▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

ふかわりょう著者インタビュー。誰もが感じている「世間との隔たり」をありのままに

ふかわりょう著者インタビュー。誰もが感じている「世間との隔たり」をありのままに

▼ WPの本文 ▼

BOOK

RYO FUKAWA

ふかわりょう

1974年、神奈川県生まれ。大学在学中の94年にお笑い芸人としてデビュー。テレビMCやコメンテーターを務めるほか、ROCKETMAN名義でDJとしても活躍。作詞・作曲も手がける。著書にアイスランドの旅エッセイ『風とマシュマロの国』ほか。

「世の中は足を止めずに歩いていっちゃう」

 絶妙なタイトルだ。こんなふうに感じたことがある人は意外と多いかも。

「タイトルとして考えていたのではなく、キャッチコピーとして出したら、出版社からタイトルにと言われたんです。それまで世間と足並みがそろってないと言語化していなかった」

 書き下ろしのエッセイ集である。知らないうちに胸の奥底にたまっていた「よどみみたいなもの」をちょっとずつすくい上げて書いたという。たとえば三軒茶屋を三茶と略せない、とか。

「足を止めて考えたい。でも世の中は足を止めずに歩いていっちゃう。目を向けたことが周りとは違うという経験は、僕だけじゃないと思いますね」

 ほかに、先輩芸人とのエピソード、旅、音楽活動など話題豊富だ。

「まず売れ筋のテーマをラインナップするんですけど、書いているうちに軸がちょっとずれる。そしたら並べ直す。そのときはDJの感覚ですね」

 ふかわさんにとって、笑いとともに音楽が重要なことが伝わってくる。

「テーマは“自分をさらけ出す”。これまで出したことがなかったから。書いてみたら思った以上に楽しかった」

 世間との隔たりを悲観も楽観もしていない、とふかわさんは言う。ただここに隔たりがあるね、と書いただけだと。そのスタンスが心地いい。

 


『世の中と足並みがそろわない』


新潮社/¥1,350



○○放題というサービスを「放題地獄」と呼び、女子高生とつき合う教育実習生は絶対に許せない、など流しがちだけどよく考えるとおかしなことを鋭く考察。ときにはクスッとしたり、ほろりとしたり。多彩なエッセイ。

Photo:Naoto Usami Interview & Text:Kenji Takazawa

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼