▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

俳句とイラストで綴る恋の風景【フルーツポンチ村上健志の17音のラブストーリーズ】Vol.16

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

お笑い芸人としてだけでなく、独特の視点とセンスで詠む短歌と俳句が話題の、フルーツポンチの村上健志さんの連載。メンズノンノWEBでしか読めない、季節感あふれる”恋”にまつわる俳句とエッセイ、そしてイラストを隔週でお届けします! 別れと出会いの今の時季にぴったりな、ちょっと切ない第16回!

階段を降り切ってしまえば、この学校の生徒ではなくなる。次に学校を訪れるときはOBと呼ばれてしまうのだろう。三年間を噛み締めながら階段をゆっくりと降りる。終わらせたくなくて、階段をジグザグに距離を増やしながら降りていく。

卒業の日。なんでもなかったものが輝いて見える。駐輪シールを貼った自転車が並ぶ駐輪場、閉めるのにコツがいる掃除用具入れ、教室の後ろにあった小さな黒板。当たり前にあったものが明日からはもうなくなる。隣のクラスのあの人が、休み時間に廊下に出たことを確認できる教室のドアの近くのあの場所、呼び出す勇気なんかないのに呼び出すとしたらと決めていた体育館裏、一度だけ言葉を交わせたグラウンドの隅っこ。全部遠ざかってしまう。あの人への思いまで消えてしまってくれるならいいのに、多分そうはならないって確信していた。こんなに好きなのに消えるはずがない。それなのにもう盗み見することも出来なくなってしまう。なら一層、告白をすればいい。終わらせて仕舞えばいい。でもそれも出来ない。誰かを好きだという気持ちを人に知られることが恥ずかしくてたまらなかった。人生が終わると思っていた。今思えば、なんでもないことも、それが全てだった。

この階段を降りれば、きっともう会うこともないだろう。万に一つもないのに、もしかしたらあの子が「ちょっと良いかな?話したいことがあって、、、」と声をかけてくれるんじゃないかと期待をしている。時間をかけて階段を降りていく。あの子の勇気が整うように。

★Profile/1980年生まれ。茨城県出身。お笑いコンビ”フルーツポンチ”のボケ担当。TV『プレバト!!』(MBS系・毎週木19:00~)での奮闘ぶりが話題に。また、情報サイト『好書好日』の連載をまとめた『フルーツポンチ村上健志の俳句修業』(春陽堂書店)も好評発売中。自身のYouTubeチャンネル『フルーツポンチ村上の俳句の部屋』での俳句実況もチェックを!

Haiku & text & illustration : Kenji Murakami

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 俳句とイラストで綴る恋の風景【フルーツポンチ村上健志の17音のラブストーリーズ】Vol.16

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼