▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

スニーカーに匹敵する! フット・ザ・コーチャーの履き回しスタイル3選

スニーカーに匹敵する! フット・ザ・コーチャーの履き回しスタイル3選

▼ WPの本文 ▼

堅苦しい"いろは"も不要になってきた、今が革靴の始めどき!
今回は「フット・ザ・コーチャー」の履き回し方を3スタイル紹介する。

  

foot the coacher

圧倒的なボリューム感で、
いつだって足もとが主役!

足もとにボリュームを出す、昨今のトレンドはまだまだ続きそう。そこで頼りになるのが、フット・ザ・コーチャー。デビュー当時から変わらない分厚いラバーソールは、ブランドに脈々と息づくパンクテイストの証。従来よりすっきりとした木型を採用したUチップシューズでも、この存在感。個性派と思われがちだが、実はどんな太さのパンツにもなじむ万能さを備えている。

  

Style01

春らしい涼やかなホワイトコーデを引き締める、黒の革靴。それが、ボリューム靴になっただけで、グッと旬度がアップする。

靴(フット・ザ・コーチャー)¥59,400/ギャラリー・オブ・オーセンティック/ジャケット(アンユーズド)¥48,400・パンツ(イズネス)¥20,900/アルファ PR シャツ(ヨーク)¥30,800/スタジオ ファブワーク Tシャツ(フレッシュサービス)¥10,120/フレッシュサービス ヘッドクオーターズ

  

Style02

ワークベストに太いミリタリーパンツを合わせて、足もとまでラギッドなブーツだとさすがに野暮ったい。ハズしに取り入れたラバーソールがモダンなエッセンス。

靴(フット・ザ・コーチャー)¥59,400/ギャラリー・オブ・オーセンティック/ベスト¥48,400・パンツ¥33,000(ともにN.ハリウッド TPES)/ミスターハリウッド シャツ(イズネス)¥30,800/アルファ PR カットソー(ヨーク)¥17,600/スタジオ ファブワーク

  


Style03

厚底のラバーソールに加え、パープル×ネイビーのストライプシャツでパンキッシュなムードを上下にちりばめた。

靴(フット・ザ・コーチャー)¥59,400/ギャラリー・オブ・オーセンティック/シャツジャケット¥42,900・ニット¥20,900(ともにニードルズ)/ネペンテス パンツ¥29,700/フォーサムワン フラッグシップ ストア

  

Photos:Arata Suzuki[go relax E more] Hair & Make-up:Yosuke Akizuki Stylist:Takeshi Toyoshima Models:Yudai Toyoda[Both are MEN’S NON-NO models] Composition & Text:Keiichiro Miyata

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼