▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【リーボック×ビームス】コラボシューズ「Club C Laceless Mule」が登場。スタイルを問わずジェンダーレスで楽しめる!

【リーボック×ビームス】コラボシューズ「Club C Laceless Mule」が登場。スタイルを問わずジェンダーレスで楽しめる!

▼ WPの本文 ▼

「リーボック(Reebok)」「ビームス(BEAMS)」が、コラボレーションモデル『Club C Laceless Mule』をリリース。9月25日(土)の店頭発売に先駆けて、9月1日(水)12時よりビームス公式オンラインショップにて先行予約がスタート!

  

Reebok x BEAMS
Collaboration Model
『Club C Laceless Mule』

Club C Laceless Mule ¥14,300

今回のコラボレーションは、リーボックの定番モデル『Club C』をベースに、トレンドでもあるミュールの形をビームスから提案し、別注が実現。クリーンな『Club C』の魅力と、ミュールの独特な形・軽やかさが重なり、唯一無二の一足に仕上がった。

『Club C Laceless Mule』でもっとも特徴的なのは紐がないことだ。シンプルなデザインだから、性別やスタイルを問わず楽しめる。


また、リーボックフォントで施したビームスロゴや、サイドの入れ替え可能なブランドネームのプレートなど、シンプルな一足の中にも様々な遊び心があるのも今回のコラボレーションならではのポイントだろう。

  

リーボック『Club C』とは?

発売当時のクラブC。クラシックなルックスが今また新鮮。パイル地のライニングも斬新だった。

2020年に35周年を迎え、さまざまなコラボレーションが展開されたクラブC。1985年にテニス専用としてデビューしたリーボックのコートシューズだ。シンプルかつクラシックなデザインの裏定番としてファンも多く、2017年にはファッションアイコンでもあるラッパー、ケンドリック・ラマーとのコラボモデルが発表されたことでも話題を呼んだ。


“ユニオンジャック”を大胆にあしらった当時のボックス。アッパーのロゴの横にも国旗のアイコンが入っていた。

リーボックはイギリス発のブランドだが、1979年から本格的にアメリカに進出。1982年にはガーメントレザーというやわらかい衣料用天然皮革を使用したエアロビクスシューズ「フリースタイル」が全米で大ヒットし知名度を上げる。クラブCもガーメントレザーによる快適なはき心地とグリップ性の高さで当時のテニスシーンでブレイク。ちなみにモデル名の“C”はChampionを意味し、世界的な高セールスをマークした。

Text:Hisami Kotakemori

  

リーボックとビームスによるコラボレーションモデル『Club C Laceless Mule』は先行予約を受付中。店頭販売は9月25日(土)からスタート。もっと詳しく知りたい人はビームス公式オンラインショップをチェックだ!

BEAMS公式オンラインショップ

https://www.beams.co.jp/tag/Reebok_ClubCMule/

Text by Kazuki Ebina

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 最新ファッション
  • 【リーボック×ビームス】コラボシューズ「Club C Laceless Mule」が登場。スタイルを問わずジェンダーレスで楽しめる!

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼