▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

横浜流星がまとうDIOR×sacai 最高のファッションパワー、奇跡のコラボレーション![+メイキングムービー]

横浜流星がまとうDIOR×sacai 最高のファッションパワー、奇跡のコラボレーション![+メイキングムービー]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

ディオールとサカイ、僕らの永遠の憧れブランドがなんとタッグを組んだ! センセーショナルな第一報から、今か今かと世界中で発売が待ち望まれたアイテムたちを、横浜流星が堂々とまとう!

長年にわたる親交がある、ディオールのメンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズ氏と、サカイを手がける阿部千登勢氏。お互いにリスペクトがある2人だからこそ実現した、夢のコラボレーション。ディオールのテイラリングをベースにしつつ、サカイが得意とするスポーツテイストやユニークなパターンが加わり、唯一無二のカプセルコレクションが誕生した。

コート〈参考色〉¥770,000・シャツ¥187,000・パンツ¥231,000・靴¥203,500/クリスチャン ディオール


アイコニックな「ディオール オブリーク」モチーフが全面にステッチされたブルゾンは、ラグジュアリーブランドならではの贅がぎゅっと詰まっていると同時に、現代的なシルエットでアクティブな印象も。ブラック、ホワイト、ブルー、クリームが本コレクションを構成するキーカラーだが、こんなふうに全身オールブラックにまとめた着こなしも、ストイックで最高にカッコいい。

ブルゾン¥539,000・スウェット¥231,000・パンツ¥231,000・ベレー帽¥100,100・ブレスレット¥132,000/クリスチャン ディオール

DIORとsacai。
2つのブランドの魅力が織りなす、
新しいファッションのシナジーを
目撃せよ!

品のあるシルエットながら、異素材を組み合わせたハイブリッドなデザイン、ユニークな切り替えパターンなど、パンチのきいたアウターたちには、両ブランドそれぞれの"らしさ"が見事に融合している。クラシカルかつドレッシーな雰囲気に、ミリタリーやスポーティといった要素がミックスされることで生まれる、ケミストリーを体感して。

ボンバージャケット¥616,000・コート¥770,000・パンツ¥231,000・靴¥203,500/クリスチャン ディオール


大ぶりのローズが編まれたビッグシルエットのニットは、サイドがスナップボタンで開閉できる。エレガントなだけでは終わらない、組み合わせの妙はさすがのひと言。ソールをレイヤードしたモダンなデザインのシューズや、ほどよい抜け感を出すのにひと役買うバケットハットなど、小物との合わせも楽しみたい。

ニット¥748,000[ポップアップ限定商品]・ロンT¥214,500・パンツ¥231,000・靴¥203,500・バケットハット¥92,400/クリスチャン ディオール

アウターやシャツを中心に、いくつかのアイテムに存在感のあるポイントとして配された、ブランドロゴのワッペン。よく見ると、ディオールの象徴的なロゴである「DIOR」の"I"の部分に、サカイのロゴ「sacai」がクロスするデザインになっており、本コレクションを表すアイコニックなパーツといえる。さりげなくもギミックのきいたデザインが、このコラボレーションの面白さを雄弁に語っているようだ。

ジャケット¥572,000・シャツ¥187,000・パンツ¥231,000・靴¥170,500/クリスチャン ディオール


メンズノンノでもこの秋注目のトレンドトピックである、クリーンなミリタリー。11月号表紙でも横浜さんが着用した白のボンバージャケットは、まさにそれを体現するような1着だ。ミリタリー特有のミニマルさや実用性はキープしつつ、シルエットを再構築するかのように、身頃やアーム部分にテイラードジャケットのデザインを加え、モードなアイテムへと昇華した。

ボンバージャケット¥616,000・中に着たブルゾン¥539,000・Tシャツ¥148,500・パンツ¥253,000・靴¥203,500/クリスチャン ディオール

まるでアートピースのような、
デザイン性に富んだ
アクセサリーとバッグ

①「CD」ロゴのきいたネックレス。シルバーとゴールドの武骨なチェーンと瀟洒なパールのハイブリッドな組み合わせは、ドレスアップにもストリートスタイルにもハマる。パーツにばらつきがあるのもユニークなバランス! コンサバな着こなしのハズしにするもよし、カジュアルスタイルを格上げするもよし。
ネックレス¥209,000

②横浜さんも着用したブレスレットは、さりげなく光る手もとのアクセントにぴったり。チェーンとパールがロゴを挟んで弧を描く。シェアアクセサリーとしてもおすすめだ。
ブレスレット¥132,000

③アシンメトリーなデザインのため、両耳につけても、片耳でも。気分によって選んで。
イヤリング¥89,100仕様変更あり
/すべてクリスチャン ディオール


①サカイのシグネチャーアイテムでもある、ボンバージャケットを思わせるカーキのナイロン地とレザーのコンビネーションに、オレンジのストリングがきいている。ちょうどいいサイズ感とシーンを選ばないデザインで、デイリーに使いたい。別売りのレザーボトルホルダーは、取り外しが可能。
「サドル」トートバッグ¥407,000・ボトル&ホルダー¥121,000

②人気の「サドル」バッグのミニサイズ。アクセサリー感覚で使える。
「サドル」ミニバッグ¥385,000

③毎シーズン登場するスタンダードなサイズの「サドル」バッグにも、生地や装飾にサカイらしい解釈が加えられた。フラップ部分のステッチ、異素材のミックスなど、細部まで見どころがたっぷり。
「サドル」バッグ¥451,000

④ナイロン地のボディに小物が入るポケットを装備。
「サドル」ソフトバッグ¥539,000・ボトル&ホルダー¥121,000[ともにポップアップ限定商品]
/すべてクリスチャン ディオール

 


はっきり言って、今日着たものは
どれも好き!

 ディオールとサカイによる話題のカプセルコレクション「ディオール & サカイ」を颯爽と着こなした横浜流星さん。

「僕の中でディオールの服は気持ちが引き締まるような存在で、いつもクールなイメージがありましたが、今回サカイとコラボレーションしたコレクションはエッジのきいたデザインの中にもすごく遊び心が感じられて、これまでとはまた違った着こなしができそうな面白さとカッコよさがありました。僕は空手を長年やっていたんですけど、空手というのは強さだけでなく、美しさや品もすごく大事なんです。今回のアイテムはどれも着やすくてタフな部分があると同時に、そのうえでちゃんと品もある。どこか空手と通じるものを感じました。これぞコラボレーションの醍醐味というか、お互いのよさが生かされていますね」

 そんな中、横浜さんが気に入ったアイテムは、ブラックのロングコートだそう。

「長い丈が好きなので、コートはいいなぁって思いました。あとは表紙でも着たボンバージャケットもカッコよかったですね。今まで手を出したことがなかったんですけど、これは本気でちょっと挑戦してみたいなって。あと、帽子も気になってます。はっきり言って、今日着たものはどれも好きですね(笑)。それくらい気に入りました」

Ryusei Yokohama

1996年9月16日生まれ。主演映画『DIVOC-12 名もなき一篇・アンナ』が公開中。待機作に2022年1月期ドラマ日曜劇場『DCU』、映画『あなたの番です 劇場版』(2021年12月10日公開)、主演映画『嘘喰い』(2022年2月公開)、映画『流浪の月』(2022年公開予定)。誕生日である9月16日にメモリアル写真集『流跡』と、パーソナルブック『流々自適』を同時発売した。

お問い合わせ先

クリスチャン ディオール

TEL:0120-02-1947
https://www.dior.com/

Photos:Kazuhiro Fujita Hair & Make-up:Taichi Nagase[VANITES] Stylist:Taichi Sumura Model:Ryusei Yokohama  Interview & Text:Masayuki Sawada Props:Tetsuya Tamanoi Fumiko Tanaka

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 横浜流星がまとうDIOR×sacai 最高のファッションパワー、奇跡のコラボレーション![+メイキングムービー]

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼