▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

北村匠海がヴィンテージ服を語る!クリーン×古着テイストコーデ3選

北村匠海がヴィンテージ服を語る!クリーン×古着テイストコーデ3選

▼ WPの本文 ▼

「夏もやっぱり、古着やヴィンテージのアイテムが好き。でも、最近はちょっとだけクリーンなテンションで着てみたくて」と語る、俳優・北村匠海さん。本人のマインドを投影した、スペシャルシューティング、スタート!

北村匠海のクリーン・ヴィンテージ

総柄の開衿シャツ

まさに今の僕が好きな配色! 白に寄ったくすみカラーがたまらない。白っぽい、けど真っ白じゃないのが重要。軽やかなトーンが爽やかだし、モダンに見える。開衿やアロハシャツはいっぱい持ってますが、一風変わった柄と出会えるのもヴィンテージの醍醐味。

%28%7B%20atariName%3A%20%221-3.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E5%25A4%25A7%25E6%25B4%25A5/Me/%25E3%2582%258A/030-035%2520%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31%25E5%258C%2597%25E6%259D%2591%25E5%258C%25A0%25E6%25B5%25B7/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/032-033/DMA-20210606_MNN4858.psd%22%29%7D%29

テンションの高いアロハな総柄も、ハリ感のある生地とレトロな配色ならギラつかずに楽しむことが可能。全身をクリーミーなトーンにそろえれば、柄の存在感がぐっと引き立つ。軽快さや清潔感、そして抜け感まで欲張れる、物足りなさとは無縁のワンツーコーデがたちまち実現。

古着のシャツ¥19,800/トロ パンツ(フジ)¥39,600/PR01.TOKYO その他/本人私物。

  

シルバーのショーツ

私服でもショーツの日は、足もとはビーサンにすることが多い。気軽なのにしゃれてる、をめざすなら、このくらいパンチがあるとイイ。バスパンっぽいもので"おっ"ってデザインって、なかなかないんです。古着って本当に一期一会ですが、それを体現するよう。

%28%7B%20atariName%3A%20%221-5.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E5%25A4%25A7%25E6%25B4%25A5/Me/%25E3%2582%258A/030-035%2520%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31%25E5%258C%2597%25E6%259D%2591%25E5%258C%25A0%25E6%25B5%25B7/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/034-035/DMA-20210606_MNN5335.psd%22%29%7D%29

Tシャツにショーツにビーサン、というとことんくだけたスタイルでこそ、メタリックの質感が有効。スポーティなデザインは、開放的な夏の空気にもジャスト。

古着のパンツ¥6,490/ボストック Tシャツ¥13,200/アンダーカバー ネックレス¥8,800/ランチキ セントリューム トーキョー サングラス¥37,400 /モスコット トウキョウ サンダル(ウーフォス)¥6,380/アンストア その他/本人私物

  


僕とヴィンテージのクリーンな関係性

まさにこんなデニムを探してました(笑)。デニムって、どこまでもくずせるし上品にもなる、マルチなところがクリーン・ヴィンテージに最適な存在だと思うんです。ジャケットを合わせたり、革靴を合わせたり。どこに行っても大丈夫な服、どこにでも連れていってくれる服、が僕にとってのデニム。この頃は、新品の服でも"復刻"とか"◯年代風"をよく目にする。それももちろんアリですよね。だけど、なぜそういうものが流行っているかを考えてみると。やっぱり"キレイなだけ"のスタイルよりも、ちゃんと自分の個性を反映して、コーディネートにひねりみたいなものを出したいからかなって。少し前は、"古着を古着っぽく着る"のが僕の定番だったんですけど、今は"古着を古着っぽく着ない"のも楽しいと感じるように。そして夏こそ"だらしなさすぎない"は大切かも。自分らしいけどきれいな要素もある、クリーンなヴィンテージを満喫したいです。

%28%7B%20atariName%3A%20%222-1.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E5%25A4%25A7%25E6%25B4%25A5/Me/%25E3%2582%258A/030-035%2520%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31%25E5%258C%2597%25E6%259D%2591%25E5%258C%25A0%25E6%25B5%25B7/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/034-035/DMA-20210606_MNN4581.psd%22%29%7D%29

ドレッシーなマインドで解釈するダメージデニムが新鮮。セピアがかったライトブルーの質感はヴィンテージならでは。クロップドの丈感やタテ落ち、片面タブなど、細部にもほれぼれする。シックなジャケットとのかけ合わせで、自由で芯のある人物像が浮かび上がってくる。

古着のパンツ¥10,780/アンド ベルベルジン 古着のスニーカー¥11,000/ミスタークリーン ジャケット¥96,800・Tシャツ¥22,000(ともにコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン)/コム デ ギャルソン ブローチ¥14,080/トロ その他/本人私物

Takumi Kitamura
1997年11月3日生まれ、東京都出身。現在公開中の映画『東京リベンジャーズ』に主演するほか、数々の話題作に抜てきされる、若手ながらも実力派俳優。ダンスロックバンド「DISH//」のリードヴォーカルとしても注目が集まる。本誌での連載もチェック!

Photos:Kento Mori Hair&Make-up:Rumi Hirose Stylist:Arata Kobayashi[UM] Model:Takumi Kitamura

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼