▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

東京hairDO!!!! by KANADA
[センターパート×ワンレングス]モードなエッジィさを纏う、最旬ロングスタイル【東京hairDO!!!!】

[センターパート×ワンレングス]モードなエッジィさを纏う、最旬ロングスタイル【東京hairDO!!!!】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

自分のスタイルを見つけるには、好きなものの背景にあるカルチャーを掘り下げることが大切。でもそういうものが見つからなかったら? ならばとことん、似合うものを見極めるというアプローチもアリ。例えばせっかく好きな服があるなら、もっとすてきに着こなせる自分になるように。

ヴィンテージのダウン¥33,000/sui プルオーバー¥25,300/パレス スケートボード 東京 シャツ¥19,800・パンツ¥41,800(ともにジェントルマン イン ザ パーラー)/レショップ 青山 ヴィンテージのタイ¥19,800/yaiya ベルト/スタイリスト私物

角 雄琉さん(17歳・学生)

「この年齢でここまで似合うものを見つけているなんて」とKANADA氏絶賛。自分と向き合うことでスタイルは生まれる。

なりたい自分になるためには、ヘアスタイルひとつとっても、カルチャーを持つことが大切という話をしてきたが、若いときに「自分にはこれだ!」というものに出会えるかは、その人のいる環境によるところも大きい。いろんな情報にアクセスできる機会や、面白いことを教えてくれる人がいるか…など。だから難しいと感じる人もいるだろう。なら単純に、どうしたら着たい服が似合う自分になれるか、と考えるといい。角くんは17歳と若く、本人はノーカルチャーな都会っ子だけど、自分に似合うものを見極めた結果、好きな古着ともマッチする「ロン毛」にたどり着いた。一般的にはこの年齢の子がするにはハードルの高いヘアだけど、気負って見えないし、ものすごくカッコいい。感覚的にやっているようで「ロン毛が嫌いな人には別にモテなくてもいい」という意志の強さもある。そんな佇まいが見た目からも感じられるから、見事だ。だからせっかくのスタイルのベースはキープしたまま、彼ひとりでは思いつかなそうな「ワンレングス」を提案した。ちょっとモードで、すでにある彼らしさの中に別の可能性が加わったように思う。

僕は本来、ヘアづくりというのはその人のキャラクターを明確にして、新たな魅力を見つけることの手伝いだと考える。流行ってるからって彼にマッシュを提案したら台無しだよね(笑)。好きなものがなくても、どうしたらもっと好きな自分になれそうか、例えば持っている服を見返すところから始めてみては。


モードなエッジィさを生むワンレングス

ロン毛を選択した本人の“見極め力”に敬意を表し、レングスはほぼ変えずシルエットの提案を。重さと潔いカットラインが命のワンレンで、ナチュラルさより個性を出すことを選択。エッジをぼかすのが主流のヘアトレンドの中、かなり新鮮に映る。KANADA氏いわく「世界一カッコいいワンレン男子・『ドラゴンボール』の17号がイメージ!」

KANADA PROFILE/メンズノンノ本誌はもちろん、数々の広告やショーで活躍するヘアアーティスト。俳優やタレントからの信頼も厚い。ヘアそのものだけでなく、コーディネートとのバランスも考えたトータルでのプロデュースを得意とする。

Hair:KANADA[LAKE TAJO] Photos:Go Tanabe Stylist:Yasuki Nakamichi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • ヘア
  • [センターパート×ワンレングス]モードなエッジィさを纏う、最旬ロングスタイル【東京hairDO!!!!】

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼