▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

日向坂46・小坂菜緒がキュート&クールに着こなす!  #きみのぼくの夏小物。 

日向坂46・小坂菜緒がキュート&クールに着こなす! #きみのぼくの夏小物。 

▼ WPの本文 ▼

アイドル、モデル、そして女優。いろいろな表情を持つ小坂菜緒が夏服に映える爽やかな小物使いに挑戦!愛嬌を添えるキュートな着こなしから男子もシェアしたいクールなアレンジまでこの夏を最高に楽しむヒントを見つけよう!

Nao kosaka
2002年9月7日生まれ、大阪府出身。アイドルグループ、日向坂46のメンバー。18年より雑誌『Seventeen』の専属モデルとしても活躍。5月26日に5thシングル『君しか勝たん』をリリースする。また、6月29日には自身初めてとなるソロ写真集が発売される。

クリアなイヤリングが
涼しさを運んでくるね

「イヤリングはその日の格好に、もうひとつこなれ感を足したいときに取り入れています。表情がぐっと華やかになって、気分もウキウキしちゃう。白シャツを使ったクリーンな着こなしには、ガラスとシルバーといったクリアな色をあしらったイヤリングを選んで、涼しげな雰囲気を出してみました」。アイテムの素材を替えながら奥行きのある白の世界をつくることで、透明感のあるヘルシーな印象が生まれた。

イヤリング¥20,350/セシル・エ・ジャンヌ ジャケット¥52,800/フィーニー Tシャツ¥13,200/ステューシージャパン

  

カラーサングラスとリングで
オトナかわいい印象に!

「去年から気になってたカラーサングラス! イエローは夏っぽいし、肌の色になじむからかけやすい。シルバーリングと合わせて、カットソーとジーンズのカジュアルを大人に」。

サングラス¥34,100/モスコット トウキョウ リング(オール ブルース)¥30,800/エドストローム オフィス カットソー(オーシバル)¥10,450/ビショップ ジーンズ(リーバイス®)¥13,200/リーバイ・ストラウス ジャパン ベルト(リノ)¥13,200/グッドスタンディング ソックス(パンセレラ)¥2,860/真下商事 靴¥22,000/ムーンスター カスタマーセンター

 


夏らしい配色に使える
イエローキャップって便利なんです

「キャップ、すごく好きです! かわいく上品なコーディネートをしつつ、ちょっとハズして抜け感を足したいな〜というときによくかぶってます。淡いイエローならちょっぴり彩りを入れるのに最適。水色や白といったいわゆる春夏らしい色味と相性がいいですね。これは新しい発見でした!」。

大人顔のストライプのワンピースをメインにしたプレーンな着こなしに、レモンカラーのキャップを差してはつらつとしたムードに仕上げた。

キャップ¥5,830/ダントントウキョウ ワンピース(ジムフレックス ワンナインゼロシックス)¥21,780/ビショップ

 


品のいいパールも
ランダムな形なら気軽につけられちゃう

「トレンドのパールネックレスはかっちりした服に合わせるイメージだったけど、不ぞろいのパールを集めたデザインならラフな格好にも合う。ポロシャツの衿の下に忍ばせて、ワンポイントとしてチラッと見せるとかわいらしい!」。

衿にラインの入ったスポーティなディテールにもフィット。さらに、ゴールドのブレスレットと一緒につけてよりエレガントにシフトしてメリハリをきかせた。

ネックレス(ソーイ)¥82,500/M.I.U. ブレスレット(オール ブルース)¥45,100/エドストローム オフィス ポロシャツ¥15,400/ラコステお客様センター

 

ストローハットとネックレスで
上品な雰囲気をつくって!

「ストローハットってやっぱりかわいい。ワンピースやTシャツに合わせることで、より爽やかな雰囲気をつくることができます。帽子とイヤリングをよく組み合わせるけど、ネックレスは新鮮。顔まわりにシルバーのアクセを入れるだけで、しっとりと上品なスタイリングになりますね!」。

ハット¥22,000/キジマ タカユキ ネックレス(オール ブルース)¥51,700/エドストローム オフィス ワンピース¥15,950/ステューシージャパン ニット(ジョン スメドレー)¥28,600/リーミルズ エージェンシー 靴(ビューティフル・シューズ)¥31,900/ギャラリー・オブ・オーセンティック

  

INTERVIEW

かわいい着こなしを見るのもうれしいし、自分もきっとマネしたくなる。そんな、「きみ」と「ぼく」が一緒に楽しめる小物たち。それぞれを身につけ、クリーンな装いを披露してくれたのは、アイドルグループ、日向坂46のセンターを務め、モデルとしても人気を集める小坂菜緒。「ひとつあるだけでこなれ感たっぷり。どれもスタイルを華やかに引き立ててくれますね」と笑顔になる。つねにまぶしいほどの活躍を見せる彼女の言葉を聞いて、小坂の最新作『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』の一場面を思い出した。

「この作品で、1998年の長野オリンピックでスキージャンプ団体が獲得した逆転金メダルを陰で支えたテストジャンパーのひとりを演じました。自分が生まれる前のことですが、このような感動の物語を、時を経て知り、実感できたことはすごく幸せでした」
 
本作で小坂は、裏方としてでも長野オリンピックに参加したいという熱い思いを持った実在の選手、葛西賀子をモデルにした女子高校生ジャンパー、小林賀子役を務める。「役どころも競技も、初めてのことばかりで不安でしたが、撮影が始まったらずっと楽しくて」と当時の様子を振り返る。

「実在の方を演じるために、脚本を読み込んで人物像をつくっていきました。それから現場に入って1、2週間たった頃に、実際に吉泉(旧姓・葛西)さんとお会いして、当時の心境を直接伺ったことで、自分が考えていた賀子の感情を違う方向に修正しました。猛吹雪の中で危険なテストジャンプをするかどうかという選択は、17歳の賀子にとって怖いと思っていたんです。だけど、ご本人から『逆に若かったからこそ、思い切ることができた』とお聞きしてから、心の奥底に『自分ならいけるぞ』という強い思いを持った女の子を演じようと意識しました」

随所で自身の情熱を見せる賀子に、小坂自身が少し似ているという。

「自分がこの場面にいたら、そう思うなという言動が多かったので、共演者のお芝居を賀子として受け止めつつ、自分の気持ちを自然に合わせられました。感情をセリフにのせて思いっ切り出すところはすごく楽しかったです」

自分自身の個性を出しながら、物語に深みを与える。女優、小坂菜緒はますます気になる存在になっていく。

『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』
スキージャンプの日本代表を落選した西方仁也(田中圭)は、テストジャンパーとして長野オリンピックへの参加を依頼され、裏方に甘んじる。団体戦で成績が振るわない中、猛吹雪で中断。競技再開と日本のメダル獲得のゆくえは、テストジャンパー25人全員の成功に託された。
監督:飯塚 健 出演:田中 圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒
●全国公開中

※価格は全て税別です。

Photos:Tetsuo Kashiwada Hair&Make-up:Conomi Kitahara[KiKi] Stylist:Kodai Suehiro Interview&Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 着こなし術
  • 日向坂46・小坂菜緒がキュート&クールに着こなす! #きみのぼくの夏小物。 

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼