▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

unoのメンズコスメで、一歩先の自分をプロデュース。 シーン別、「印象デザイン」はじめよう。

unoのメンズコスメで、一歩先の自分をプロデュース。 シーン別、「印象デザイン」はじめよう。

▼ WPの本文 ▼

身だしなみのひとつであり、好感度を上げる手段のひとつになってきているメンズメイク。シーンごとにアイテム、方法を少し変えるだけで、印象を自分流にデザインすることだってできるんだ。

印象デザインに必要なのは

「眉・肌・唇」

まずそろえたいのは、眉の形を整えるアイブロウ、肌悩みをカバーするBBクリーム、唇の血色感を整えるリップクリームの3アイテム。

Aグレーのリップクリームは、唇にのせると血色感を足す色に変化。うるおいを与えるだけでなく、縦ジワなどもカバー。ウーノ オールインワンリップクリエイター

Bチューブから出すとUVカット効果を持つ白いクリーム。のばすと色が変化し、肌の色になじみ、気になる肌悩みをカバーする。ウーノ フェイスカラークリエイター(ナチュラル) SPF30 PA+++ 30g

C細く&太く、描き分けがしやすい涙型の眉用ペンシル。ウーノ バランスクリエイター・ [すべてオープン価格]/資生堂


Scene.1

自宅でオンラインミーティングなら
眉のすき間を埋めてナチュラルに

リモートワークの新しい日常。画面越しとはいえ、オフモードな顔じゃいられない。眉の薄い部分をペンシルでちょこっと埋めるだけで、仕事モードのきりっとした顔に見せてくれる。


[ USE IT ]

適度な硬さの涙型のペンシルは部分的に細いラインが描きやすい。ブラシ付きだから、描いた眉を自然にぼかして、ナチュラルな印象デザインが自在にできる。ウーノ バランスクリエイター [オープン価格]/資生堂

[ HOW TO ]

眉の、毛が薄い部分のすき間を、1本1本眉毛を描き足すように埋めたら、付属のブラシでぼかす。

スウェット(オーラリー)¥23,000/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 Tシャツ(ヘインズ フォー ビオトープ)〈2枚入り〉¥5,400/ビオトープ


Scene.2

彼女と一緒に近所のカフェへ。
眉と血色でおしゃれ鮮度をアップ

彼女と過ごす休日は、リラックス感がありつつも好感度をキープしたい。ナチュラルな眉と、血色感のある唇なら、ほどよくおしゃれな印象。さりげなく、自分に自信も与えてくれる。


[ USE IT ]

[左]唇の色をよく見せつつ、ストローやカップに色がつきにくい。男子用ならではの工夫が。ウーノ オールインワンリップクリエイター
[右]自然な眉が描きやすい。ウーノ バランスクリエイター[ともにオープン価格]/資生堂

[ HOW TO ]

リップクリームを繰り出したら、唇全体にくるっと塗るだけ。カサつきを予防しつつ血色感アップ。

ニットベスト(クリスタセヤ)¥74,000/ビオトープ シャツ(ユナイタス)¥24,000/スタディ ショールーム バッグ(ザッツ フォー アダム エ ロペ)¥29,000/アダム エ ロペ


Scene.3

少人数プレゼンの日は「眉+肌+唇」
すべてで、きちんとした印象に

距離を取りつつも、クライアントに直接プレゼンをする日。離れていても誠実さや熱意を伝えたいから、ここぞという日は「眉+肌+唇」のフル使いで、〝できる男〝に印象デザイン。


[ USE IT ]

[左]ウーノ オールインワンリップクリエイター
[中]ウーノ フェイスカラークリエイター (ナチュラル)SPF30 PA+++ 30g
[右]眉はいつもよりはっきり描き、フェイスカラークリエイターで目のクマやひげの青みをカバー。ウーノ バランスクリエイター[すべてオープン価格]/資生堂

[ HOW TO ]

眉尻や眉下のアウトラインをバランスクリエイターで描き足し、ブラシでぼかす。精悍な印象の眉に。

ジャケット¥50,000/トゥモローランド ニット¥11,800/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 首に巻いたスカーフ/スタイリスト私物

 

肌悩みをもっとカバーしたいならコチラを!

毛穴や赤みなど、さらに気になる部分をカバーする。なりたい仕上がりに合わせて使い分けて。カバータイプは2色展開。ウーノ フェイスカラークリエイター (カバー)カラーレベル3・5 SPF30 PA+++ 各30g [ともにオープン価格]/資生堂

 

「印象デザイン」の方法をWEBでもっと詳しく解説!


 

問い合わせ先

資生堂お客さま窓口
TEL:0120-81-4710
9時30分〜16時
土日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く

www.shiseido.co.jp/uno

Photos:Arata Suzuki[go relax E more] Hair & Make-up:Joji Taniguchi[SHISEIDO] Stylist:Masashi Sho Model:Koji Moriya[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Michiyo Matsui Cooperation:UTUWA

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • メイク
  • unoのメンズコスメで、一歩先の自分をプロデュース。 シーン別、「印象デザイン」はじめよう。

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼