▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

エドウインの歴史、知ってた? 初の国産ジーンズ「エドウインの359BF」が限定復刻

エドウインの歴史、知ってた? 初の国産ジーンズ「エドウインの359BF」が限定復刻

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

「EDWIN(エドウイン)」が、ブランド創設60周年を記念して、1963年に発売した初の国産ジーンズ「359BF」を限定復刻するというホットなニュースが舞い込んだ。

この「359BF」の歴史はこうだ。

時は1947年、第二次世界大戦が終戦した2年後に、エドウインの前身となる常見米八商店が東京・日暮里で創業した。

最初は米軍払い下げ衣料品の卸しをしていたが、海外から中古ジーンズを輸入し、洗ったり補修を行いながら上野・アメ横の販売店へ供給を始める。間もなく、新品のジーンズも輸入される時代となったが、当時の米国製ジーンズは、固い、縮む、色落ちする。そして何より高額であった。

「もっと日本人の体型に合う穿きやすいジーンズを自分たちの手で生み出したい」この思いに突き動かされるように、オリジナルのジーンズづくりが始まり、ついに1963年、EDWINジーンズのプロトタイプと言われる「359BF」が誕生したのだ。

ジーンズに魅せられた先人たちが作り上げた日本初のジーンズ。これはおがみたくなってしまう…!


359BF STRAIGHT

359BF STRAIGHT
PRICE:¥22,000
SIZE:28-36inch

レインボーセルビッジ

359BFのセルビッジは珍しいレインボーカラー。今回の復刻版も忠実に再現している。


ストロング・デニム

洗った後は直立するという伝説もあったほど丈夫でヘビーオンスなストロング・デニム。今回の復刻にあたり、日本綿布と開発したオリジナル・セルビッジデニムは、当時の膨大なアーカイブ資料を紐解き、初期に採用されていた濃いインディゴブルーを再現。また、織り上げたままの生機(キバタ)デニムを使うことで穿き込むごとにその風合いが増す。

パイプドステム

太ももから裾にかけてパイプドステム(煙突のように同じ太さでまっすぐ落ちるシルエットのこと)のシルエットを採用。オリジナルのフィットを現在の標準体型に併せてアレンジしている。縫製糸には、穿き込むごとに糸の退色などの風合いが増す綿糸を使いながら、強度が必要な箇所には高強力・耐摩耗性に優れるエスコア糸を使用。


359BF DENIM JACKET

359BF DENIM JACKET
PRICE:¥27,500
SIZE:S-XL

デニムパンツに加え、当時の流通量が少なく、希少価値の高かったGジャンもリバイバル。ボトム同様、レインボーセルビッジを取り入れている。

オリジナルの「359BF」が発売されてから58年。復刻した今回のジーンズもまた、同じように時を重ねて語り継いでいきたいものだ。

発売日:11月12日(金)/ 販売店舗:EDWIN ONLINE MALL、EDWIN TOKYO HARAJUKU、EDWIN DENIM GALAXY 日暮里店、EDWIN SHOP LINKS UMEDA
問い合わせ先:エドウイン・カスタマーサービス(TEL:0120-008-503)

※価格は全て税込です。
Text by Sayaka Arai

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼