▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

安さ近さで店を選ぶ時代は終了! #長谷川ミラさんと話してみた[環境問題編]

安さ近さで店を選ぶ時代は終了! #長谷川ミラさんと話してみた[環境問題編]

▼ WPの本文 ▼

人種差別、ジェンダーギャップ、SDGs……これからの時代を担う僕らZ世代はどう考えて何をすべき? 社会問題に詳しい長谷川ミラさんと、リアルな意見を語り合ってみた。

環境問題どう向き合うべき?

サステイナビリティの重要性を訴える声があふれる現在も、遠い未来の話だと楽観視する若者が多いと嘆くミラさん。真面目に向き合わなくてよし! という言葉の真意は!?

安さや近さで店を
選ぶ時代は終わり!

長谷川 レジ袋が有料化されて、はや1年。意識や生活は変わった?

岩上 不便になると思ったけど、まったく問題なし。エコバッグを携帯することにも慣れたし、コンビニでの買い物は手やポケットで十分!

樋之津 無意識に資源をムダにしていたことを痛感しました。

長谷川 よかった! 私がロンドンの大学に入学した当時、すでにイギリスではレジ袋の配布を廃止していて。驚いたのをきっかけに、環境問題について調べるようになったんだ。すでにイギリスは、廃止前の8割減に到達したみたい!

岩上 すごい!

長谷川 ちなみに、普段の買い物で気をつけていることはある?

樋之津 とくに……。

長谷川 海外と比較してばかりで申し訳ないんだけど(笑)、環境問題への対策が進んでいる欧米諸国では、店やブランド選びからこだわるのが当たり前。安さや便利さで物を買う時代は終わってるんです。

岩上 詳しく教えてほしい!

長谷川 例えば、スーパーならオーガニックか、衣料店ならリサイクル素材を使っているか、とか。買い物は、お金を払って物を手に入れるのと同時に、その店をサポートする行為。毎日の買い物で、物の背景にある人や環境を支えられたら一石二鳥だよね?

岩上 考えたことがなかった!

長谷川 さらに、売れれば売れるほど環境に配慮した商品が増えて、同時に環境に悪い商品が減る。使い捨ての割り箸やスプーンをもらう人が減れば、提供しなくなる。消費者の意識で店を変えられることを、“買い物は投票”という言葉で発信してるんだ。

樋之津 まさに、そのとおりですね。

継続できることを
ひとつ探してみよう


岩上 ちなみに僕は革製品が好きで。エコレザーを選ぶべきか迷っていろいろと調べたら、本革のほうが長く使えるから長期的に見れば環境に優しいという意見もあり……結局何が正しいのか、わからなくなった。

長谷川 環境問題って、そういう悩みがつきもの。でも私は、自分なりのルールがあればいいと思っていて。レザーを使い続ける代わりに、食べ物を残さない、マイストロー&タンブラーを持ち歩く、とか。息苦しさを感じてすべてを諦めるなら、できることをひとつ継続するほうが絶対にいい!

樋之津 僕を含め、やるなら徹底しなきゃ、と思う人は多そうですね。

長谷川 まさにそれが、日本でエコが浸透しない一番の理由だと思う。個人的に日本人は真面目な人が多い印象。ひとりで満点をめざそうとするけど、たとえ1点しか取れなくても100人集まれば100点になる。それが世界規模になったら、さらに大きな結果につながる。

岩上 いい考え方だね! ぐっとハードルが下がる。

長谷川 SDGsについても“遠い未来のための活動”と考えてる人が多いんだけど……今、日本で最も問題視されているゴミ処理場の不足を例に挙げると、20年後には埋まっちゃうといわれてるの。私たち、まだ40代だよ!

樋之津 マジですか……。

岩上 今まで大変そうってイメージで行動するのを諦めてきたけど、今日、自分にもできそうなことをたくさん知ることができた。こういう情報がもっと、日常で手に入ればいいのに。

長谷川 よかった♪ 自分で学んで“いい!”と思ったことは、ぜひ発信してほしい。Z世代で団結して、未来を明るく変えていこー!

完璧をめざさなくていい!
ひとり1点、100人で
100点を達成しよう

 


Z世代のスピーカー
モデル 長谷川ミラさん

1997年7月7日生まれ、東京都出身。2017年、『テラスハウス』ハワイ編に出演。現在はラジオ番組『START LINE』(J-WAVE・毎週金曜16:30〜)のナビゲーターを務めるほか、『サンデー・ジャポン』(TBS系・毎週日曜9:54〜)に不定期出演中。SNS&YouTubeチャンネルで環境保護や社会問題を取り上げ、同年代から絶大な支持を誇る。

3人の衣装には、サステイナビリティに考慮したアイテムが多数。
[ミラさん]ビスチェ¥21,450・トップス¥47,850・パンツ¥38,500(すべてYanYan)・サンダル(LABUCQ)¥43,900[参考価格]/LYDIA イヤーカフ¥18,700・ネックレス¥110,000(ともにSARARTH)/サラース カスタマーサポート [岩上]Tシャツ¥4,730・ロンT¥5,830/ブリング エビス パンツ(ブラスバンド)¥26,180/リアルスタイル スニーカー(スペルガ)¥8,800/カメイ・プロアクト [樋之津]シャツ¥2,499・ジーンズ¥3,999/H&M カスタマーサービス スニーカー(リプロダクション オブ ファウンド)¥14,080/アイ ファウンド Tシャツ/スタイリスト私物

Photos:Yuki Kato(model) Hair & Make-up:Naoko Matsuoka Stylist:FUKAMI(for Ms. Mila Hasegawa) Atsuo Izumi(for Hinotsu, Iwakami) Models:Rintaro Hinotsu Shunya Iwakami[Both are MEN’S NON-NO models] Illustration:Midori Komatsu Composition & Text:Ayano Nakanishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼