▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【4選】超定番!本当にモテる白Tシャツの選び方と着こなし方

【4選】超定番!本当にモテる白Tシャツの選び方と着こなし方

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

女子からの圧倒的な支持率を集める白Tだけど、素材やシルエット選びに始まり、合わせ方もこだわらないと、ただの手抜きコーデになってしまうので注意が必要。そこでトレンドを程よく取り入れた女子ウケする白Tコーデを、女性誌でも男性誌でも活躍中のスタイリスト・高野麻子さんに教えてもらいました! 

1.ラフにベストを重ねる

ドロップショルダーのベストを重ねて、ラフだけど知的に。インに合わせる白Tは、肉厚なヘインズの“ビーフイー”くらいタフなカジュアルさがあるものを合わせるとバランスよくまとまる。トップスがやんちゃな分、夏らしいシアサッカー地&爽やかなストライプ柄のパンツを合わせて落ち着いた印象に仕上げよう。タックがたっぷり入ったボリューミーなシルエットも可愛げがあって女子ウケ必至。

Tシャツ¥1650/ヘインズブランズ ジャパン  カスタマーセンター[TEL:0120-456-042] ベスト¥26400/キャバン 代官山店[TEL:03-5489-5101] パンツ¥22000/トゥモローランド[TEL:0120-983-522] メガネ¥13200/JINS カスタマーサポートセンター ネックポーチ(トゥエンティー エイティー)¥8250/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] スリッパ¥31460/ムーンスター カスタマーセンター[TEL:0800-800-1792]

  


2.透け感のある
チェックシャツを羽織る

白Tとチェックのシャツの相性は根本的にはいいけれど、上手くチューニングしないとオタクっぽさが出てしまうので注意が必要。そこでオススメなのが、上質なツヤ感のある白Tと、透け感があって軽やか見えするチェックシャツの組み合わせ。トップスを品よくジャストめにまとめた分、ボトムはワイドなものを選んでバランスを調整するのも忘れずに。センタープレスやタックが入っているので、洗練されたカジュアルな雰囲気が手に入る!

Tシャツ¥14300/サンスペル 表参道店[TEL:03-3406-7377] シャツ¥37400/オーラリー[TEL:03-6427-7141] パンツ(アンバー)¥34000/スタジオ ファブワーク[TEL:03-6438-9575] 時計(ジーロ)¥26800・靴(ヨーク)¥27500 /HEMT PR[TEL:03-6721-0882]

  


3.シャレ感のある小物を取り入れる

ポケット付き&バックプリントの入った白Tとキレイめな印象のスラックスで作る、ベーシックなワンツーコーデ。小物で遊びを加えてもギラッとせずちょうどいい塩梅に仕上がる。ネックレスやバングルはソリッドなデザインを選び、太さの違うものをレイヤード。仕上げに天然素材の白いハットをラフに被って、肩肘張らない大人っぽいぬけ感も演出すれば完璧。

Tシャツ(ユニバーサルプロダクツ)¥8800・パンツ(ユニバーサルプロダクツ)¥33000/1LDK[TEL:03-3780-1645] 帽子¥51700/ステットソン ジャパン[TEL:03-5839-2098] チェーンネックレス(プリュイ)¥29700・ネックレス(プリュイ)¥27500/プリュイ トウキョウ[TEL:03-6450-5777] 太バングル(ノース ワークス)¥19800・細バングル(ノース ワークス)¥14850・リング(ノース ワークス)¥22000・靴(ヨーク)¥23100/HEMT PR[TEL:03-6721-0882]

  


4.キレイ色のシャツを羽織る

白Tの上からサラッと羽織るのにちょうどいいビッグシルエットの半袖シャツは、くすんだパステルグリーンで柔和なニュアンスを出すのが女子ウケへの近道。シャツを脱いだときでもサマになるよう、白Tも肩が落ちたオーバーサイズのものを選ぼう。肉厚すぎず薄すぎない生地感で適度に光沢があるものを選ぶことで、シャツとのテンションを揃えるのも忘れずに。Tシャツがゆったりしているので、前だけインしてもバランスよくキマるよ。

Tシャツ¥13200・パンツ¥42900/エイトン青山[TEL:03-6427-6335] シャツ¥24200/ディガウェル1[TEL:03-5722-3392] 靴(ザ ・ノース・フェイス)¥17930/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター[TEL:0120-307-560]

※価格は全て税込です

Photos:Takahiro Idenoshita Hair&Make-up:Yosuke Akizuki Stylist:Asako Takano Model:Rintaro Hinotsu Composition&Text:Misato Kikuchi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼