▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【必修!フレアパンツの基本】トレンドの系譜&最新着こなしポイントを徹底解説

【必修!フレアパンツの基本】トレンドの系譜&最新着こなしポイントを徹底解説

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

モードの世界でいち早く注目を集め、復活の兆しを見せていたフレアパンツがいよいよストリートに降臨! ある意味、近年のファッション傾向の真逆をいくだけに、はくだけでぐっと新鮮な気分が味わえるアイテム。そのヒストリーや古きよきカルチャー的背景もひもときながら、今買うべき1本を見つけたい。

リバイバル? それとも新たなトレンド!?
「フレアパンツ」を
始めるなら今だ!


LAD MUSICIAN

フレアパンツ ラッドミュージシャン
パンツ¥28,600・カーディガン¥37,400・シャツ¥24,200/ラッド ミュージシャン 原宿 スニーカー¥28,600/サロモン コールセンター

上品なフレアスラックスを、
ほどよくユルいムードで

ひざ下から裾にかけての美しいフレアシルエットがエレガントさを引き立て、かつ美脚効果をもたらすセンタープレス入りのウールスラックス。ラッド ミュージシャンらしい洗練された1本は、まさにフレアパンツを今の気分ではくのにジャスト。モヘアのアーガイルニットカーディガンで適度にリラックス感を持たせつつ、足もとをスポーティなスニーカーでハズして。


なぜ裾は広がった!?
まずはトレンドの系譜から知ろう。

1970s

1960〜70年代はミュージシャン、俳優、アスリートら当代きってのセレブリティたちもフレアパンツ=ベルボトムを日常的に愛用していた。

GEORGE BEST 1976

フレアパンツ 歴史

英マンチェスター・ユナイテッドで華々しい活躍を見せたサッカー界のレジェンド、ジョージ・ベスト(左)はオフピッチでの洒落(しゃれ)男ぶりも注目の的だった。

GEORGE HARRISON 1969

フレアパンツ 歴史

ヒッピー文化から影響を受けてサイケデリックサウンドに傾倒した同時代のザ・ビートルズ。ベルボトムをさっそうとはきこなすジョージ・ハリスンのスタイルはその象徴でもあった。


ROBERT DE NIRO 1975

フレアパンツ 歴史

映画『タクシードライバー』のスチールから、若き日のロバート・デ・ニーロ。ジャケット+ベルボトムのシックな合わせが今見てもみずみずしい。

THE ROLLING STONES 1975

フレアパンツ 歴史

ツアー移動中も隙のないベルボトムルックで決めていたザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー(右)とキース・リチャーズ(左)。まさに時代が生んだファッションアイコンだ。

2022

ストリートのトレンド傾向をいち早く感じ取ることができるのがファッションウイーク期間中のパリやミラノの街角。2022-23 A/Wファッションウイークでは、このようにコレクション会場周辺でフレアパンツをはきこなすファッションピープルがずらり。

SNAP ON THE STREET 2022

フレアパンツ 歴史

まるで70年代のベルボトムを彷彿(ほうふつ)させるフレアデニムを鮮やかなイエロートップスに合わせてキャッチーに着こなしている。

フレアパンツ 歴史

武骨になりがちなワークテイストのコーディネートを白ベースの配色とフレアパンツでクリーンにまとめた。


フレアパンツ 歴史

アディダスのベルベットのフレアトラックパンツをツイードジャケットに合わせ、スポーティでリラックス感がありながらもシックに。

フレアパンツ 歴史

ブルーのフレアデニムに白ニット(右)、黒のフレアスラックスに白ジャケット(左)と、ホワイトのトップスで上品にまとめるのもフレアパンツのコーディネートを古めかしく見せない秘けつ!?

フレアパンツの歴史を知れば、コーディネートが
より楽しく、スタイルに深みが増す

「流行は回るもの」。昔からよく言われているその格言(!?)を如実に体現しているのが近年の「フレアパンツ」の再登場。数年前からじわじわとパリやミラノのランウェイで目を引くようになっていたが、この秋冬は日本でも多くのブランドから展開されるなどトレンドが本格化しそうな勢いだ。

そんなフレアパンツの源流をたどると19世紀のアメリカ海軍の制服がもとになっていたり、1950年代にはロックンロールアイコンのエルビス・プレスリーのステージ衣装の定番だったことでも有名だが、初めてファッションアイテムとしてメジャーになったのは60年代後半から70年代にかけて。ヒッピー・ムーブメントの広がりとともに、その象徴である“体制へのアンチテーゼ”の証として当時「ベルボトム」と呼ばれた“裾広がりのパンツ”が世界中で大流行。写真のようにザ・ローリング・ストーンズをはじめ著名人たちもこぞって愛用したことから時代を象徴するベーシックボトムとなったわけだ(日本でも「パンタロン」と呼ばれて一大ブームに)。

その後80年代に入ってから一度影を潜めたフレアパンツだが、90年代後半〜2000年代前半に最初のリバイバルが起こる。70年代ファッションやボヘミアンスタイルの流行とともに、リーバイス®︎でいうところの646や517といったフレアデニムがストリートを席巻した。

そんな流れを経ての現在、である。70年代よりも裾の広がり具合は抑えられ、二十数年前の第一次リバイバルと比べても断然シルエットは今っぽい。加えてデニムやスラックスのみならずトラックパンツなどのイージー系もあったりバリエーションも実に豊富だ。それらをほんの少し、古きよき時代のエッセンスを自分なりに解釈しながらコーディネートしてみると着こなしにぐっと奥行きが出るはずだ。


狙うべきはまず“スラックス”から。
タイプ別はきこなし術

TOGA VIRILIS

フレアパンツ トーガ ビリリース
パンツ¥61,600・シャツ¥42,900・ベルト¥19,800(すべてトーガ ビリリース)/トーガ 原宿店 ジャケット¥90,200/アクネ ストゥディオズ アオヤマ パーカ¥29,700/ノア クラブハウス モックネックカットソー(アルテリア)¥26,400/イーライト 帽子¥14,300/キジマ タカユキ スニーカー¥12,100/アシックスジャパン お客様相談室

側章スラックスは
同系色のスニーカーでスポーティに

タキシードライクな側章付きネイビースラックスならフリースジャケットやパーカとのラフな合わせもぐっとモダンに。スニーカーのトーンをスラックスに合わせるのも着こなしを引き締めるコツ。

【POINT】

フレアパンツ トーガ ビリリース


Sasquatchfabrix.

サスクワァッチファブリックス フレアパンツ
パンツ(サスクワァッチファブリックス)¥36,300/ドワグラフ. ジャケット¥64,900/サウスツー ウエストエイト ポロシャツ(ジョン スメドレー)¥42,900/リーミルズ エージェンシー シャツ(エーアイイー)¥30,800/ネペンテス スカーフ(ヴィンセンツォ ミオッツァ)¥16,500/真下商事 靴(パラブーツ×ランド オブ トゥモロー)¥81,400/ランド オブ トゥモロー 丸の内店

ベルベットタイプは
茶系トーンでまとめて艶っぽさを抑える

艶やかなベルベットのフレアスラックスは、5ポケット型に茶系色も相まってコーデュロイパンツ感覚でカジュアルにいける。足もとはゴツめの革靴でやや武骨に。

【POINT】

サスクワァッチファブリックス フレアパンツ


CMMN SWDN

コモンスウェーデン フレアパンツ
パンツ¥57,200・シャツ¥60,500(ともにコモンスウェーデン)/ジェムプロジェクター ジャケット(トーガ ビリリース)¥97,900/トーガ 原宿店 ブルゾン¥50,600・ブーツ(オーラリー メイドバイ フットザコーチャー)¥86,900/オーラリー カットソー(08サーカス)¥15,400/08book

モードに攻めるならスリット入り。
武骨なアイテムでメリハリを

裾に施された深いスリットが、エレガントな中にもモードやパンクのエッセンスを漂わせているチェックのフレアスラックス。ベルテッドジャケットでクラシックにまとめつつ、ボリュームのあるアイボリーのブーツで足もとの存在感をより際立たせてもイイ。

【POINT】

コモンスウェーデン フレアパンツ


NEEDLES

ニードルズ フレアパンツ
パンツ(ニードルズ)¥23,100/ネペンテス コート¥96,800/ダイリク ニットベスト(フォーサムワン)¥29,700/エドストローム オフィス シャツ¥27,500/オーラリー バッジ[大]各¥51,700・[小]¥38,500(すべてバニー)/スープリームス インコーポレーテッド 靴(トーガ ビリリース)¥74,800/トーガ 原宿店

より大人っぽくいくなら
ブーツカットをジャストレングスで

広がりを抑えた適度なブーツカットに軽くて強度の高いポリエステルツイル生地。そんな昔ながらのアメリカのプレストパンツを思わせる1本をジャカード柄でよりシックに。ノークッションのジャストレングスが上品だ。

【POINT】

ニードルズ フレアパンツ


“デニム”こそフレアの王道。リジッドとウォッシュド、どっちでいく!?

(左)BASICKS
(右)Wrangler×F/CE.®

フレアパンツ
[左]デニムパンツ¥34,100/ベイシックス レザージャケット(ヨーク)¥132,000/エンケル ジャケット(ニードルズ)¥53,900/ネペンテス ラガーシャツ¥31,900/ノア クラブハウス ベルト(トーガ ビリリース)¥18,700/トーガ 原宿店 帽子(ストックホルム サーフボード クラブ)¥14,300/エドストローム オフィス 帽子につけたバッジ(バニー)¥47,300/スープリームス インコーポレーテッド マフラー¥21,450/アクネ ストゥディオズ アオヤマ スニーカー¥18,700/コンバースインフォメーションセンター[右]デニムパンツ(ラングラー×エフシーイー®)¥27,500/エフシーイーフラッグシップストアトウキョウ コート¥85,800/オーラリー ジャケット(フォーサムワン)¥79,200/エドストローム オフィス カーディガン¥42,900/キャバン 代官山店 タートルネックニット(ジョン スメドレー)¥39,600/リーミルズ エージェンシー 靴(レユッカス×ビームス F)¥140,800/ビームス F ソックス(パンセレラ)¥4,180/真下商事

[左]ウォッシュドはストリート気分でいきつつ
レザーで引き締めて

長くはき込んだような自然な色落ちがいい感じのブーツカットデニム。足もとはコンバースで90年代のストリートテイストを意識しつつ、レザーのハーフコートでシックにまとめたい。

[右]クラシックなリジッドデニムを
ジャケットスタイルで端正に

ラングラーの70年代の名作モデルがベースになったセンタープレス入りブーツカットデニム。チェックジャケット+ミリタリー調のコートで渋みのあるオトナなクラシックスタイルを楽しみたい。


“トラックパンツ”も、裾が広がるだけでイージーなのにエレガント

FORSOMEONE

フレアパンツ フォーサムワン
パンツ¥24,200・トラックジャケット¥27,500・タイ付きシャツ¥35,200(すべてフォーサムワン)/エドストローム オフィス カーディガン(コグノーメン)¥72,600・ジャケット(アタッチメント)¥38,500/サカス ピーアール 靴(ニードルズ×トロエントープ)¥31,900/ネペンテス

ユルいけどきれいめにはける
レトロトラックパンツ

70年代の海軍トレーニングパンツがもとになったサイドライン入りのレトロなトラックパンツ。ほどよいフレアシルエットとセンタープレスがスエードシューズとの相性を高め、スポーティながらエレガントに着こなせる。


Photos:Tomoaki Shimoyama Hair:KANADA[LAKE TAJO] Stylist:Hiroki Sato Models:Eriya Rintaro Mizusawa[Both are MEN’S NON-NO models] Composition & Text:Kai Tokuhara

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 着こなし術
  • 【必修!フレアパンツの基本】トレンドの系譜&最新着こなしポイントを徹底解説

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-cxense-recommend ( trigs ) ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼