▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

価値観が激変!「風の時代」に起こること、必要なこと【星のトレンド速報 by 星読みyuji/Vol.1】

価値観が激変!「風の時代」に起こること、必要なこと【星のトレンド速報 by 星読みyuji/Vol.1】

▼ WPの本文 ▼

2021年、時代は“超変革期”の真っ只中。全てがぐるぐると変わりゆく今の時代を生き抜くためのヒントを星読みヒーラーとして話題のパーソン・yujiさんが語る新連載、第2回を更新! 前回のVol.0で解説した「風の時代」。Vol.1では、これからどんなことが起こっていくのかを、マクロな視点で迫ってみる!

若人の皆さん、こんにちは。yujiです。

今回から“宇宙からのDM転送”、本格的にスタート! となるわけだけど、vol.1の執筆にあたって“若人はいったい何が聞きたいんだろう、何を知りたいんだろう”といろいろリサーチしたり巷のあれこれをチェックしたりもしたのだけれど……、最終的には、今回は“vol.1”ということもあるから、ここからしばらくの星模様についての解説をしたりしようではないか! というところに落ち着きまして!

前回のvol.0でも少しだけ触れたけど、今は超ド級の時代の変わり目。

百何十年も前、明治維新の頃にお侍さんが刀を傍に置き、市民となったぐらいの変化! といえば今回の時代の節目感、そしてそのビッグさもわかってもらえるかと思うのだけれど、実際のところ、“そういう変化を実感している人”ってどれぐらいいるんだろうか…と思ったりも。

だから今回は“境目以降の世界”がどんな風に変わっていくのかとか、そういうことを抽象的な話ではなく、もっとリアルな実例を入れながらお伝えしていこうかなと思っているよ。 つまり、ミクロなこと・ディテールに触れていくのはこの後、まずはざっくりとマクロな視点で、時代を表すキーワードを出しつつ、世相の変化に迫ってみたいと思っているんだ。

  

風の時代について語る! …となるとほぼ間違いなくエンドレストークになるのでここではその詳細部分に触れることはしないけれど、これからの新時代を語る上ではずせないのはきっと“社会意識”とか“多様性”というキーワード。

実際、脱炭素化社会とかエシカルとかサステナブルとかそういう“社会派”のキーワードっていたる所で目にすることが増えていると思うし、気候変動にまつわる情報やニュースもネットニュースやテレビ、著名人のSNS等でとりあげられることもすごく増えてきた。

また、そういった“タグ”をつけた商品・サービスも増えてきたのでそういったプロダクト・アイテムを選ぶ! という人もそれなりにいるのではと思う。

そして、ここに“占星術が絡んでいる”とか“占星術ではそういった流れが来ることが読み解ける”というとちょっとは星にも興味を持ってもらえたりもするのかな?!

さて、占星術の細かい話はさておき、星の世界のセオリーにあてはめると風の時代の“風”とは“知性・精神性”を表すことから、この新時代はそういったフィロソフィーやエスプリが尊ばれる時代であるとも言えるわけ。そのため、この時代においては商品・サービス等々も“精神性・イズムがあるもの”が選ばれる傾向が高かったり、また、社会・地球・環境等、ソーシャルな意識が高いものが時代の追い風を受けるため、高評価を受けたりしやすいとされているんだ。

だから“ただ安い”とか“ただ手軽”といったものではなくて、その製品を持っていることが社会貢献につながるとか、そのブランドのアイテムを持つことが“環境負荷を軽減する”とかそういうようなものが支持されていくはず。そしてそういった流れはもうすでにあると思うけれど、これがもっともっと拡大・拡散し、新時代のスタンダードとなっていくというのがこの風の時代の超初期におこるムーブメントだろうと星々は告げているよ(翻訳:私)。

この風の時代の導入期は2023年まで、そして違う見方をすると(占星術には色々な視点がある)2043年ぐらいまではこの風の時代の導入期といえるため、この期間にはどんどん“新しい意識高い系”のサービス・商品・アプリ・サイト等が生まれてくると思う。

また、多様性についてだけれど、これももうだいぶ“当たり前”な概念と化してきているけれど、これももっともっと拡大、浸潤し、“みんな違ってそれでいい”となり、そこからさらに飛躍し、“みんな違ってそれがいい”という風に価値観自体が大きく変わっていくこととなるのではないかと思うよ。

ファッションもライフスタイル全般も恋愛も、なんなら死生観とかも含めて、多くの分野、領域において“王道・正解・鉄板”みたいな雛形がなくなっていくので、今まで“圧迫感”とか“同調圧力”とかを感じていた人には“開花と解放”のときが訪れるはずだし、また、正解の雛形みたいなものが薄れていくので、それぞれの個性を打ち出しやすくもなっていくはずなんだ。

みんなが“自分のかっこいいとかイケてる”を追求、楽しめる時代。 ここだけ聞くとなんだか“最高”な感じもするけれど、ただ、その逆の見方をするなら、“個性がある”ことがとても重要になるから、オリジナリティの研究とか自分らしさとは? みたいな自己啓発的なマインドや自己の探究に充てる時間を持つこともとても大事になったりもするかもね。




<!– /* Font Definitions */ @font-face {font-family:”MS 明朝”; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-alt:”MS Mincho”; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 134217746 0 131231 0;} @font-face {font-family:”Cambria Math”; panose-1:2 4 5 3 5 4 6 3 2 4; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:roman; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:-536870145 1107305727 0 0 415 0;} @font-face {font-family:”Arial Unicode MS”; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:”ヒラギノ角ゴ ProN W3″; panose-1:2 11 3 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:”ヒラギノ角ゴ ProN W6″; panose-1:2 11 6 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:”\@MS 明朝”; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-536870145 1791491579 134217746 0 131231 0;} @font-face {font-family:”\@Arial Unicode MS”; panose-1:2 11 6 4 2 2 2 2 2 4; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:”\@ヒラギノ角ゴ ProN W3″; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:”\@ヒラギノ角ゴ ProN W6″; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:swiss; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-unhide:no; mso-style-qformat:yes; mso-style-parent:””; margin:0mm; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:”Times New Roman”,serif; mso-fareast-font-family:”MS 明朝”; mso-fareast-theme-font:minor-fareast; mso-bidi-font-family:”Times New Roman”; border:none; mso-fareast-language:EN-US;} p.MsoBodyText, li.MsoBodyText, div.MsoBodyText {mso-style-unhide:no; mso-style-parent:””; mso-style-link:”本文 \(文字\)”; margin:0mm; mso-pagination:widow-orphan; font-size:11.0pt; font-family:”Arial Unicode MS”,sans-serif; mso-fareast-font-family:”ヒラギノ角ゴ ProN W3″; mso-hansi-font-family:”Arial Unicode MS”; mso-bidi-font-family:”Arial Unicode MS”; color:black; border:none; mso-style-textoutline-type:none; mso-style-textoutline-outlinestyle-dpiwidth:0pt; mso-style-textoutline-outlinestyle-linecap:flat; mso-style-textoutline-outlinestyle-join:bevel; mso-style-textoutline-outlinestyle-pctmiterlimit:0%; mso-style-textoutline-outlinestyle-dash:solid; mso-style-textoutline-outlinestyle-align:center; mso-style-textoutline-outlinestyle-compound:simple;} span.a {mso-style-name:”本文 \(文字\)”; mso-style-unhide:no; mso-style-locked:yes; mso-style-link:本文; mso-ansi-font-size:11.0pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:”Arial Unicode MS”,sans-serif; mso-ascii-font-family:”Arial Unicode MS”; mso-fareast-font-family:”ヒラギノ角ゴ ProN W3″; mso-hansi-font-family:”Arial Unicode MS”; mso-bidi-font-family:”Arial Unicode MS”; color:black; mso-style-textoutline-type:none; mso-style-textoutline-outlinestyle-dpiwidth:0pt; mso-style-textoutline-outlinestyle-linecap:flat; mso-style-textoutline-outlinestyle-join:bevel; mso-style-textoutline-outlinestyle-pctmiterlimit:0%; mso-style-textoutline-outlinestyle-dash:solid; mso-style-textoutline-outlinestyle-align:center; mso-style-textoutline-outlinestyle-compound:simple;} .MsoChpDefault {mso-style-type:export-only; mso-default-props:yes; font-size:10.0pt; mso-ansi-font-size:10.0pt; mso-bidi-font-size:10.0pt; mso-ascii-font-family:”Times New Roman”; mso-hansi-font-family:”Times New Roman”; border:none; mso-font-kerning:0pt;} .MsoPapDefault {mso-style-type:export-only;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page WordSection1 {size:612.0pt 792.0pt; margin:99.25pt 30.0mm 30.0mm 30.0mm; mso-header-margin:36.0pt; mso-footer-margin:36.0pt; mso-paper-source:0;} div.WordSection1 {page:WordSection1;} –>
つまり、”オリジナリティ”と”地球との共生意識”をもつということが風の時代を生きていく上での基本的な姿勢であると捉えてしまってもいいと思うのだけれど、さらに超要約するならば、”個性を爆発”させて、”自分にも地球にも優しい生活”をおくれば宇宙からもハナマルがもらえるよ、ということもできるかな。
 特に最初の20年( 2043年ごろまで)は今までの時代において蓄積された”負の遺産”を浄化していく時代であると言われているから(星的に!)reduce,reuse,recycyle,upcycleみたいなものはトレンドを超えてスタンダードになっていくだろうし、また、ファッションとかアイテム、プロダクトの潮流も”過剰となっているところは削られて”、環境負荷の少ないものへと原点回帰していくのではと思うんだ。
 だから僕らもそういった地球の意思とシンクロして、今以上にアースフレンドリーな生活・もの選び・ファッションを楽しんでいけばいいのかなって思ったりしてるんだけど・・・どうだろう・・・ハードルが高いかな?

つまり、“オリジナリティ”と”地球との共生意識”を持つということが風の時代を生きていく上での基本的な姿勢であると捉えてしまってもいいと思うのだけれど、さらに超要約するならば、“個性を爆発”させて、”自分にも地球にも優しい生活”をおくれば宇宙からもハナマルがもらえるよ、ということもできるかな。

特に最初の20年( 2043年ごろまで)は今までの時代において蓄積された“負の遺産”を浄化していく時代であると言われているから(星的に!)
reduce,reuse,recycyle,upcycleみたいなものはトレンドを超えてスタンダードになっていくだろうし、また、ファッションとかアイテム、プロダクトの潮流も“過剰となっているところは削られて”、環境負荷の少ないものへと原点回帰していくのではと思うんだ。

だから僕らもそういった地球の意思とシンクロして、今以上にアースフレンドリーな生活・もの選び・ファッションを楽しんでいけばいいのかなって思ったりしてるんだけど…どうだろう…ハードルが高いかな?

yuji -星読み-

星読み、ヒーラー。香川県高松市生まれ。18歳でイタリアへ渡り、現地大学院を卒業。ミラノでプロダクトデザイン事務所に勤務するも、ヒーラーとしての宿命に抗えず、ヒーラーとしての活動をする決心をする。現在は連載、SNSやブログでの毎日の発信など、幅広く活躍中。

▲ WPの本文 ▲

星のトレンド速報 by 星読みyuji

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼