▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

[スキル無しから最高月収100万]文系大学生がウェブ制作をどうやってマスターしたか #食いっぱぐれないスキルとその磨き方

[スキル無しから最高月収100万]文系大学生がウェブ制作をどうやってマスターしたか #食いっぱぐれないスキルとその磨き方

▼ WPの本文 ▼

お金に不自由せずに楽しく暮らすためには、スキルがあるとやっぱり強い。フリーランスとして働く人から就職する人まで、仕事につながるスキルを実例で大公開していくこのシリーズ。今回はだん@Web制作さんに話をきいてきた!。

 

スキルなしの文系大学生が
ウェブ制作をマスターした話。

プログラミング講座、といったウェブバナーをよく見かけるようになったけど、それは実際にどんなスキルで、どうやってお金につながるのか。気になる疑問を実際に稼いでいる人に聞いてみた。

だん@Web制作さん

都内の大学を休学し、文系ながらも独学でフリーランスエンジニアに。自身のツイッター(@dan03301)やブログ(https://prog-anchor.com/)でプログラミングについての情報を絶賛発信中。

Step1

プログラミングを始めた
キッカケは?

 現役の大学生でありながら、フリーのエンジニアとして、新卒社会人の平均給与以上を稼ぐ、だんさん。そのスキルを獲得するまでの経緯を伺った。
「将来のことをまったく考えずに大学生活を送っていたら、履歴書の資格欄に車の免許しか書けないことに気がついて。自分の取りえのなさに絶望しました。このまま就職活動が始まったらヤバイ、と思って逃げるように大学を休学。そうしてできた時間を使って、“売り”になるスキルを身につける、という魂胆でした。動画編集を学んでYouTubeを始めてみたり、アプリ開発を勉強してみたり。ときには学生ローンで買ったギターを売って、20万円の情報商材に手を出したこともありましたが、結果はどれも散々。そんな中見つけたのがウェブ制作の基礎を発信する『マナブログ』。ネット上に無料公開されている、実践的な動画を組み合わせたロードマップ形式になっていて。これならできるかも、の思いでプログラミングに挑戦してみることに」


 

Step2

コーディングはどうやるの?

 就職活動に向け、武器として選んだプログラミング。そんなだんさんを待ち受けていたのは、壮絶な日々。
「とりあえず手を動かすことを意識して、1日10時間以上をモニターの前で過ごしていました。とにかく『マナブログ』にあるとおりの内容に沿って、HTMLとCSSというプログラミング言語の基礎を勉強。得た知識をもとに既存のHPを自分のPC上に再構築する、模写という作業の繰り返し。わかったつもりでコードを組んでみても、初めの頃は思ったとおりに全然動かなくて(笑)。そのたびにYouTubeやいろいろな人のブログなど、ネットに落ちている情報をかき集めていました。ダメなところを見つけてどう対処するか、というのが最初の壁かもしれません。逆に、その作業をきちんとこなせれば、ウェブ制作のプログラミングは、誰にだってできちゃうんですよね。時間はめちゃくちゃかかりますけど。そんな地獄のような毎日を3か月ほど過ごした結果、なんとか頭の中のイメージをカタチにできるようになりました」

 

Step3

スキルをゲットした、
その後は?

 努力の末、ウェブ制作エンジニアとしてのスタートラインに。幸運にも、初仕事の機会はすぐに訪れた。
「HPを作れるようになったものの、その先は考えていませんでした。とりあえず『クラウドワークス』で仕事を探してみたところ、すぐに見つかって。比較的簡単な内容を引き受けたのですが、やはり初仕事。1ページを作るのに40時間かかりました。そしてその対価は9,000円、時給にすると225円(笑)。今思えば、かなりコスパは悪かったけど、頑張って磨いたスキルがお金に換わった瞬間は本当にうれしかったです」
 なんとか無事に初仕事を乗り切っただんさん。次に注力したのはSNS。
「技術は回数を重ねれば向上するとして、さらに必要なのはブランド力。そのために、これまでのノウハウをブログにまとめたり、プログラミングに関する情報をツイッターで発信したり、知名度を上げるためにいろいろと試行錯誤。単純に入ってくる仕事の量も増えるのですが、面白いのは、フォロワーが増えるにつれて1件あたりの単価が上がること。1万人を超えたあたりで、最高月収が100万円に。まさか、こんなことになるなんて(笑)」
 就職するために磨いたスキルで、今や一般のサラリーマン以上に。この先の展望は、どんなものなのだろうか。
 「実は、ずっと休学している大学に復学するつもりです。普通の大学4年生と同じように、就職活動に挑戦してみようと。企業に勤めることで得られる能力は、個人事業へのフィードバックもありそうだし。そのために、僕がいなくてもウェブ制作の仕事が回るようなシステムを構築しなくては! 新入社員なのに、会社を持っているなんて今っぽいし、カッコいいじゃないですか」

LEARN PROGRAMMING

今からプログラミングを
学ぶなら、コレ

マナブログ 【保存版】プログラミング基礎の完全ロードマップ【挫折しない教材】

「僕自身がプログラミングをマスターするまでに一番参考にしていたブログ。ウェブ上に散らばっている既存の教材がまとまっていて、とりあえずやってみるのにもってこい! 無料版で基礎を習得したら、有料版に挑戦してみよう」

『1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座』

「ウェブサイト制作における、定番のコードから旬のデザインの仕組みまでを完全網羅した1冊。書籍という媒体は、移動時間のお供にぴったり。プログラミングに本気で取り組むなら、持ち得るすべての時間を勉強に費やすべし!」

デイトラ by TOKYO FREELANCE

「ウェブ制作からウェブ開発まで、具体的なコース設定がわかりやすいオンラインスクール。費用は少々かかりますが(とはいえ破格)、濃厚なカリキュラムとメンターが在籍していて実践的。次に学ぶとすれば、ShopifyのEC構築です」

Illustrations:Shun Suzuki Composition & Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • [スキル無しから最高月収100万]文系大学生がウェブ制作をどうやってマスターしたか #食いっぱぐれないスキルとその磨き方

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼