▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【ディオール×鈴木 仁】 伝統と革新、アクティブさと繊細さ、カジュアルとフォーマル…唯一無二のハイブリッド感に夢中! 

【ディオール×鈴木 仁】 伝統と革新、アクティブさと繊細さ、カジュアルとフォーマル…唯一無二のハイブリッド感に夢中! 

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

ファッションに心躍る瞬間って、どんなときだろう。ずっと欲しかったアイテムを手に入れたり、自分がもっといい感じに見える着こなしに出会ったり…いろいろあるけど、“なんだこれ、カッコイイな!”と思えるアイテムやスタイルを見たときって、やっぱり一番テンションが上がる。今すぐは買えなくても、見ているだけでファッションへのモチベーションを刺激されるような、5つの憧れブランドのこの春注目スタイルを一挙公開! 全10スタイルを着こなすのは、モデルとしてますます頭角を現し、2022年メンズノンノのエースのひとりとして成長中の鈴木仁。ファッションに合わせたヘアメイクも、併せて楽しんで!

いつも新しいデザインで驚きをくれるディオールは、スポーティ、ストリートなど、カジュアルな雰囲気がありつつ、ブランドの得意とするディテールは繊細さが随所に光り、スタイリングが全体に品よく仕上がる。

MEN'S NON-NO FASHION SPECIAL 鈴木仁×ディオール
Look1
鈴木 仁 × DIOR
鈴木 仁 × DIOR

鈴木 仁 × DIOR
鈴木 仁 × DIOR

アノラック¥385,000[参考価格]・パンツ¥126,500・靴¥110,000/クリスチャン ディオール 

エレガントなのに、実用的でスポーティ。メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズ氏が掲げる今季のディオールのコンセプトは、テーラリングとスポーツウエアのハイブリッドに立ち返り、カジュアルにフォーマルのエッセンスを取り入れる、というもの。この見た目にも軽やかなアノラックも、日常使いしやすいデザインでありながら、品格の漂う逸品だ。使いやすさとラグジュアリーを組み合わせたアイテムに飾られるシグネチャーである “Christian Dior Atelier”のプリントが、存在感を放っている。また、アウトドアやミリタリー要素を感じるトップスに対し、フェミニンなピンクのパンツの組み合わせというのも、今っぽいアプローチ!


Look2
鈴木 仁 × DIOR
鈴木 仁 × DIOR
鈴木 仁 × DIOR

鈴木 仁 × DIOR
鈴木 仁 × DIOR

メッシュシャツ¥107,800・中に着たシャツ¥275,000・ショーツ¥214,500・靴¥176,000/クリスチャン ディオール 靴下/スタイリスト私物

こちらもまた、繊細さとアクティブさを兼ね備えたルックだ。ボックスシルエットのショーツのセットアップに、メッシュシャツをレイヤード。若いストリート層も好感を抱くような、スポーツウェアを連想させるベースがありながらも、ため息が出るほど美しい花柄とブランドロゴを組み合わせたシルク素材を採用したりと、ラグジュアリーの贅も同時に堪能できる。伝統的なブランドとしての核となるエスプリがありつつ、時代に合わせて変化していく軽やかさに、夢中にならずにはいられない。


BRAND LIST × Jin Suzuki
グッチ
プラダ
ディオール
ルイ・ヴィトン
エンポリオ アルマーニ

Photos:Masaya Tanaka[TRON] Hair:NOBUKIYO Make-up:Shino Ariizumi[TRON] Stylist:Taichi Sumura Model:Jin Suzuki[MEN’S NON-NO model]

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 最新ファッション
  • 【ディオール×鈴木 仁】 伝統と革新、アクティブさと繊細さ、カジュアルとフォーマル…唯一無二のハイブリッド感に夢中! 

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼