▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【愛用私物6選】人気セレクトショップのスタッフがリコメンドする、スタンダードな逸品 vol.1

【愛用私物6選】人気セレクトショップのスタッフがリコメンドする、スタンダードな逸品 vol.1

▼ WPの本文 ▼

本誌でもお馴染みの人気セレクトショップのスタッフたちは、その確かなセンスと卓越した審美眼を持つ、言うならばファッションにおけるスペシャリスト。そんな彼らが自身の定番として愛用する、スタンダードな逸品をご紹介する本企画。各スタッフが抱く思い入れとともにお届けします。

人気セレクトショップスタッフの私物①
REPRODUCTION OF FOUND×SHIPS
ジャーマントレーナー

『僕にとって普遍的なスニーカーでもあるジャーマントレーナー。なかでもヴィンテージライクな半透明のソールに変更しているこの別注アイテムは、モダンな印象を与えてくれて、新定番と呼ぶにふさわしい一足です。ライニングもソックスへ革の着色が気にならないようオールホワイトに変更していたり、こだわりのポイントも満載。これまではセットアップに合わせることが多かったのですが、今ならニットパンツやスウェットパンツなどでコーディネイトするのも良さそうですよね。エスプリの効いた着こなしで魅せるのもトレンドライクだと思います』

SHIPS メンズ
カジュアルバイヤー
瀬谷俊法さん


1994年生まれ、茨城県出身。2013年に18歳でSHIPS 原宿店にアルバイトで入社し、2018年に現職に配属。SHIPSにおける様々な別注企画やバイイングを担当。趣味は植物を育てることで、最近は外出する時間が減ったとこもあり、関心のあるタイポグラフィや好きなフォトグラファーの写真集、デザインの画集などを収集しているそう。

  


人気セレクトショップスタッフの私物②
VAPORIZE
ストライプジャケット

『このテーラードジャケットは、肩肘張らない柔和なシルエットと仕立てに対して、クラシックなストライプの塩梅が気に入っています。ポリエステルレーヨンの春らしい素材で、ダブルの仕様でありながらも軽やかなに着用できる身幅と少しリラックスしたサイズ感が特徴で、ちょっとだけカチっとした印象の着こなしをしたい時や、クリーンな装いをする際に取り入れたいです。インナーはシャツというよりはカットソーをさらっと合わせるくらいのイメージですかね』

BEAMS メンズPR
田中遥さん

1991年生まれ、福島県出身。大学卒業後、BEAMSに入社し、ショップスタッフを経て現職のメンズのプレスに。メンズカジュアルレーベル全般からモードファッションを扱うInternational Gallery BEAMSを担当し、若手の看板PRスタッフとして活躍中。プライベートではゲームとインテリアを好むインドア派だが、最近ではカメラに没頭したことで外出の機会も増えたとのこと。専用のPCを新調するほど傾倒しているそう。

  


人気セレクトショップスタッフの私物③
GALLERY DEPT.
スプレーペイントパーカ

『リメイクやリペアを得意とするロサンゼルスはメルローズを拠点とするブランドの新作パーカ。肌触りの良いコットンファブリックを使用し、裏地も起毛仕様で仕上げた同作は、ハンドメイドで一点一点表情が異なり、唯一無二の存在感が魅力のアイテムです。ヴィンテージ感のあるスプレーペイントが目を引くデザインで、細身のブラックデニムや機能素材のパンツに合わせたいですね。足元はあえてブーツでハズすのも面白いかなと』

417 EDIFICE PR
阿部聖也さん

1991年生まれ、宮城県出身。2018年よりBAYCREW’Sの複数レーベルとREDWINGのPRを兼任。古着やヴィンテージアイテムへの造詣も深く、社内外からの信頼も厚い。趣味はドライブとサーフィンで、最近はコロナ禍の影響もあり、パークライフやウェルネスなどヘルシーなライフスタイルに傾倒中。

  


人気セレクトショップスタッフの私物④
TOWN CRAFT
プリントコーデュロイシャツ

『古き良きアメリカの空気感が漂うヴィンテージアイテムに定評のある「TOWN CRAFT(タウン クラフト)」の50年代当時の代名詞でもあるディテールのプリントコーデュロイが特徴的な開襟シャツ。ホワイトカラーのコーデュロイにターコイズの色合わせが好みで、一目惚れした逸品。オープンカラーを活かして、素肌がチラッと見えるような着方がオススメですね。普段は「Levi’s®️(リーバイス®️)」の501にスエードシューズのコーディネイトで合わせることが多く、最近再燃しつつあるフレアデニムとの相性も抜群です』

FREAK’S STORE PR
藤木隆真さん

1996年生まれ、大阪府出身。若くして同社のPRを担当する期待のホープ。トレンドに敏感で、アメカジスタイルに定評アリ。最近はサウナに興味があり、休日は様々なスポットに足を運び、日々整える場所を探求中。趣味はアニメ鑑賞。

  


人気セレクトショップスタッフの私物⑤
COMME des GARÇONS
ワイドパンツ

『強めに効いたテーパードシルエットとサイドに配したフラップポケット、白のステッチワークが特徴のワイドパンツが僕の定番アイテム。レングスもブランドらしい短めのサイズ感で、ストレッチ性もあり、履きやすさも抜群です。これからの時期なら品の良いシャツとも好相性で、シンプルな無地Tシャツに合わせても様になると思います。足元はスニーカーとの間から覗く、ソックスの色遊びも楽しめそうですよね』

H BEAUTY&YOUTH
スタッフ/PR
田中駿也さん

1993年生まれ、静岡県出身。大学進学を機に上京し、友人と始めたスケートボードをきっかけに服飾業界へ。大学卒業後、ユナイテッドアローズに入社し、今年勤続6年目。店舗での販売スタッフ経験を経て、2020年よりPRを兼務。趣味は釣り。最近は自宅で落ち着きたい時にブルース・ホーンズビーの音楽をよく聴いているそう。

  


人気セレクトショップスタッフの私物⑥
TOMORROWLAND
シルクスカーフ

『カジュアルなスタイリングをエレガントに見せてくれるシルク100%のスカーフが最近のお気に入り。首から垂らしても巻いても収まるの良さが特徴で、程よいサイズ感も魅力的です。シルクならではの肌触りの良さも病み付きになってしまうポイントのひとつ。ショートブルゾンなどにさらっと合わせて、普段の着こなしをワンランク上に昇華させたいですね。オールシーズン重宝できるアイテムですけど、特にシンプルになっていくこれからの時期は活躍してくれそうです!』

TOMORROWLAND
PR
井上直哉さん


1995年生まれ、神奈川県出身。入社2年目にして早くも、PRに着任するなど社内での期待値も高い看板スタッフ。現在はTOMORROWLAND以外にもSUPER A MARKETやCABaN、LAND OF TOMORROWなどのPR業務も兼任するなど忙しない日々を送る。プライベートではインテリアや自宅用の雑貨集めにはまっているのだとか。

※価格は全て税込です。

Photos:Yoshio Kato Stylist:Masashi Sho Text:Yuho Nomura

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼