▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【水沢林太郎・鈴木仁】シミラーな二人の「強ファッションのすすめ」 #MEN’S NON-NO MODEL 2021

【水沢林太郎・鈴木仁】シミラーな二人の「強ファッションのすすめ」 #MEN’S NON-NO MODEL 2021

▼ WPの本文 ▼

マイペースで自由な二人は服選びも似ていた。それぞれのキャラクターとムードを生かしたファッション特集をお届け!

左:水沢林太郎 右:鈴木仁 

[右/鈴木]リネン素材のロングベストはスーパーロングな丈感で一風変わった印象。さらにワイドパンツを合わせると存在感強めのスタイルに。

ベスト(ヘドメイナー)¥143,000/ニド・アドゥ シャツ¥52,800/プロダクトオールモストブラック 中に着たタンクトップ¥9,900・パンツ¥28,600/ラッド ミュージシャン 原宿 サンダル(ディミッシアーノ アンド ミラー)¥55,000/シップス 渋谷店

[左/水沢]相棒とそっくりなフォルムだけど、林太郎はよりモードで構築的な印象に。真っ白いジャンプスーツの上に、オールモストブラックのハリ感あるコットンギャバジンのロングベストを重ね、強めのモノトーンスタイルに仕上げた。

ベスト¥63,800/オールモストブラック ジャンプスーツ(マイビューティフルランドレット)¥42,900/ダブリューアンドエム サンダル¥52,800/トリッペン原宿店

 


[右/水沢]ミドル丈のジャンプスーツで表現する卵のような丸みのあるフォルムが楽しい。内側のストラップで肩に背負ったブルゾンをギミックに、足もとはタフなワークブーツを合わせて。

ジャンプスーツ(シックスティーナイン)¥62,700/スクール 背負っているブルゾン(アイム メン)¥132,000/ISSEY MIYAKE INC. ブーツ(ウェインブレナー)¥52,800/ビームス プラス 原宿

[左/鈴木]とろみ素材のジャンプスーツは、モードな印象とジェンダーレスなムードをあわせ持つのが特徴。中途半端な丈の面白さは、インナーの長袖と、ブーツ&ソックスをきかせるのがポイント。

ジャンプスーツ(ショーン ニッシュ)¥57,200・プルオーバー(ニューアイ)¥61,600/スクール ブーツ¥74,800/ヨウジヤマモト プレスルーム ソックス[3足セット]¥2,750/ダメージドーン 2nd

 


[上/鈴木]シャツ、ストール、バッグと民族調の柄モノを過剰にレイヤード。ここまで振り切れるならファッションとしてもアリだ。

ストール¥15,400・プルオーバー¥24,200(ともにミイ)・ポーチ(メゾン・エヌ・アッシュ・パリ)¥9,900/インターナショナルギャラリー ビームス パンツ(タリ クシュニール)¥59,400/シップス 渋谷店 バッグ(コモン スウェーデン)¥31,900/ジェムプロジェクター

[下/水沢]ホームレス テイラーのセットアップは、下がラップスカートという異色アイテム。中にチャイハネの織り柄のタイパンツ、足もとはジャマイカントレーナーで、とことんエスニックに。

ベスト¥38,500・パンツ¥31,900(ともにホームレス テイラー)/オーバーリバー ユーズドのカットソー¥5,280/スクール 中にはいたパンツ(チャイハネ)¥2,970/アミナコレクション 靴¥11,000/ヘミスフィアストア

 

[上/水沢]クセのあるパワフルなデザインを気に入ってヨウジを選ぶことが多いという林太郎。このニットベストもブラックの生地に鮮やかなフラワーモチーフが映えてインパクト大。インナーにハイネックシャツを入れたジェンダーレスな雰囲気のレイヤードにも注目。

ベスト¥33,000/ヨウジヤマモト プレスルーム シャツ¥28,600/ラッド ミュージシャン 原宿 パンツ(フーワット)¥41,800/スクール

[下/鈴木]ロング丈のシャツはフロント左面のみに大きなプリントが施され、どこか不思議なバランスが特徴。デザインが強い分、インナーにはフーワットのピンクのシャツを着て優しいムードも加味した。日本のデザイナーズブランドをかけ合わせた我が道を行くスタイリング。

シャツ¥178,200/ヨウジヤマモト プレスルーム 中に着たシャツ(フーワット)¥38,500/スクール

 


マイペースな自由人の二人は
服の選び方も似ている!

 林太郎と最近結構しゃべるよね。
昔から会うたび似てるな〜と思ってて。
林太郎 えっ、誰にですか…!?
 いや、だから俺と林太郎ね(笑)。お互い人見知りで口数少ないし。俺は変わった素材やシルエットの服が好きで、林太郎も強めの柄を着たりトレンドに関係なく服を選んでいるのが、共通点かなと。
林太郎 確かに。言われてみると似てるかも。そういえばモデルを始めた年齢も同じくらいですよね。
 俺ら編集部でも「ちょっとこじらせてる?」って言われてるみたいだよ。
林太郎 いや、こじらせてはいない(笑)。でも周りに合わせて服を選んだりしないから、変わって映るんですかね?
 俺はタクタクや、最近だとヨーコ サカモトが好きだけどニッチと言われたりする。王道が嫌いなわけじゃないけど、流行の服って感覚的にどこか自分らしくなくて…。ブランドの名前や格にもこだわりはないし基本的にモノしか見てないんだけど、結果的に偏る感じかな。
林太郎 わかりすぎます。僕は単に服の造形美が好きで。着てみた形や風が吹いたときのシルエットが美しいものを選ぶとたまたまヨウジヤマモトやラッド ミュージシャンが多かった。とはいえブランドにこだわらないのも鈴木さんと一緒で。道端で売ってるタイパンツを買うことも(笑)。今日のエスニックなスタイリングのチャイハネのパンツも好きでした。
 あー、似合ってたね。俺もネットショッピングは一切しなくてお店でしか買わないから、服を見てひと目ぼれする感覚もわかるよ。今日の撮影では最初に着たロングベストがかなり気に入った。
林太郎 あれ、鈴木さんっぽいな〜と思いながら見てました。
 洋服の話ばかりしちゃったけど、林太郎は休日は何してるの?
林太郎 ぼけ〜っとしてますかね…。家でひとりでギター弾くか、本読むとか。
 おお。想像どおりマイペースだ(笑)。

 

鈴木 仁

1999/07/22生まれ
東京都出身
今やすっかり後輩も増えた仁だが、マイペースさは変わらず。私服選びも「トレンドは気にしない。自分でお店行って、実物を見て、感覚的に気に入ったものだけ買います」とマイウェイ。今愛用してるブランドはタクタクやヨーコ サカモトなど。

水沢林太郎

2003/02/05生まれ
埼玉県出身
まだ高校生なのにいつも冷静で物静か。趣味は読書とギター、おひとりさまが気楽なのかな。そんな林太郎の私服の好みはいつも攻めてる! 「ヨウジやラッドの大胆なシルエットやサイジングが大好き! ファッションは人とかぶりたくない!」

※価格は全て税込です。

Photos:Sodai Yokoyama Hair&Make-up:Katsuyoshi Kojima[TRON] Stylist:Masashi Sho Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼