▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

鬼才・藤本タツキの原点を知るには短編集から!【徹底解剖! 藤本タツキの世界 #4】

鬼才・藤本タツキの原点を知るには短編集から!【徹底解剖! 藤本タツキの世界 #4】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

連載漫画『ファイアパンチ』で度肝を抜かれ、『チェンソーマン』で驚き高ぶり、『ルックバック』で感涙。あらゆる漫画好きを虜にする作品を描き続ける漫画家・藤本タツキの魅力をひもとく!

 

まずはサクッとあらすじ

巷で大きな話題を呼んでいるけど、まだ読んでない…と二の足を踏んでいる人や、改めて読み返そうと思っている読者に、簡単に話を追いかけるあらすじを紹介!

 

藤本タツキ短編集
『17-21』

鬼才の原点が熱量そのままに詰まった新感覚オムニバス

人間を食べる宇宙人から身を隠すため、“僕”とアミはニワトリとして学校で暮らしていた。優しい宇宙人・陽平に保護されるが、雑食の宇宙人に見つかる(『庭には二羽ニワトリがいた。』)。大好きな女性教師・川口を神様とあがめる佐々木。突如、川口にフラれた恨みを晴らすために男が現れ、発砲するが…(『佐々木くんが銃弾止めた』)。生徒会長の伊吹は生徒会のユリに想いを伝える直前、通り魔や宇宙人にジャマされる。しかし強い信念で周りを圧倒していく(『恋は盲目』)。最強の殺し屋・シカクは、絶対死なない吸血鬼・ユゲルに「自分を殺せ」と依頼され、自分を認める彼に恋心を抱く(『シカク』)。

●作者が17〜21歳に描いた4編を収録。のちに『少年ジャンプ+』と『ジャンプSQ.』に掲載。続く短編集『22-26』も好評発売中。

 

ユリに告白したい伊吹の鬼気迫る様子に、地球を壊しにきた宇宙人も断念!(『恋は盲目』)


 

©藤本タツキ/集英社

Photo:Takahiro Idenoshita Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼