▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

彼女からいいね!と言われる。男女共感ファッションの作り方

彼女からいいね!と言われる。男女共感ファッションの作り方

▼ WPの本文 ▼

ジェンダーにかかわらずシェアできるトレンドが、今どんどん増えている。もちろん、自分にとっておしゃれ、が一番重要。だけど、誰かから"それいいね"って理解してもらえると、やっぱりうれしい。それが性別を超えて理解されたのなら、気分は最高。

僕と、キミと、彼女と。共感し合えるファッションが、みんなの距離を縮めてくれる。

あの子も理解してくれる、
フレアパンツの流行に
いち早く乗っかってみる
━━━

レディースでヒットしたアイテムが、メンズにも波及してくるのが当たり前になってきた。なかでもフレアパンツは、この春注目のレトロな着こなしにぴったり。男同士で"それ、おしゃれだね"って言い合うところからさらに広がって、みんなからの"いいね"がもらえるって、最強のコスパなファッションともいえる。

パンツ(イズネス)¥23,100/アルファ PR ベスト(トゥモローランド トリコ)¥30,800/トゥモローランド Tシャツ(ハイク)¥14,300/ボウルズ 靴(トーガ ビリリース)¥55,000/トーガ 原宿店 ソックス/スタイリスト私物

誰の目にも今っぽいベージュで
ワンカラーのスタイルを
自己満以上のおしゃれに昇華
━━━

"これは男性の服""あれは女子のトレンド"と、分けて考えていたのは昔の話! 今は一緒に取り入れたい流行がめじろ押し。例えば旬色のベージュは、男女問わずに大人気。異性の視点に立ったときにも、"自分に近い"コーデは親近感が持てるというもの。全身をひとつの色合いでまとめる、少し上級なスタイリングだって、ニュアンスのあるベージュならしゃれ感と安心感を両立できる。

シャツ¥37,400/オーラリー パンツ¥42,900/ビューティフルピープル 渋谷パルコ 靴¥25,300/クラークスジャパン ソックス/スタイリスト私物


女子から見ると親近感、
同性目線だと新鮮、を
1本でかなえるニットボトムが
春の相棒
━━━

女の子の間ではすっかり定着しているニットボトムが、僕らにとっては目新しい。ハイゲージニットの上品でしなやかな質感は、ハリのあるシャツのようなトップスに、さりげなくメリハリをプラスしてくれる。

パンツ¥48,400/オーラリー シャツ¥45,100/アクネ ストゥディオズ アオヤマ タンクトップ(ハイク)¥8,250/ボウルズ ネックレス¥51,700・リング¥41,800(ともにオール ブルース)/エドストローム オフィス ネックポーチ¥28,600/A.P.C. CUSTOMER SERVICE サンダル¥15,400/ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサポート

レトロなカラーパンツは
ジェンダーを超えた大ブーム
主張のある色が、
ふたりの気分までリンクさせる
━━━

今シーズン大豊作なカラーパンツは、メンズだけのトレンドじゃない。ボトムでレトロな色を投入したいのは、みんなに共通の気分。どこか懐かしさのあるブルーやグリーン、ピンク、イエロー。この春は臆せずに色のパンツを取り入れたい。スタイリングの核になる強い色は、ワードローブのカンフル剤としてはもちろん、あの子の気持ちに寄り添ったファッションにも効果的。

パンツ(ニードルズ)¥17,600/ネペンテス ポロシャツ¥18,700/フレッドペリーショップ東京 スニーカー¥33,000/メゾン ミハラヤスヒロ


“男っぽく”の枠組みを
取っ払ってみると、
もっと自由なスタイリングに出会える
━━━

"この服は男らしい"みたいなカテゴリー分けをやめてみると、コーデの可能性がぐっと広がるという利点もある。武骨な面持ちのジャンプスーツにも、華やかなスカーフをONしてみたり、細いシルバーのバングルを合わせてみたり。小面積だけど効果は絶大。"武骨"一辺倒ではない、奥行きのある表情豊かなスタイルが実現する。

スカーフ(トーガ ビリリース)¥9,900/トーガ 原宿店 ジャンプスーツ(ニューターム)¥82,500/ホワイト ロッジ 中に着たTシャツ¥11,000/エンジニアド ガーメンツ バングル[右]¥38,500・[左]¥62,700(ともにオール ブルース)/エドストローム オフィス リング¥19,800/ドレスドアンドレスド 

透ける服でもらう、
あの子からの“いいね”。
NOTタフなアプローチのほうが、
ずっと今っぽくて自然体
━━━

ボーダーとスウェットショーツというヘルシーなコンビに、シアーなシャツが繊細なムードを足し算。ほのかな透け感のレイヤードは、女性の目にもおしゃれに映る。ギラッとした色気や"男らしさ"を頑張って主張してモテを狙わなくてもいい。僕ら自身も違和感なく楽しめるファッションが、自然に好感度を上げてくれる。

シャツ¥25,300/フィル ザ ビル マーカンタイル ロンT¥19,800・ショーツ¥20,900(ともにアンスクリア)/アマン 

Photos:Takemi Yabuki[W] Hair & Make-up:Katsuyoshi Kojima [TRON management] Stylist:Yoshiaki Komatsu Models:Shota Inoue <br>Yudai Toyoda[Both are MEN’S NON-NO models] Marianna Seki

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • 彼女からいいね!と言われる。男女共感ファッションの作り方

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼