▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【かつてない!メンズリング400点】個人収集された世界のヴィンテージから、男性の指輪の歴史にふれる圧巻のエキシビション

【かつてない!メンズリング400点】個人収集された世界のヴィンテージから、男性の指輪の歴史にふれる圧巻のエキシビション

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

長きに渡り受け継がれてきた、
息をのむほどに美しいジュエリーには
秘められた物語がある。

ジュエリーと宝飾芸術の学校「レコール」が、名門ジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」のサポートを受けて1月14日(金)から3月13日(日)まで「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」を開催。アンティークディーラーとして知られるイヴ・ガストゥ氏がコレクションしていた400点ものメンズリングを展示する。

イ ヴ・ガ ストゥ氏と 彼の息子ヴィクトール・ガストゥ ©ギャラリー・イヴ・ガストゥ

展示するのは、17世紀のヴェネツィア共和国のドージェ(元首)がはめていたリングから1970年代のアメリカのバイカーリング、古代エジプトにインスピレーションを受けたリングから19世紀の“メメント・モリ”スカルリング、18世紀のエナメルリングから現代アーティストが手がけたリングまで多種多様。2020年に亡くなったイヴ・ガストゥ氏の最後の遺言であり、彼の究極のクリエーションといえるだろう。


リング、はたまた武器!?
1_ヴェネツィア元首の指輪

©Benjamin Chelly

ひときわ高い権力の象徴であるヴェネツィア共和国のドージェ(元首)が身に着けていたリングは、恐ろしいほど凝ったディテール。驚くべきは装飾だけにあらず、ベゼルを開くと封ろう(手紙の封筒や文書に封印を施したり、主に瓶などの容器を密封したりするために用いる“ろう”のこと)を入れておくための空洞があり、これを溶かして陰刻に用いることで、シーリングスタンプとして使われていた。ちなみにこの空洞、実は毒を隠すのにも使われており、ルネサンス期のヴェネツィアでは、このリングで人知れず暗殺することも可能だったという。

バラ色の人生か、イバラの道か
2_死を昇華させる棺の指輪

©Benjamin Chelly

1970年代に作られたもので、バラをふんだんにあしらった棺が特徴。人生はバラが咲き誇る峡谷のようなものであることを、死が思い出させてくれるという暗示を込めている。バラ色の人生であっても、美しいバラには棘があるのだ。


絢爛さに動悸と目眩
3_司教の指輪

©Benjamin Chelly

この見事な司教の指輪は、1920年から30年の間に作られた真の技術的偉業と呼ぶにふさわしいもので、ガストゥ氏のお気に入りリングだった。中央のアメジストの周りにはダイヤモンドがあしらわれ、ベゼルには、舟の中で網を持って魚を釣っている聖ペテロが描かれている。礼拝だけでなく日常生活の中でも着用されるこうした指輪は、ミサや行列の際に白手袋の上からも着用できるよう、この指輪のように調節可能になっていることがほとんどだ。

歴史的発明!奏でるリング
4_オルゴールの指輪

©Benjamin Chelly

音楽の演奏装置がジュエリーに組み込まれている極めて珍しい一例。花のモチーフに隠された歯車を回転させることで音が鳴る仕組み。ゴールドとシルバー製で、肩の部分を男性と女性の2つのカリアティード(人像柱)が飾っている。

メンズリングのみを集めた展示は極めて稀。しかも日本にいながらヨーロッパをはじめ世界中のヴィンテージリングが拝めるとあれば足を運ばずにはいられない。予約不要で無料の展示なのでフラッと立ち寄ってみてほしい。


「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」

期間:2022年1月14日(金)~3月13日(日)※会期中無休、予約不要

開館時間:10:00〜19:00

会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3

住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内

エキシビションの詳細について:https://www.lecolevancleefarpels.com/jp/ja/mens-rings-exhibition

お問い合わせ:0120-50-2895 (レコール事務局/平日11:00〜19:00)
 
◆オンライントーク◆
「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」
日時:2022年1月27日(木) 20:00〜21:00
オンラインにて実施 
※リンクおよび内容の詳細は下記公式ウェブサイトでお知らせ
https://www.lecolevancleefarpels.com/jp/ja/mens-rings-exhibition

Text by Sayaka Arai

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼