▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

実録!俺たちの貧乏奮闘記[治験、コンビニWi-Fi、デートは20㎞散歩…etc]

実録!俺たちの貧乏奮闘記[治験、コンビニWi-Fi、デートは20㎞散歩…etc]

▼ WPの本文 ▼

金がなくても、毎日ハッピー!

俺たちの貧乏クエスト!

誰も知らない戦場で、日々「金がねぇ」に立ち向かう、現代のツワモノたち! その語られざる奮闘の記録をここに。貧乏上等の気概で今をサバイブする、若きエネルギーの成果を、刮目せよ!

服を買うために食費を削減。
1日1食の体を手に入れた!

(19歳・学生)

「バイト代から生活費を引くと手もとに残るのは1万円ほど。服を買うお金を確保するために、食事を制限。心なしか空腹時は頭も冴(さ)える気が」。自身の燃費を向上させる合理的(?)な荒業。栄養失調には注意しよう!

 

「キミと一緒ならどこだって天国」。
だからデートは毎回、20㎞の散歩

(23歳・フリーター)

「万年金欠の僕にできた彼女。お金をかけないデートをめざして散歩するようになったんですけど、その距離は少しずつ延びて、今では往復20㎞に」。お金がなくとも愛はある。歩くだけのデートを楽しんでくれる彼女の存在は、もはや女神!

 


家賃が払えない?
レアアイテムを売れ!

(21歳・会社員)

「クレカの支払額が膨大で家賃が振り込めないときには、お金になりそうなモノを家中からかき集めて、街の換金所へダッシュ!」。フリマアプリならもう少し高く売れるけれど、一刻の猶予もなく現金が欲しいときもある!?

 

料金払えなくてスマホが止まった…
けど、余裕。だってWi-Fiは、
コンビニにあるじゃないか!

(21歳・学生)

「口座の残高不足で突如断たれてしまったスマホの電波。そんなときは、コンビニで10円ガムを買ってWi-Fiを拝借。ライフラインともいえるスマホを簡易蘇生」。電波を借りるからには、しっかり商品も購入。貧乏にも仁義あり。

 

お金はなくとも時間はある。
“治験”ダンジョンに突入

(23歳・フリーター)


「コロナ禍でバイト先がつぶれ無職に。そんなときスマホで見つけたのが治験募集の広告。2週間の入院生活で謝礼20万円。生活基盤を立て直すことができました」。危険を冒して健康を臨時収入に変えるパワープレー!

 

美容院代を節約…
“セルフカットの達人”
の称号をゲット!

(22歳・学生)

「極貧のときはサロン代を節約するために、YouTubeの動画を観ながらセルフカット。格安で購入したカットバサミとバリカンさえあれば、とりあえずは何とかなります!」。スマホ代さえ払っていれば手に入る、ネットの無料知識をフル活用。

 

家賃が払えず自宅を解約。
友情パワーで
ルームシェア編がスタート!

(21歳・学生)

「コロナ禍でアルバイトがゼロに。ひとり暮らしの部屋を追い出され、途方に暮れていた僕を救ってくれたのは友達。1か月のつもりで始めたルームシェアは意外と快適で、もう半年に(笑)」。災難時、持つべきものは、お金より心の優しい友人だ。

 


「会計はまかせろ」が決めゼリフ。
クレカの錬金術師

(20歳・学生)

「お金がないときこそ、積極的に飲み会に参戦。会計のときに友達から現金を徴収して、支払いは僕のカードを発動! こうすればあら不思議、“一時”キャッシュが手に入ります」。いつかは、このループから抜け出せますように……。

 

ひもじいときは
先輩の背中について、どこまでも!

(23歳・会社員)

「給料日前は先輩のオトモ“後輩キャラ”に変身。稼ぎまくっている大先輩に連れられて高級店でごちそうになることも」。かわいがられる性格を生かすのも手。いつかはたくましく、自分の後輩にごちそうできる日が、くるはずだ!

 


飲み会での職業は“幹事”一択。
役得でタダ酒

(22歳・学生)

「夜の集いは主催者サイドに回るべし。ネット予約サイトの幹事特典を駆使し、自分の飲み代をゼロへ。さらにポイントもたまります」。オイシイ役回りを味わうからには、参加者を楽しませる場づくりに気を配ろう!

 

持ち前のスキルを披露して
今日の飲み代をゲット

(21歳・フリーター)

「公園などでスケボーをしていると、仕事帰りのサラリーマンからおひねりをもらえることが。派手なトリックは盛り上がるのでいい稼ぎに」。特技をエンタメに昇華できれば、趣味も立派な生きる術(すべ)。

 


右スワイプで
おごってくれる女の子を召喚

(21歳・学生)

「預金残高はゼロでも、マッチングアプリのマッチ率には自信アリ。特技の高速右スワイプを駆使して、今夜ごちそうしてくれる、優しい女の子を捕まえます」。お金がなくとも、エスコートする気持ち“だけ”は忘れないように。悪用は厳禁!

 

光熱費の支払いは、
止まってからがデフォルト!

(18歳・学生)

「計画的にと思っているけど、毎月ためがちな光熱費。忘れちゃうんですよね。電気が、ガスが、つかなくなったら、が僕の支払いの目安(笑)」。引き落としのほうが実際は少しお得。わかっていても、できないこともある!

Illustrations:Iejun Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼