▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

SNSで話題沸騰の長編読切「ルックバック」はもう読んだ?【徹底解剖! 藤本タツキの世界 #3】

SNSで話題沸騰の長編読切「ルックバック」はもう読んだ?【徹底解剖! 藤本タツキの世界 #3】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

連載漫画『ファイアパンチ』で度肝を抜かれ、『チェンソーマン』で驚き高ぶり、『ルックバック』で感涙。あらゆる漫画好きを虜にする作品を描き続ける漫画家・藤本タツキの魅力をひもとく!

 

まずはサクッとあらすじ

巷で大きな話題を呼んでいるけど、まだ読んでない…と二の足を踏んでいる人や、改めて読み返そうと思っている読者に、簡単に話を追いかけるあらすじを紹介!

 

『ルックバック』
1巻完結

描くことで想いがつながる二人の少女の絆ともうひとつの未来

学年新聞に描く4コマ漫画と自分の才能に絶対の自信を持つ藤野。途中から連載を始めた不登校の同級生・京本の圧倒的な画力を目にした藤野は、打ちのめされ練習に励む。卒業証書を京本の自宅に届けた日、藤野は彼女の努力と自分への憧憬の念を知る。二人は一緒に作品を描き始め、「藤野キョウ」として漫画家デビューを果たすが、京本は美大に行く決意をし、決別。数年後、藤野は京本が美大で通り魔に殺された事件を聞く。彼女の死に責任を感じ苦悩する藤野。空の京本の部屋を訪れ、出会った日に描いた4コマ漫画を手にしたとき、もうひとつの運命の歯車が動きだす。

●『少年ジャンプ+』で2021年7月19日に公開された、全143ページの長編読み切り。

 

ライバル視していた京本から「ファンです」と言われる藤野。彼女だけが、自分以上に才能と努力を認めてくれていた人だと気づく。

 

©藤本タツキ/集英社

Photo:Takahiro Idenoshita Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼