▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

未発売のプロトタイプ!「リーボック」幻のテニスシューズが発売に

未発売のプロトタイプ!「リーボック」幻のテニスシューズが発売に

▼ WPの本文 ▼

4_1600900_200060_RBK_CLS_SS20_CLASSIC-90s-House

昨年4月に開催された「Reebok 90s House」より

“プロトタイプ”とは試作品のこと。企画段階でサンプル製作段階まで辿り着いても、何らかの理由で市場に出回らなかったテストモデルだ。

人気ブランドの「Reebok(リーボック)」にも、いくつかこのようなプロトタイプが存在する。90年代に開発されたテニスシューズ「PUMP COURT(ポンプ コート)」がそれだ。

1_16001600_FV7901_BEAUTY

Reebok:PUMP COURT ¥20,000

この幻のプロトタイプ「ポンプ コート」が4/11に待望のリリース。当時の関係者の間で話題になっていた、ポンプシリーズ最初期を語るうえで欠かせないシューズが日の目を見た。

基本デザインはオリジナルを踏襲。最新のフルレングスソールを搭載しアップデートされた。

2_NEW_800800_FV7901_O

Reebok:PUMP COURT ¥20,000

最大の特徴は、「リーボック」独自の“ザ・ポンプテクノロジー”によって空気が入るポンプブラッダー部分と、プロトタイプの特徴となるストラップ一体化型のアッパーだ。

この「ポンプ コート」は、リーボック社が誇る「インスタポンプ フューリー」のデザイナーであるスティーブン・スミス氏が1992年に試作したもの。一般発売には至らなかった。

3_old_800800_RF8831PP6006

当事のプロトタイプの写真がこちら。

ソールの“Reebok”ロゴ以外、大きな変更点は見あたらない。ちなみに、ランニング向けの「インスタポンプ フューリー」に対して「ポンプ コート」はテニス用の企画だった。

1600900_90s-House

昨年4月に開催された「Reebok 90s House」より

このたびの生産背景には、昨年春に東京・原宿で催された展示イベント「Reebok 90s House」でのファン評価が挙げられる。

独特のレトロカラーとポンプテクノロジー、そして同一デザイナーであるという背景が、復活待望の声として「インスタポンプ フューリー」ファンの間で湧き上がったたようなのだ。

1600900_FV7901_BEAUTY

ちなみにこの「ポンプ コート」、今回のプロトタイプカラーを皮切りに今後も様々なデザインが登場予定とのこと。期待しよう!

Reebok:PUMP COURT(ポンプ コート)
発売日:2020年4月11日(土) / 価格:¥20,000 / サイズ:23.5cm~29.5cm(ユニセックス) / 問い合わせ先:リーボック アディダスお客様窓口(TEL:0570-033-033)
https://reebok.jp/

※価格は全て税別です。 Text by Takafumi Hojoh

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 未発売のプロトタイプ!「リーボック」幻のテニスシューズが発売に

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼