▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

最新! 僕らの「推し活」事情/アイドル(WACK)編

最新! 僕らの「推し活」事情/アイドル(WACK)編

▼ WPの本文 ▼

新しい生活様式の中でこそ、“推せる”ものがあると毎日がぐっと楽しく。リアルに“推し”中な男子たちに、それぞれの推しとその魅力を語ってもらった。今回は、「アイドル推し(WACK)編」をお届け!

 

好きを叫ぶエネルギーは無限大!
俺たちの“推し活”ファイル

 

OSHI FILE
アイドル 推し

WACK 推し

渡辺淳之介氏が率いる10のグループは、独自のプロモーションとメンバーそれぞれの個性が輝く、次世代のアイドル集団

語ってくれたのは

seraさん

会社員。ニコニコ生放送のオーディション合宿がWACKにハマったキッカケ。CARRY LOOSE解散のダメージあり。

 

大峡典人さん

フリーランスのカメラマン。長らくBiSHひと筋だったが、豆柴の大群の登場のおかげで、推し具合の調整に難航中。

 

BiS

めざすは、日本武道館!

♥推しドコロ

「2度にわたって結成と解散を繰り返したBiSの3度目の新体制。第1期からずっと夢である、日本武道館公演をめざす彼女たちの姿は、推さずにはいられません! チャントモンキーの博多弁にいつも癒されています」(seraさん)

 

豆柴の大群

水ダウ発! 期待の超新星

♥推しドコロ

「『水曜日のダウンタウン』からスタートした5人組。曲がカッコイイし、メンバーそれぞれの個性も最高。結成直後に自粛期間が始まってしまったから、数えるほどしかライヴができていないので、今後の活躍が楽しみすぎます」(大峡さん)

 


アイナ・ジ・エンドさん

もはや説明不要、
WACKを牽引(けんいん)する
スーパーアイドル

♥推しドコロ

「WACKという派閥の入り口にはアイナ・ジ・エンドがいる。もしBiSHが気に入ったのであれば、食わず嫌いせずに他のグループも聴いてほしい。そうすれば事務所WACKとしての面白さが伝わるんじゃないかな」(大峡さん)

 

YUiNA EMPiREさん

この先が心配すぎてとにかく推せる

♥推しドコロ

「EMPiRE→BiS(第2期)→CARRY LOOSE、といった具合で事務所内のグループを移籍し続けた彼女。直近のCARRY LOOSEが解散しちゃったのが不遇すぎて、僕が推さねばという使命感に駆られています」(seraさん)

 


アイナスターさん

青田買いが推し活の神髄

♥推しドコロ

「新人育成枠グループのWAggに所属しているアイナスター。あどけない普通の女の子だったのに、地獄の強化合宿で“覚醒”して。歌も振り付けも、全部のキレがよくなっていて、いまのうちから推していこうと!」(seraさん)

 

少しも先が読めない、
WACKの仕掛けにハマる!

sera WACKを語るうえで、避けては通れないのがBiSH。有名なテレビ番組に出演したり、ゲームとコラボしたり、アイドル業界の中でもいまやトップクラスの認知度だし。

大峡 そこはもう本当に同意見。どのメンバーもすごいけど、やっぱりアイナ・ジ・エンドのカリスマ性があってこそ。

sera いまのBiSHと同じくらいのポテンシャルを、第3期のBiSからは感じるんだよね。メンバー全員が若くて素朴な感じなのに、ライヴになると猛獣みたいになって。武道館っていう大きな目標を本気でめざしているし、本当にかなえちゃいそうな頼もしさもある。

大峡 3期が始動した直後のライヴと、最近のライヴを比べると成長っぷりがわかる。推しのレベルアップが楽しめるのもWACKっぽさ。

sera 合宿で“覚醒”するからね(笑)。アイドルの基礎づくりを目的にした合宿生活を、ニコ生で中継できるのはWACKのアイドルだけだよ。

大峡 きつすぎて泣いてる子が普通にいるし。でも、だからこそ推せるんだよね。WACKならではのことといえば、『水曜日のダウンタウン』から始まった豆柴の大群もそのひとつ。テレビの力もあって大手事務所からのデビューも早かったから、ファンの中でも賛否が分かれる存在なんだけど、僕は超推していて。本人たちがテレビ出身のアイドルというイメージをはねのけようと必死になって、負けじと頑張っているのが伝わってくる。

sera 豆柴は今後に期待。僕が家族のように心配しているのがYUiNA EMPiRE。事務所内のグループで移籍が続いて、やっと落ち着くのかと思ったら、在籍しているCARRY LOOSEが解散してしまって! これからどうなるのか気になるし、頑張ってほしい。

大峡 先の展開が読めないところがWACKのよさであり、恐ろしさでもあるんだよね(笑)。

 

Illustrations:Shigeo Okada Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼