▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

平手友梨奈が着こなす、あたらしいエレガンスの可能性。

平手友梨奈が着こなす、あたらしいエレガンスの可能性。

▼ WPの本文 ▼

平手友梨奈がメンズノンノに帰ってきた! プレッピーやミリタリーなど、メンズライクな要素を盛り込んだクラシックなスタイルをリミックス。常に異なる表情でフレッシュな存在感を放つ平手の、あたらしいエレガンスの可能性。

プレッピースタイルを
今っぽく大胆なサイジングで遊んでみる。
ブレザーとチェックパンツでつくるプレッピールックを、ビッグシルエットでモダンに。上品なムードはそのままに愛嬌をプラスする。「遊びがきいた太いアームがかわいい。ネクタイとパンツの大人っぽいレトロ柄でバランスをとっています」。

ジャケット¥143,000/アンリアレイジ 本店 シャツ¥19,000・パンツ¥29,000(ともにニードルズ)/ネペンテス ウーマン トーキョー 帽子(ニック フーケ)¥182,000/エドストローム オフィス 靴(ジャラン スリウァヤ)¥32,000/GMT その他/スタイリスト私物

  

渋いブラウンミリタリーは
質感が違う柄でリフレッシュして。
ラフにウエストマークしたトレンチコートを主役に、渋いブラウンのワントーンでまとめたミリタリーな装い。起毛感のあるタータンチェックのコートを重ねて、表情に華やかさと奥行きを加えた。「撮影でロングコートをあまり着ることがないので新鮮。アクセントとしてちらっと見せる色と柄がお気に入りです」。

コート¥115,800・カットソー¥28,800・パンツ¥99,600・靴¥74,400(すべてルメール)・イヤリング(シャルロット シェネ)¥45,000/エドストローム オフィス 中に着たコート¥75,000/ザ・リラクス

  


インパクト大なスポーツMIXを
個性派アイウエアで知的にアレンジ。
マニッシュな重ね着にビビッドなスキージャケットを着ることで、クリーンで中性的な雰囲気に。アイコニックなメガネ&チェーンで知性と個性を添える。「刺繍などのディテールの繊細な装飾に惹かれます」。

ジャケット(ナパピリ マーティン ローズ)¥69,000/ディプトリクス 中に着たジャケット(ニードルズ)¥35,000/ネペンテス ウーマン トーキョー シャツ¥12,000/ネオンサイン メガネ(ディータ)¥48,000/オプティカル テーラー クレイドル青山店 メガネチェーン(べべ)¥18,000/アイクエスト ショールーム

  

ベストとスカートのセットアップ。
大好きな英国ムードを華やかに。
英国生まれのオイルドコートに、ベストとロングスカートのセットアップを合わせて品よく着こなす。縦に流れるような美しいシルエットを演出する。「エンジのシャツに黄色のネクタイがエレガント。シックで明るい印象になります」。

コート¥86,000/バブアー 渋谷店 ベスト¥39,000・スカート¥39,000(ともにアワー レガシー)/エドストローム オフィス シャツ(ヘリル)¥26,000/アンシングス 帽子¥20,00/キジマ タカユキ 靴(ニードルズ)¥37,000/ネペンテス ウーマン トーキョー その他/スタイリスト私物

  


INTERVIEW

今まであった“当たり前”を更新していく。既知の上品なスタイルを今のムードで表現する今回の「ブランニューエレガンス」を体現できるのは、現代のヒロイン、平手友梨奈しかいない。常にその魅力をアップデートしていく彼女は、最新作『さんかく窓の外側は夜』で呪いを操る女子高生、非浦英莉可として、また新しい顔を見せる。

「お話をいただいたときは、英莉可という役自体は割とすぐに納得することができました。ただ、彼女のセリフや振る舞いを理解していても、演じることは難しかったです。原作での彼女は、特殊な能力を持ち、孤独を抱えながらも、ひとりの普通の女子高生として振る舞ったり、ボディガードとかわいらしいコミュニケーションを取ったりするのですが、映画は物語の鍵になる部分を主に描いています。その中で、なるべく自分の中にある英莉可を表現できるように、演技に臨みました」

「撮影では英莉可にシンクロしていた」と語る平手だが、完成映像を観たときは、自分が演じていたことを忘れるほど客観的に作品に入り込めたという。

「森ガキ(侑大)監督が生み出す画はアートのようにすてきなんです。特に、呪いや除霊にまつわるシーンは、ミステリー作品にある不気味なものではなく本当に美しいと思いました。呪われた人が流す黒い涙ひとつとっても、原作とは違う魅力を感じて感動しました」

挑戦の多い役を演じながらも、尊敬できる仲間とつくり上げる作品には、いつでもうれしい驚きがある。

「岡田(将生)さんと志尊(淳)さんには、兄妹のように仲よくしていただきました。自分から距離を縮めるためにたくさんお話もしたり。私にとって新しくもあり、充実した時間でした」

yurina hirate
2001年6月25日生まれ、愛知県出身。アイドルグループ欅坂46のメンバーとしてデビューを果たす。18年に『響 -HIBIKI-』で映画初出演&初主演を務め、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。2月5日公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に出演する。

information

『さんかく窓の外側は夜』
幼い頃から幽霊が視える三角康介(志尊淳)はある日、除霊師・冷川理人(岡田将生)と出会い、ともに除霊作業をすることに。二人は刑事から頼まれた1年前の未解決事件の捜査を進めるうちに、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)にたどり着く。その真相の先には、三角と冷川の運命をも左右する驚愕の真実が待っていた。
●1月22日より、全国公開。

Photos:Yuki Kumagai Hair & Make-up:Mao[MAXSTAR] Stylist:So Matsukawa[TRON] Interview & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼