▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

テクニックいらずでモテる!? 最旬セットアップ4選

テクニックいらずでモテる!? 最旬セットアップ4選

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

この春はセットアップが大豊作。何も考えずに着るだけでオシャレに見えるのはもちろん、女子からの支持も高いので、まだ持っていない人は絶対にゲットすべきアイテムだ。ここではオシャレもモテも狙える最旬のセットアップを4つピックアップし、着こなし方とともにご紹介。お気に入りのセットアップで新生活のスタートを切れば、オシャレも恋もうまくいく!

1_今期最も注目が集まるデニム地

メンズファッション セットアップ 2022 春物 おしゃれ ブラームス デニム

王道にして定番でもあるデニム地のセットアップが今シーズンはバリエーション豊富に揃っている。アメカジっぽい色落ちしたものもいいけれど、女子ウケも視野に入れるなら、ほんのりキレイめな印象が出せるワンウォッシュを選ぶのがオススメ。今回ピックアップしたセットアップは、袖が切りっぱなしになっていたり、ベルトがボトムと一体化していたりと、気のきいたデザインを随所に採用。こういう細部にこだわったアイテムを選んでいる男子に女子は弱かったりもするのだ。

ジャケット¥46,200・パンツ¥36300(ブラームス)/ワンダリズム[TEL:03-6805-3086] スウェット(ループウィラー フォー ロワーケース)¥19,800/エディフィス新宿[TEL:03-5366-5481] 靴(アー・ペー・セー)¥71,500/アー・ ペー・セー カスタマーサービス [TEL:0120-500-990] 

  


2_スポーティなナイロン素材

メンズファッション セットアップ おしゃれ 2022 春物 1LDK

ナイロン素材のセットアップは、一歩間違えると運動着に見えるので注意が必要。今回ピックアップしたセットアップのように、シャツジャケット型は、スポーティさと上品さが絶妙にマッチした今っぽい雰囲気を出すことができるのでオススメ。さらにシルエットはビッグシルエットでぬけ感を出すのがオススメ。素材感を際立たせながら柔和に仕上がる、柔らかなベージュグリーンを選び、小物で引き締めれば完璧。

ジャケット¥35,200・パンツ(アイ)¥28,600/1LDK AOYAMA [TEL:03-5778-3552] 靴(アンダーソン ベル×アシックス)¥14,300/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] キャップ(カムズアンドゴース)¥15,400/ アルファ PR[TEL:03-5413-3546] 

  


3_リラクシーなシャツ生地

メンズファッション セットアップ おしゃれ 2022 春物 オーラリー

一見、難易度が高そうに見えるシャツ生地を用いたセットアップは、トップスをインしてジャンプスーツっぽい雰囲気で着るとシャレ感がアップして見える。さらにブラウンのシャツをサラリと羽織ることで、柔らかな雰囲気をキープしつつ着こなし全体の引き締めも成功。今年のトレンドとして絶対に押さえておくべきペールピンクは、肌馴染みがよく知的に見える女子ウケ抜群のカラー。白に近いトーンで意外と取り入れやすいので挑戦してみよう。

シャツ¥30,800・パンツ¥35,200/オーラリー[TEL:03-6427-7141] 羽織ったシャツ¥55,000/TOMORROWLAND [TEL:0120-983-522] 靴(パラブーツ)¥39,600/パラブーツ青山 [TEL:03-5766-6688] バッグ(フット・ザ・コーチャー)¥24,200 /ギャラリー・オブ・オーセンティック [TEL:03-5808-7515] 

  


4_落ち着いたチェック柄

メンズファッション セットアップ おしゃれ サウス2ウエスト8 2022 春物

セットアップで柄物を選ぶなら落ち着いたチェック柄の一択。カジュアルなのにエッジが効いて見えるし、適度にきちんとした印象も出すことができるから。ただ重くみえる心配もあるので、襟元から白いTシャツを見せたり、足元はサンダルで抜いたりするのも重要なテクニック。フロントに並んだポケットが存在感たっぷりなので、アクセサリーいらずなのも嬉しい。 

シャツ¥25,300・パンツ¥20,900/サウス2ウエスト8 [TEL:011-280-7577] カットソー(ユナイテッドアスレ)¥1,133/ キャブ[URL:https://united-athle.jp] 靴(オルフィック)¥26,400/アルファ PR [TEL:03-5413-3546] 

※価格は全て税込です

Photos:Takahiro Idenoshita Hair&Make-up:Kosuke Abe[traffic] Stylist:Asako Takano Model:Shunya Iwakami Sousuke Ogata Composition&Text:Misato Kikuchi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼