▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

「美容をためらう理由はない!」よしあきと美容、ロングインタビュー!【よしあきBEAUTYクローズアップ24h!④】

「美容をためらう理由はない!」よしあきと美容、ロングインタビュー!【よしあきBEAUTYクローズアップ24h!④】

▼ WPの本文 ▼

 

Vol.4 よしあきと美容、ロングインタビュー! 

モデル・インフルエンサーとして姉のミチとともに、いつもハッピーなトピックスを届けてくれるよしあき。トレンドへの感度の高さもピカイチで、Z世代からアツい支持を集めている。もちろん美容にも詳しく、メンズノンノではそのメイクテクニックを披露してくれたことも! ポジティブオーラあふれる彼は1日をとおして美容とどう向き合っているのか? 今回特別に、メンズノンノがよしあきの24時間に密着!

 

あらためて見つめる、
よしあきの美容24時! 

メンズノンノ(以下、MN):  今回、よしあきさんの24時間に密着させていただきました!あらためて自分の生活を見返してみて、気づいたことはありますか? 


よしあき(以下、Y): こうやってカメラがずっと回っていることで、すごく自分は毎日が充実しているんだなって思いましたね。なんか撮影中の移動とかも、ただ移動してるだけだと思ってたんですけど、今日はカメラが回っていたおかげで、そういう何げない移動の中でも“あぁ、ヘアやメイクを直したりだとか、スタッフさんと仕上がりを相談したりとか、移動中もみんなでひとつの作品を作ってるんだなぁ”って、いろんなことを見つめ直しましたね、今日。

MN:今日は“オン”のよしあきさんに密着させていただいて、動画にもいろんなシーンをたくさん収めましたが、“オフ”の日はどう過ごしているんですか?

Y :オフの日はゆっくり家で休んでるか、もうがっつり山とか牧場とかそういう自然のある場所に行くような遊びをしていますね。友達に車を運転してもらって。

MN:けっこうオンとオフの切り替えがしっかりしているんですね。それに合わせて、身だしなみも変わってきますか? スキンケアでやってることとか、メイクのプロセスとか。

Y :そうですね、オフの日だとメイクはしないってこともけっこう多いですね。でもスキンケアはちゃんとしていて、メイクをしない分、赤みを消してくれる乳液を使うとか、ちょっとした工夫はしています。たとえば山に行くようなアクティブな遊びをするんだったら、おしゃれするというよりは本当に動きやすさ重視の服になるので、それに合わせてメイクはあんまりせず、日焼け止めをしっかりという感じです! 同じオフでも、友達とお買い物に行くなら、もっと気合を入れたりはします。

MN:そうやってオフの日でも、予定によってやることを変えているんですね。日焼け止めはいつでもマストということで、持ち物を見せていただいたときにもばっちりポーチに入っていましたね。

Y :そうですね、紫外線は肌によくないので。日焼けだけじゃなくて、肌荒れの原因にもなるって聞きますよね。やっぱり日頃からケアしておかないと、いざ撮影ですってなったときに、どうしてもすぐにはよくならないじゃないですか。だからちょっとずつでも日頃から守ってあげないと、って思っています。

MN:それはお仕事をしていく中で、自分で気がついたことですか?

Y :はい! でも気がついたのは本当に最近で(笑)。実はお仕事の日だけしか、洗顔とかもあんまりしてなくて…。“メイクが残ってるからまぁ今日はやるか”、みたいな感じだったんですけど、やっぱり日頃から洗顔とか保湿とか、ちゃんとしたほうがいいなと思って。そしたら肌がけっこう変わりましたね。ニキビがかなりできにくくなりました。

 

こだわっているのは、
洗顔時の“泡”! 

MN:目に見えて変わるとさらにやる気も出ますよね。

Y :そうなんです。それに結果が出ると楽しくなって、さらにいい方法とかアイテムとかを求したくなりますよね。僕、顔を洗うときには洗顔料をものすごく泡立てるんですけど、それも最近量を増やしました(笑)。

MN:作る泡の量ってことですよね。何か技があるんでしょうか。

Y :はい! えっと、最初からちょっと洗顔料を多めに出して、水を足しながらネットで泡立てるんです。で、作ったものを1回絞って、それをいったん肌に置いておいて、2回目を作ります。ネットをまた一瞬水にぬらして、残っている洗顔料を同じように泡立ててまた絞って、という。ケチケチ使わないのもポイントです(笑)。

MN:なるほど、“追い泡立て”みたいなことをするんですね。かなり大きな泡のかたまりができそうです(笑)。

Y :それはもう(笑)。顔が隠れるくらいモフモフのモコモコです! 顔は泡で洗うといいってよく聞くと思うんですけど、本当にそれを実践してる感じです。

MN:その後の保湿はどんな感じですか?

Y :こだわってるのはパックですね。すごく乾燥しているときとか、今日は暑すぎて冷房をガンガンつけていたなって日は、必ずやっています。

MN:よしあきさん的に、今日は肌がダメージを受ける環境だったなってときということですかね?

Y :そうですね。そんな日の夜に、肌にのせてゆっくり浸透させるときもありますし、あとは冷蔵庫に入れてあるパックを朝の洗顔後に使うこともあります。肌が引き締まって、メイクのりもいい気がしますし、何より「朝だ!」っていう、シャキッとした気分になれるんですよ。

MN:それはすごく気持ちよさそう! 夏に特によさそうですね。

Y :すごくおすすめです、夏は!

 

メイクをしたら、
絶対オイルで落とす派! 

MN:先ほどオンの日とオフの日で、けっこうメイクをする具合も変わってくるとお話ししてくれましたが、“落とす具合”も変わるんですか? メイクをしている日は、きっと泡洗顔だけじゃないですよね。

Y :そうですね。外に出ない日は乳液までしか塗っていないので、メイク落としはしないんですけど、日焼け止めを塗って遊びに出たりとか、お仕事でがっつりメイクしたときなんかは、僕はオイルで落とすようにしてます。

MN:オイル派なんですね! 最近はメイクに挑戦する男性が増えているんですが、そうなるとどうやって落とすのか、ということもみんなあわせて知りたいところだと思います。オイルのいいところを、ぜひ教えてください。

Y :僕、通っていた高校で、美容を勉強したんですよ。「美容総合」っていう授業があって。

MN:え、すごい!

Y :そうなんです、実は(笑)。そこでいろんなメイク落としを使って、メイクを落とそうっていう実験をしたことがあって。先生が「オイルが一番落ちる」って言ってたんですけど、そのときの実験では、本当にオイルが一番メイクの落ちがよかったんですよ。なのでそれをよく思い出していて、オイルを使うようにしています。

MN:確かに自分でやった実験は信用できる…。

Y :はい(笑)。

MN:というか今って、学校でそんなことまで教えてくれるんですね!

Y :美容の学校とかじゃなくて、本当に普通の高校だったんですけど、ありましたね、そういう授業が。

MN:すごく現代な感じがします。でも実際いま役に立っているし、いいですね!

Y :そうなんですよ、僕学校で習ったことでしっかり取り入れてるの、そのオイルくらいです(笑)。

MN:(笑)

Y :他のことはあんまり覚えてないけど、美容の授業だけはちゃんと聞いてましたから!  その授業があったおかげで、僕スカルプケアとかもできるんですよ。資格があるわけじゃないんですが、習いました。女子も男子も関係なく一緒に受けるんですけど、すごく興味深い授業でしたね。

MN:面白いですね。言ってみれば一生ものの知識なわけだし、かなりいい授業ですよね。

Y :そうなんですよ、もうおかげでオイルばっかです! そして肌の調子もいいです!

MN:あの授業受けていてよかったー、みたいな(笑)。

Y :そうですそうです、本当よかったーって思いました(笑)。

MN:でも、落とすことってすごく大事ですよね。BBとかコンシーラー、ファンデーションなんかを、ちょっと肌に塗ってみようかなっていうところまで踏み出した人に、次はぜひ落とすことにもこだわってみてほしいですよね。

Y :きれいになりたいなと思ってメイクをしても、結局、土台になる肌がメイクで荒れちゃったら残念ですからね。でも、最初はわからないですよね。

MN:メンズ用のコスメは、それもあってか普通の洗顔料で落ちる設計になっているものが多いですよね。

Y :確かに! でもそれで余計に、メイク落としを使わなきゃいけないものも、洗顔だけで落ちるって思ってしまうのかもしれないですよね。僕の男子の友達でもけっこういますもん。

MN:メイクはメイク落としを使わなきゃいけないっていうのを知らなかった人に、この情報はかなり有益でしたね。

Y :ぜひちょっと、皆さんオイル使ってください!(笑)

MN:オイル信者(笑)。でもいろんなタイプがあるから、肌質によって合うものを選んでほしいですね。肌がすごく敏感な人にはクリームタイプとか、時間がないときに便利な拭き取りタイプとか、いろいろあるので。

Y :そうですね。使用感とか洗った後の感じとか、好みに合わせて選んだら楽しいと思う!

 

コスメは今よりいいものに
出会いたいから、躊躇せず試す! 


MN:よしあきさんは、普段どこでコスメを買ってるんですか?

Y :ドラッグストアか専門店ですね!

MN:そうなんですね。披露してくれたポーチの中身を見てみると、ハイアンドローな感じがしました。ディオールとか、憧れブランドのものも持っていたりするし、でもドラッグストア系コスメとかも使っていたり、バランスが面白いですよね。あまりブランドにこだわらず、いいものはいいっていう感じで選んでいるんですかね。

Y :そうだと思います。実際に使ってみてよかったからリピートして選りすぐりのスタメンにしていくという感じで常に探しています。口コミで気になったものを実際使ってみて、自分の肌に合うなとか、使用感だったり香りだったりがいいなとか、とにかく本当に気に入ったポイントがあるものを使っている感じですね。

MN: 以前メンズノンノのメイクに関するインタビューで、“コスメは毎回使い切ったら新しいものを使う”ということを話してくれました。よさそうなものはどんどんチャレンジしていく派なんだなと思ったのですが、ちょっと怖いな、みたいなのはないんですか? 好奇心のほうが強いんでしょうか。

Y :それは間違いないですね。僕はけっこう“パケ買い”とかもしちゃいますし。これ自分に合うのかな? っていう心配みたいなものよりは、好奇心が勝っちゃうんですよね。おすすめだとか、いいよとかって聞くと、それは使わなきゃ! ってなりますね。

MN:毎年メンズノンノの12月号で、「メンズノンノ美容大賞」っていう男子の大きなコスメアワードを恒例で開催しているんです。1,900人くらいが投票に参加して結果が決まるんですけど、そこで毎年思うのが男性は1回気に入ったらずっとそれを使う人が多いなということなんです。

Y :あー、たしかに僕もそういうイメージありますね!

MN:女性向けコスメ市場のほうが大きいのもあるのでしょうが、女性誌のコスメアワードとかって半年に1回くらいあって、そこで順位がガラリと変わったりしますよね。でも男性は、けっこうみんな同じものがずっと好きなんですよ。もちろん人にもよると思うんですが、結果としてそういうデータが上がってくるんです。

Y :わ、おもしろーい! 1年前と同じものが好きなんですね。

MN:ということが多いですね。だから「殿堂入り」っていうものを作って、各部門で3回1位をとったアイテムは、次の年から投ランキングにはエントリーされない、ということにしたくらいです。最近はメンズのコスメも次々新しいものが発売されたり、女性もの、男性ものというのを気にせず使う人が増えているので、ちょっと変わってきましたけど。よしあきさんのその、チャレンジしていく感じはすごく面白いなと思いました。

Y :それは多分、“今使っているものを超えるものが絶対あるはず”、と本当に思っているからだと思いますね。今よりどんどんよくなりたい、もっとカッコよくなりたい、もっとすてきになりたいっていう気持ちが大きいので、躊躇せずどんどん新しくしていっています! 

MN:この世にはまだ、自分の知らないいいものがあるに違いない、みたいな?

Y :はい、そう信じちゃってるので! まぁもちろん、これは外せないっていう気に入ったものもあるので、それと一緒に使いながら、とかもしますけど。あとは新しいものを探すのが好きなんですよね。

 

美容を続ける中で、一番
モチベーションになるものは? 

MN:ポジティブでいいですね。純粋に楽しいっていう気持ちを大事にしているようですが、ちゃんとケアすることへの一番のモチベーションはなんですか?

Y :モチベーションは、“すべて”ですね。肌が荒れているときはけっこう常にテンションが低い気がします。やっぱり盛れてる日のほうがニコニコしてるのが自分でもわかりますし、なんか積極的に友達と会おうってなったりします。ちょっと自分に自信が出てくるっていうのかな。

MN:ちょっと“盛れてないな”ってときは、自分でわかるくらいテンションが変わってくるんですね。

Y :僕は、全然変わっちゃいますね。だから健康とか身だしなみみたいな、自分を整えるもののひとつとして向き合っているかもしれないですね、美容は。

MN:よくわかりました。でも、とはいえそうやって日々ケアを続けている中でも“今日は疲れちゃったな”とか“めんどくさいな”っていう日がたまにはあると思うんですが、そういう日はどうしていますか?

Y :うーん、でも、どれだけ疲れていても、絶対お風呂には入るようにはしてます! なんでかと言うと、僕、ベッドまわりはきれいにしておかないと肌が荒れると思っているんです。枕カバーとか、ワックスがついた髪のままで寝ちゃうと、そこにほっぺたとかおでこがくっつくと、汚いアブラがつく感じがするので後悔するんですよ。だから、半分寝ながらでもシャワーは必ず浴びます(笑)。

MN:そして寝ながら乾かす?(笑)

Y :はい、みたいな(笑)。まぁ最悪乾かすところまでたどり着かなかったらタオルを巻いて寝ちゃったりもするんですけど、とりあえずお風呂は入って、メイクもスタイリング剤も絶対落とすようにしてます。

MN:うん、やっぱりよしあきさんは“落とす”ところにこだわりがありそうですね。

Y :そうですね、いつもスッキリしていたいので。特に今の季節は!

 

よしあきのスペシャルケアって? 

MN:逆に、すごく時間があって特別に自分に手がかけられるなっていう日は、どんなことをしますか? さっきパックの話が出ましたが、それは割と日常的にやっている感じでしたよね。

Y :自分で“これをやったら肌が復活する!”って信じていることは、ゆっくりフルラインでスキンケアすること。普段も化粧水、美容液、乳液とかはやってるんですけど、ちょっと余裕があるときはもう導入美容液とか、美白用のアイテム、クリームも足したりしますね。

MN:やっぱり翌朝違いますか?

Y :実際肌の調子が違うのもあるんですけど、なんかもう気分から違いますね。“昨日いっぱいやったから絶対きれいでしょ”っていう気持ちでいられるので、いつもより自信も持てます。

 

マイブームは、リップケア! 

MN:本当にいろいろなアイテムを使っているみたいですけど、美容に関して最近のマイブームはありますか?


Y :マイブームは、リップですね! 僕、唇がけっこう分厚いので皮がむけやすかったり、色が悪いと目立っちゃったり、悩みがいろいろあるんです。だからリップのケアに最近すごくハマっていて。ディオールのオイルタイプのリップはパック効果があるので、夜寝る前に塗って寝ています。あと日中はヘアメイクさんが教えてくれた「モアリップ」っていう医薬品のリップをこまめに塗っています。けっこういろんなアイテムを使い分けてますね。唇は男子もまず最初に気になるポイントなんじゃないですかね。美容に詳しいとかじゃなくても、みんなリップクリームは持ってたりしますよね。どこにでも売っていて一番手に入りやすいアイテムですし、口もとが清潔なのはいいですよね。

 

新しく挑戦するならネイルがいい 

MN:先ほど撮影でトゥモローランド 渋谷本店に行ったときも、コスメのコーナーを見て「ネイルに挑戦したい」と話してましたけど、これから新しくやりたいことはありますか?

Y :ネイルいいですよね。撮影でワントーンのネイルはやらせていただいたことが何回かあるので、ワンポイントで石とかのせるのもかわいいなーって思っています。ちょっとポコッと立体的なデザインのあるネイルっておしゃれだなって。全部の指についてたらちょっとくどいですけど、どこかに1個くらいポコッて。

MN:高校の授業の知識を生かして、自分でできるかもしれないですよね(笑)。

Y :確かに。自分でできちゃうかもしれない(笑)。そういえばやったかも、懐かし〜。

 

美容に関して、姉・ミチと
シェアしていることは?

MN:美容に関してお姉さんのミチさん(@mi0306chi)とシェアしていることはありますか? 以前におふたりで撮影に来てくれたときは、服は全部シェアしてるって言ってましたよね。

Y :そうですね、お姉ちゃんとは一緒にピーリングとかに行ったりするので、どこのピーリングいいよ〜とか教えてくれたりしますね。お姉ちゃんはあの、本当に上級者なので…なんか本当もう、ガチ勢みたいな。

MN:美容ガチ勢!

Y :そうそう、完全に美容ガチ勢みたいな(笑)。

MN:でも近くにそういう人がいると、やっぱり影響を受けそうですね。

Y :そう、助かりますよね、いろんな情報が入ってきて。でも、“ちゃんとやりなさい”みたいなのはなくて、そこがいいなと思っています。“やれば〜? めっちゃいいよ〜”みたいな、ほどよくおすすめしてくる感じ。で、僕もいいものを見つけたらお姉ちゃんに教えてあげるし、本当情報交換って感じですね。

 

美容を始めたいキミへ、
よしあきからのメッセージ! 

MN:仲よしでいいですね! では最後に、これから美容を始めてみようかなって人に向けて、こういうふうに楽しむといいんじゃない? っていうアドバイスなどがあれば教えてください。

Y :そうですね。今ってけっこうメンズラインのメイクアイテムを出しているブランドって多いと思うんです。シャネルとか、FIVEISM × THREEとか。パッケージからして男の子寄りな感じで、自然にバッグに入っててもカッコよかったり、男性が持っていて抵抗がなさそうなデザインのものが多いですよね。だから、純粋に“これカッコいいな”っていう気持ちを大事に買ってみるっていうのはいいと思いますよ。そしてそういうブランドって、お店の雰囲気とかも行きやすくつくられているなぁって感じるので、そこでちょっとタッチアップとかしてもらうのもいいと思います。ひとりで試すのもいいけど、自分に合う、合わないというのを店員さんに客観的に見てもらったり、使い方を教えてもらったりするのはすごくいいと思いますね。なんか僕が高校生のときは、そういうメンズのコスメがあんまりなかったんですよ。ギャルが使っているようなブランドの、ギラギラのパッケージのものを持っていたりしてたので、ちょっと恥ずかしいなって思いながら使っていましたから。

MN:「でもこれ、いいんだよな〜」みたいな。

Y :そう、「これめっちゃカバー力高いんだよ〜」みたいな(笑)。某ブランドのマシュマロパウダーなんですけど、あれ本当によくて(笑)。完全にキラキラ系なんですけど、かなり愛用してました! でも今はメンズ向けのブランドがいっぱいあるので、始めたいのに見え方が気になるなって人にとっては、一個ハードル下がりますよね。

MN:そっか、恵まれていますよね。

Y :そうですよ。僕からすると、躊躇する理由がないなって思いますね、今の時代。やりたい人は、自由にやったらいいと思います。

MN:勇気の出るコメントですね。それではメンズノンノ読者にひと言メッセージをいただいて、インタビューを締めたいと思います!

Y :メンズノンノは、小さい頃からずっと母が買ってくれていました。僕がファッションを好きになり始めたときに、「とりあえずメンズノンノを見ればわかるよ!」みたいな感じで読ませてくれていたので。だから今、こうやってメンズノンノの撮影をしてるのも本当に夢みたいです。

MN:今回の記事もぜひ見てほしいですね!

Y :そうですね(笑)。もうこうして出ているのを見たらきっと、お母さん大満足ですよ、本当に。美容に関しても、興味を持って頑張って発信したりしていたから、こうやってメンズノンノさんでも一緒に企画ができたので、なんでも頑張ることによって全部がプラスにつながるなって思いました。肌に手をかけたり、メイクをしたりすることによって純粋に気分も上がるし、いろんなところに出かけようって気持ちになったり、笑顔が増えたり僕はするので、もしやってみたいなっていう気持ちがあるなら、本当にためらわないで、メンズのみんなもちょっと試してみてほしいです。一緒に楽しみましょう!

MN:ありがとうございます。またぜひ美容のこと、教えてください。

Y :はい! またお会いしましょう〜! インスタグラムもぜひ見てくださいね。今日はありがとうございました。

 

profile

よしあき
2000年8月27日生まれ。タレント、インフルエンサーとして姉のミチとともに活躍中。姉弟でSNS総フォロワー数が170万人を超えるなど、Z世代を中心に影響力ばつぐん。ファッションやビューティを中心にトレンドへの感度も高く、何がポストされるのかいつも注目の的!
@yooshiakiii
twitter.com/yooshiakiii

[写真上]シャツ¥26,400/トゥモローランド[TEL:0120-983-522] ジーンズ¥29,700/A.P.C. CUSTOMER SERVICE[TEL:0120-500-990 ※現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響でwww.apcjp.com/jpn/inquiry/indexでの問い合わせに変更]  靴(ネルソン)¥24,200・バングル(イッツ インキンスピキュウス プレセンス)¥6,600/deer nakameguro[MAIL:deernakameguro@gmail.com]
[写真下]ジャケット(シンヤコヅカ) ¥49,500/エムエイティティ[MAIL:info@the-matt.com] シャツ(イッツ インキンスピキュウス プレセンス)¥29,700・靴(フアン モンテス)¥30,800/deer nakameguro[MAIL:deernakameguro@gmail.com] パンツ(ダイリク)¥31,900/ダイリク[MAIL:d.dairiku@gmail.com] ネックポーチ(ウエストオーバーオールズ)¥12,100/ストール ショールーム[TEL:03-6812-9371] リング¥61,600/IVXLCDM 六本木ヒルズ[TEL:03-6455-5965] ピアス/本人私物 ベルト/スタイリスト私物

[動画中のロケ衣装]
シャツ¥8,500/COS 銀座店[TEL:03-3538-3360] パンツ¥22,000・バッグ(ドラゴン)¥57,200/トゥモローランド[TEL:0120-983-522] サンダル¥35,200/パラブーツ青山店[TEL:03-5766-6688] ハット(イッツ インキンスピキュウス プレセンス)¥18,700/deer nakameguro[MAIL:deernakameguro@gmail.com]  サングラス(エーディーエスアール)¥23,100/4K[TEL:03-5464-9321] ネックレス・ピアス/本人私物 ベルト/スタイリスト私物

Movie:Hiroki Honma Photos:Takahiro Idenoshita Hair & Make-up:Reika Sakamoto[Allure] Stylist: Masashi Sho Cooperation:TOMORROWLAND SHIBUYA

▲ WPの本文 ▲

よしあきBEAUTYクローズアップ24h!

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 「美容をためらう理由はない!」よしあきと美容、ロングインタビュー!【よしあきBEAUTYクローズアップ24h!④】

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼