▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

買ってすぐ着られるアイテムで春を先取り! おしゃれ男子が買ったもの6選/1月後編

買ってすぐ着られるアイテムで春を先取り! おしゃれ男子が買ったもの6選/1月後編

▼ WPの本文 ▼

厳しい寒さが続いていても春物が欲しい! 買ってすぐ着られるアウター類が目立ったほか、サステナブル系のアイテムも登場。意識が高まっている!

買いました!①
WARDER

リバーシブルトレンチ&バルマカーンコート

「コートってアクティブ感に欠けるので今まで食指が動かなかったんですが、ワーダーのコートを見て開眼。大人の階段を上るのにはいいかなと、オーダーしてみました! 希少なフィンクスコットンを使った先染めのギャバジンで肌ざわりがよく、光沢もあってドレッシー。リバーシブル仕様で反対面はレイヤード風のルックスと、まったく違った印象に。この素材、この仕立てでアンダー10万円という価格を実現しているブランドの矜持にも共感できます」(エディター名知正登さん)

コート(ワーダー)¥80,000/デザインワークス イチキュウロクゴ トウキョウ[TEL:03-3406-7669]

買いました!②
IS-NESS
デニムセットアップ

「今までよくあった上下ともゆるいセットアップとは一味違います。最近、パンツは細身の気分なので、ジャケットはビッグサイズ、パンツは細身のフレアというのがよいなと思いました。このバランスはあまり見なかったですよね。実はデニムのセットアップを買うのは初。セットではもちろん、ビッグGジャンにスラックス、テーラードジャケットにフレアパンツを合わせたりして単体でもフル稼働させたい!」(スタイリスト高橋正典さん)

ジャケット¥28,000・パンツ¥21,000(ともにイズネス)/アルファ PR[TEL:03-5413-3546]


買いました!③
DOUBLE FOOT WEAR
ワラビーシューズ“ヘンドリック”

「レザーシューズとスニーカーの中間的なワラビーが好きです。浅草発の“メイド・イン・ジャパン“ブランド、ダブルフットウェアのJS別注が登場したのでさっそく買いました! ベルクロ留めで着脱がしやすく、ラバーソールのサイドをブラックのワントーンにしているから表情も大人っぽい。ゆるいセットアップとも相性抜群ですが、自分はスタジャン×チノパンなどカジュアルスタイルのシメに使っています!(ジャーナル スタンダードPR玉木悠斗さん)

シューズ (ダブルフットウェア)¥23,800/ジャーナル スタンダード 表参道[TEL:03-6418-7961]

買いました!④
SON OF THE CHEESE
チノパンツ

「チノパンは僕のスタイルのベースでもあるスケーターのユニホーム的なアイテム。ディッキーズのような王道以外では、日本のブランドながらカルチャーがあるサノバチーズをチェックしています。マイナーチェンジを繰り返して定番的に展開されていますが、いつもシルエットと素材感のバランスがよくて上品にはける。今季も新しいのを1本買い足しました。ちょいダサニットと合わせて、オジサンっぽくはきたいです」(スタイリスト渕上カンさん)

パンツ(サノバチーズ)¥17,000/サノバチーズ[TEL:03-6427-1986]


買いました!⑤
EDEN POWER CORP
フィールドシャツ

「ワークテイストに目がなくて、最近見つけたのがエデンパワーコープのシャツジャケット。カナダのブランドで僕好みの服が多くて気になっていました。素材にはサステナブルなものを使っていて、このシャツもオーガニックコットンとヘンプの混紡。染料は無害に溶解する大豆ベースのインクなどを使い、服が売れるごとに木を植えるといった活動をしていることにも心が動きました。このところワークシャツには直球のワークパンツやミリタリー系パンツで、あえてタフに着ています」(スタイリスト泉 敦夫さん)

シャツ(エデンパワーコープ)¥32,000/ジャックポット[TEL:03-3352-6912]

買いました!⑥
HOBO
パッチワーククッション

「コロナ禍で自宅にいる時間が増え、インテリアにもこだわるようになりました。50年代にアメリカ軍で使われていたテントクロスをリサイクルしたこのクッションは、1点1点生地の質感や色落ちが変わり、古いジーンズをリペアしたような趣があります。パッチワークのパターンが少しずつ違っていて同じものはないので、選ぶのも楽しかった。革張りのソファに置くとヴィンテージ感が増し、すごく気に入っています」(ベンダープレス林 克哉さん)

クッション(ホーボー)¥9,000/ベンダー[TEL:03-6452-3072]

※価格は全て税別です。
Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Text:Hisami Kotakemori

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼