▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

実録!俺たちの貧乏奮闘記[魔法のとんかつソース、救世主! バイト先のおばちゃん…etc]

実録!俺たちの貧乏奮闘記[魔法のとんかつソース、救世主! バイト先のおばちゃん…etc]

▼ WPの本文 ▼

金がなくても、毎日ハッピー!

俺たちの貧乏クエスト!

誰も知らない戦場で、日々「金がねぇ」に立ち向かう、現代のツワモノたち! その語られざる奮闘の記録をここに。貧乏上等の気概で今をサバイブする、若きエネルギーの成果を、刮目(かつもく)せよ!

給料日前に食費が
底をついても問題ない。
俺には小麦粉と水道がある!

(18歳・学生)

「給料日直前の僕に、食事を選ぶ権利はない。主な献立は、小麦粉と水をこねて焼き上げた、食べられる“何か”です」。ポジティブに考えれば、自炊で節約している堅実男子。古代の人のご飯はこんなだったのかも。

 

魔法のとんかつソース
どんな食材もごちそうに

(21歳・モデル)

「もやしにかけて炒めるもよし、パンにかけてトーストしてもよし、ご飯に薄くかけるもよし、といった具合で、たいていのモノをおいしく仕上げてくれる魔法のソース。だけど一番の理想は、とんかつにかけて食べること……」

 


電気? 文明の利器には頼らねえ、
ろうそくでムーディに暮らす!

(21歳・フリーター)

「引っ越し先の部屋にライトがないことで始まった、ろうそくライフ。すぐに照明を買うつもりだったんですけど、意外とろうそくが快適で、気づけば半年。“ロマンチックな俺”ときめ込んでこのまま暮らしてやります」。火事には気をつけて。

 

「わかめ×ポン酢」
最強のコスパ飯

(21歳・学生)

「歯応えのあるものを食べるのが腹持ちの極意。業務用スーパーで買った大量の乾燥わかめをお湯でもどして、ポン酢をかければ夕食が完成!」。空腹をごまかせる、時短かつ節約、ミネラルや食物繊維も豊富な無敵メニュー!?

 

行きつけのスーパーで獲得した称号、
その名も“もやし”!

(21歳・学生)


「貧乏学生の味方、もやし。生活必需品なので、スーパーで毎回大量購入。最近はカゴにもやしが入っていないと、レジの人から『今日はいいの?』と心配される始末で。陰では“もやし”と呼ばれていることでしょう……」

 

救世主!
バイト先のおばちゃん

(20歳・学生)

「バイト代のほぼすべてを洋服につぎ込み、みるみる痩せていく僕を見兼ねたバイト先のおばちゃんから大量の食料支援が。ありがたすぎる!」。優しい人に甘えるのも、ときにはGOOD。周りの心配が現実にならないよう、健康が第一。

 

ひき肉には消費期限がないことに、
俺が決めた

(19歳・学生)

「コストコ会員の友達につき添い、格安ひき肉をストック買い。小分けにして冷凍すれば、消費期限は永遠(自己責任!)。財布がピンチのときは家に引きこもり、ご飯にのせた焼きひき肉をむさぼるのが清貧ルーティンです」

 

財布を落とした!
しかしダメージはなかった

(21歳・専門学校生)


「競馬には負け、電気が止まり、家賃も滞納。こうやって悪いことは重なる(完全に身から出たサビ)。極めつきが財布の紛失でした。でも大丈夫、一切の現金が入っていない財布に、もはや未練はなし」。新しい財布と一緒に、運と節度が舞い込むことをただ祈る!

 

空腹を満たすための2リットルの水。
肌がツルツルに

(22歳・学生)

「お腹がすいたら水を飲む、という古典的な方法で空腹をしのいでいたときのこと。ふと鏡を見ると、そこには自分史上最高のツヤ肌が!」。全身の不純物が取り除かれ、意図せずデトックスが完了。水中毒には気をつけよう。

 

クレカ=クレイジーカード。
バキバキに折って貧困脱出

(21歳・学生)


「貧乏の原因はクレジットカードにあり。服に課金しまくる友達と集まり、持ち寄ったクレカを粉々にする儀式を敢行。金はある分だけ使う、当たり前のことに気がついた瞬間でした」。あるだけ全部使う、も危険だぞ。

 

断食は、3日までなら可能。
人は簡単に死なない

(21歳・学生)

「服を買いすぎてお金がないときは、“食べない”作戦で食費削減。経験則ですが、断食は3日までならなんとかなる。お給料が入って吉野家で食べた牛丼は、脳がとろけるほど」。“経験則”も信頼しすぎは禁物。健康あってのおしゃれです!

 

GAME OVER…
▶︎ 度がすぎた、アウトな貧乏体験もある。

リセット不可な場合も多数。
ブラックリストには入るな!

(24歳・会社員)

「学生時代に携帯電話代金を長期滞納したことが原因でブラックリスト入り。クレカも作れず、ローンの契約もできません。今住んでいる自宅も、彼女に契約を頼み込んだというありさま」。滞納しすぎは、くれぐれも要注意。


友達からお金を借りると、
パーティ脱退になることも…!

(22歳・学生)

「友達に貸した5万円。借りていった彼は返済から逃げるように、どんどん疎遠に。僕もピンチのときは頼みたくなってしまうけど、仲がいいからこそ、友達同士で金銭の貸し借りはダメ! 友情はお金に代えられません」

 

Illustrations:Iejun Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼