも、シチュエーションとしては絶対にそっちのほうがいいので、現場の雰囲気的には「いいねー!」みたいな感じで、みんなテンション上がってましたね。指名手配犯だからいろいろなところを逃げ回らなきゃいけなくて(笑)、今度は長野の雪山に行きます。過酷なロケになるのは目に見えていますけど、めったに経験できることではないので、楽しみながらやっていますよ。

――現場の雰囲気はすごくよさそうですね。

成田 雰囲気はすごくいいです。スタッフは皆さん頼れる先輩方ばかりで、もう安心しきってやっていますね。みんなほんとに優しいんですよ。現場にいるときは座っていてもちょっと腰を浮かせているというか、「いつでも動けます!」っていう感覚はなくしたくないと思っているんですけど、スタッフさんがすごく優しいので、どう居たらいいか正直戸惑ってます(笑)。


1日2回ぐらいは
「かわいいな」と言っています(笑)

――ヒロイン役が森七菜さんです。過去に共演経験もありますが、今回はどうでした?

成田 かわいいですよ!

――かわいいって(笑)。まぁ、そうでしょうけど…。

成田 いや、ほんとかわいいんですよ! 森七菜ちゃんは海洋観測船で働く新米観測士の役で、船上のシーンでは作業服を着ているんですけど、なんかモコモコしてて、待ち時間のときに「船の上では仁王立ちがいいですよ」とか言いながらヘルメットかぶって立っている姿とか見てると、かわいいなって(笑)。あと、寝起きもかわいいんですよ。船って揺れるから眠くなるんですけど、居眠りして起きたときの顔とか、なんかポワポワしてて。1日2回ぐらいは「かわいいな」と言っていますね(笑)。森七菜ちゃんと初めて共演したのが『じゃらん』のウェブ動画で、お芝居はうまいし、すてきな子だなという印象がずっとあって、今回のドラマのヒロイン役は森七菜ちゃんだったらいいなと思っていたんです。そうしたら本当に実現して。何かこの役の感じが彼女にピッタリなんですよね。『ブラック・ジャック』のピノコみたいな感じで(笑)。

――ほかにも、松岡昌宏さん、安田顕さん、前田敦子さんなど、豪華キャストが出演します。


成田 そうなんですよ。各話にゲスト出演してくれる方たちもまたすてきで、それも楽しみにしていてください。脚本の福原充則さん(過去作に『あなたの番です』など)の全キャストに対する愛情がすごくて、みんながとても魅力的に書かれているので、期待していただいて間違いないです。

――あらためてドラマの見どころを教えてください。

成田 恋人殺しのぬれぎぬを着せられて逃げ回る話なんですけど、シリアスにならずにちゃんとユーモアが欲しいねっていう話を監督ともしていて。だから、森七菜ちゃんとのちょっとしたやりとりとか、割とふざけているところはあって観やすいと思います。登場人物それぞれに軸があるからそこを追うのも面白いだろうし、1話、2話は船の上とか雪山とかのシーンがあるので、大変そうだなと思いながら観てくれてもいいです。ほんとに気負わずに誰もが楽しめる作品になっているので、暖かい部屋でくつろぎながら観てもらえたらと思います(笑)。

シャツ¥37,400・パンツ¥28,600(ともにケンイチ)・靴(アポクリファ)¥25,300/サカス ピーアール


PROFILE
1993年生まれ、埼玉県出身。2013年に『メンズノンノ』の専属モデルに。翌年、ドラマ『FLASHBACK』で俳優デビュー。以降、話題作に立て続けに出演し、人気と実力を兼ね備えた俳優として活躍中。21年6月に『メンズノンノ』の専属モデルを卒業。主な代表作は『愛がなんだ』『カツベン!』『まともじゃないのは君も一緒』『くれなずめ』など。公開待機作に『ちょっと思い出しただけ』(2月11日公開)、『ニワトリ☆フェニックス』(今春公開)があるほか、5月より主演ドラマ『あなたに聴かせたい歌があるんだ』がHuluで独占配信される。

逃亡医F
日本テレビ系にて1月15日(土)22時よりスタート

原作:『逃亡医F』(Jコミックテラス刊/原作:伊月慶悟、作画:佐藤マコト)
脚本:福原充則
出演:成田 凌、森 七菜、桐山照史(ジャニーズWEST)、堺 小春、和田聰宏、酒向 芳、前田敦子、安田 顕、松岡昌宏

天才的なオペ技術を持つ脳外科医の藤木圭介(成田凌)は、ある日、恋人殺しのぬれぎぬを着せられ、指名手配犯となってしまう。恋人の死の真相を究明するために地位と名前を捨て、逃亡の日々が始まるが、行く先々でさまざまな理由で医療を必要とする人々と出会い、目の前の命を助けるために動く――。

公式サイトhttps://www.ntv.co.jp/toubouif/

Photos:Houmi Sakata[TRON management] Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Shogo Ito[sitor] Interview & Text:Masayuki Sawada

▲ WPの本文 ▲

成田凌ロングインタビュー

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼