▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

男女間で結婚観の差が拡大中? #長谷川ミラさんと話してみた[ジェンダー編]

男女間で結婚観の差が拡大中? #長谷川ミラさんと話してみた[ジェンダー編]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

人種差別、ジェンダーギャップ、SDGs……これからの時代を担う僕らZ世代はどう考えて何をすべき? 社会問題に詳しい長谷川ミラさんと、リアルな意見を語り合ってみた。

ジェンダー観って正解はあるの?

フェミニズムや性差別などの言葉が浸透して久しいが、日本はいまだジェンダー格差が先進国最低レベルという状況。制服や結婚の制度、性教育の不足など、改善しない理由は多岐にわたりそうだ。

“男らしさ”“女らしさ”って
無意識に抱いてる人が多い!


長谷川 日本は先進国の中でも珍しく、まだ男らしさ・女らしさの固定観念が強く残っている国だなって感じる。

岩上 普段、あまり男らしさを意識することってないけどなぁ。

長谷川 じゃあ、“女々しい”って言葉はまったく使わない?

岩上 あー! たまに聞くな。

長谷川 “女みたい=男らしくない”ってディスるのは、性差別の典型。とくに、男性に対して女性が言ってるのを見ると、ゾッとします。自分に対してもすごく失礼なことなのに!

樋之津 言葉の意味を考えず、何げなく発してる人が多そうですね。

長谷川 女性が受けがちな“男っぽい”“そんなんじゃお嫁に行けない”という言葉も、無意識に使われていることがほとんど。

岩上 性別によるイメージが無意識レベルに定着してるってことか……。

長谷川 発言に限らず、服装も。学校や職場の制服からフォーマルな場の正装まで、女性はスカートが定番。これほどファッションが自由な時代になったのに。

樋之津 女性=スカートっていう印象は、制服の影響が大きそうですね。もっとも多感な時期に毎日、見る姿だから。

長谷川 今は女子生徒もパンツを選べる学校が増えてきたから、それがスカート一択な風潮を変えてくれたらいいな。

岩上 女子がパンツをはくのに比べて、男子生徒がスカートを選ぶのは何倍もハードルが高い気がする。

樋之津 BTSのメンバーは私服や衣装でスカートを取り入れてますよね。影響力のある人たちによってトレンドが確立されたら、取り入れやすくなりそう!

長谷川 そのとおり。かつては女性がパンツをはくのはタブーだったけど、その概念を覆したのがココ・シャネル。だから私は、ジェンダーにおけるファッションの可能性をすごく信じているんだ。

Z世代の男女間で
結婚観の差が広がってる!?

樋之津 昔は男性を支える女性が理想的、っていう風潮があったけど、今はそういう意識の男性は少ないように感じます。

岩上 だよね。僕も自分をしっかり持ってる女性に魅力を感じる

長谷川 すてき! 結婚願望はある?

岩上 いずれはしたいかな、子どもが欲しいから。

樋之津 僕もです。

長谷川 へー! 私、まったくないんだよね。

樋之津 どうしてですか?

長谷川 一番大きな理由は、日本で夫婦別姓が認められていないから。同じ姓を持つメリットが感じられないし、そのためにパスポートやクレジットカードの手続きなど、いろんな負担がある。

岩上 メリット……確かに、思い当たらない。

長谷川 妻の行動を縛り、離婚しにくくしてるようにしか思えないんです。実際、既婚女性が特許を取得した場合、名字が変わるとその権利を失うなどのリスクがある。

樋之津 そんな問題があるんですね。

長谷川 家事は女性の仕事って考えが根深いのも理由のひとつかな。私は家事が苦手で、仕事をしながらふたり分をこなすのは無理!

樋之津 僕は完全に分担したい派ですね。お互いの苦手な部分を補い合えることも、結婚のいいところだと思うので。

岩上 僕らの世代で、家事は一切やりたくない!って男はいないんじゃないかな?

長谷川 いやいや、たくさんいますよ。そして私が出会ってきたそういう考えの人の多くは、お母さんが専業主婦。

岩上 両親の影響は大きいよね。むしろ夫婦関係なんて、家族か映画やドラマの世界でしか見られないし。

長谷川 私の母も専業主婦で、稼ぎは父任せだった。仲はよかったけど、ケンカしたときの言葉の節々に“誰のおかげで生活できてるんだ”っていうニュアンスが感じられて。私は絶対にそんなことを言われたくないから、もし結婚しても仕事は辞めないと決めてる。

岩上 ミラさんの場合は、ご両親が反面教師になったんだ。

樋之津 女性が仕事を辞めると、より離婚を決断しづらくなるという現実もありますよね。

長谷川 子どもがいたらなおさら。女性や子どもの権利を保つためにも、夫婦別姓や家事の分担は必須だと思うな。

岩上 賛成。それによって、男性もさらに気が引き締まりそうだし!


お互いの体について知ることは
いい関係を築くために必要不可欠

長谷川 ロンドンの大学はね、トイレが性別で分けられてないの。

岩上 えっ、何で?

長谷川 男女ふたつの性しか認めていないことが、トランスジェンダーやその他セクシュアリティの人たちを除外していることになるから。世界中で議論されているんだけど、どう思う?

岩上 うーん。正直、別のほうが気が楽。飲食店の男女共同トイレも、なぜかソワソワするんだよね。ミラさんは?

長谷川 個人的に、というよりも、社会問題のひとつとして挙げられているレイプのリスクは気になる。海外では公共のトイレでレイプ被害に遭う女性が多いから。あとは“生理中は嫌だ”という意見も多かった。生理用品を交換する音が漏れるのが、恥ずかしいみたい。

樋之津 生理って、男性からすると気まずい話題のひとつ。

長谷川 性教育の授業は男女別だった?

岩上 僕は一緒だったけど、別々に行う学校のほうが多いんじゃないかな。実際、自分も受けていてかなり気まずかったし……。

長谷川 大人になって知識がないほうがよほど恥ずかしいよ。日本は、異性の体の仕組みを理解してる人が少なすぎる! 例えば、生理で感じる不調って腹痛に限らず、頭痛や眠気、イライラ、腰痛、吐き気など、人によってさまざま。生理中のカップルのケンカって、男性の理解が深まれば絶対に減ると思うんだよなぁ。

樋之津 なるほど。ちゃんと調べてみようかな……。

長谷川 私も男性の体についてまったく知らなかったから、初めてセックスしたときは驚きだらけだった。彼がとてもオープンな人で、勃起や射精の仕組みや、自慰行為の必要性などを丁寧に教えてくれて。女性の生理と同じくらい自然な現象なのに、男性の性欲に対して嫌悪感を抱いている女性は少なくない

樋之津 昔つき合っていた女性が、まさにそういうタイプでした。話し合おうとしても、嫌がられてしまって。

長谷川 恋人と話し合うハードルが高いからこそ、学校で教えるべきなのにね。ちなみに“フェムテック”って知ってる?

岩上 いや。聞いたことないな。

長谷川 生理のストレスを軽減するために、テクノロジーを駆使して開発された新しい生理用品。ナプキン不要のショーツなどリユース可能なものが多く、環境にも優しいと世界的に広まっているの。その流れで、女性の自慰行為を促進するセルフプレジャーアイテムも増えてる

樋之津 まったく知りませんでした。

長谷川 ふたりは女性がセックスを楽しむことは、アリ? ナシ?

岩上 全然アリ、というかむしろうれしい。

樋之津 嫌な男性はいないと思います!

長谷川 セックスが気持ちよくない、イケないという女性の悩みを改善する手段として、自慰行為が推奨されていて。自分が何をされたら気持ちいいか知れば、それをパートナーに伝えることもできる!

岩上 男性としてもありがたい!

 


Z世代のスピーカー
モデル 長谷川ミラさん

1997年7月7日生まれ、東京都出身。2017年、『テラスハウス』ハワイ編に出演。現在はラジオ番組『START LINE』(J-WAVE・毎週金曜16:30〜)のナビゲーターを務めるほか、『サンデー・ジャポン』(TBS系・毎週日曜9:54〜)に不定期出演中。SNS&YouTubeチャンネルで環境保護や社会問題を取り上げ、同年代から絶大な支持を誇る。

3人の衣装には、サステイナビリティに考慮したアイテムが多数。
[ミラさん]ビスチェ¥21,450・トップス¥47,850・パンツ¥38,500(すべてYanYan)/LYDIA イヤーカフ¥18,700・ネックレス¥110,000(ともにSARARTH)/サラース カスタマーサポート [岩上]Tシャツ¥4,730・ロンT¥5,830/ブリング エビス [樋之津]シャツ¥2,499/H&M カスタマーサービス Tシャツ/スタイリスト私物

Photos:Yuki Kato(model) Hair & Make-up:Naoko Matsuoka Stylist:FUKAMI(for Ms. Mila Hasegawa) Atsuo Izumi(for Hinotsu, Iwakami) Models:Rintaro Hinotsu Shunya Iwakami[Both are MEN’S NON-NO models] Illustration:Midori Komatsu Composition & Text:Ayano Nakanishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼