▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【まとめ】イイ男は“やさしい”レザーが正解。ソフトな雰囲気をまとうための4つのポイント

【まとめ】イイ男は“やさしい”レザーが正解。ソフトな雰囲気をまとうための4つのポイント

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

レザーというといまだに「強い」イメージがつきまとうけれど、今着たいのは、自分にも周りにも"やさしい"といえるレザー。4つの切り口から、身も心も軽くなるような新しいアイテムを紹介する。


あいまいカラーのレザーの選び方・着こなし方

フェイクスエードジャケット(アダンス)¥36,300/サカス ピーアール シャツ¥30,800・パンツ¥37,400(ともにN.ハリウッド コンパイル)/ミスターハリウッド

スエードならではのムラもニュアンスに

丸みのあるシルエットもやわらかな印象。裾や袖がリブになっており、若干たるみが出るのも計算ずくだ。グレーピンクに淡いブルーを組み合わせると、新鮮なスタイルに。


レザーバッグ(エンダースキーマ)¥39,600/スキマ 合羽橋

個性的な色は気分も高揚する

実はリバーシブルで、内側は同じ色味のスエード。ボディは牛革製と、しっかりとした作りで、A4サイズもすっぽり入って普段使いにも十分。メンズにはあまりなじみのない色かもしれないが、このくらいやさしいパープルは、投入するだけでコーデがリフレッシュする。

フェイクスエードパンツ(ウル)¥37,400/エンケル ニット¥41,800/オーラリー スニーカー¥9,900/ムーンスター カスタマーセンター

くたっとした素材感が魅力のワンタック

軽くやわらかく、はき心地もいい。ミリタリーファッションであるスノーパンツがもとのデザインで、かなり明るいグレーでも引き締まる。ドローコード付きで、裾をしぼってはくことも可能だ。


スエードシャツ(CCU)¥67100/イーライト

ルーズに着こなしたいロングテール

なめらかな質感のスエードシャツは、羊革製。CCUというブランドは「レザーという固定の概念から新しい価値観を創造する」がコンセプトで、2020年の秋冬からスタートした新顔だ。ベージュをホワイトのワイドパンツなんかに合わせ、ペールトーンで着こなすのが今っぽい。

レザーバッグ(アエタ×スーパー エー マーケット)¥30,800/スーパー エー マーケット 青山 カーディガン(サバイ)¥39,600・パンツ(ジョン メイソン スミス)¥36,300/HEMT PR スニーカー(ウォルシュ)¥26,400/カメイ・プロアクト

トレンド感のあるミニマルな見た目

アエタのバッグに4つのペールカラーが登場。淡いイエローはどんな色ともなじむ。


レザージャケット(ノンネイティブ)¥141,680/ベンダー

タフなノーカラージャケットも柔和に

ダスティなピンクでしゃれ感があり、いつもどおりガバッとはおっても、重たくならないのがうれしい。フロントはダブルファスナーになっていて、スタイルに合わせて着こなしを選べる。牛革だが仕上がりをやわらかくする加工を施しているため、体にもなじみやすい。



トレンドのエコレザーの選び方・着こなし方

エコレザーコート¥39,600・シャツブルゾン¥28,600/メゾンスペシャル 青山店 パンツ¥30,800/ディガウェル 1 靴(PG)¥19,800/プレイグラウンド その他/スタイリスト私物

エコレザーなら雨の日も心配いらない

鮮やかなブルーが印象的なロングコート。袖のつけ根部分がジップになっており、取り外すとノースリーブでも着ることができる。シンプルなスタイリングにはおっても、裾がドラマチックになびく。

エシカルレザーシューズ(ルトリーナ)¥23,760/オリエンタルシューズ シャツ(イズネス)¥26,400/アルファ PR カットソー(ユニバーサル プロダクツ)¥18,700/1LDK ジーンズ(サイベーシックス)¥26,400/マスターピースショールーム ソックス/スタイリスト私物

国内自社工場でエコを意識して生産

合成皮革の表地に、リサイクルポリエステル製の裏地と靴ひも、と徹底して環境に配慮したユニセックスの1足。


エコレザーブルゾン(シンヤコヅカ×ディッキーズ)¥36,300/エムエイティティ ベスト(N.ハリウッド コンパイル)[ネックウォーマー付き]¥19,800/ミスターハリウッド パンツ(ファーラー×CRST)¥20,900/ディガウェル 1

本革のような質感を大事に

ディッキーズのアイゼンハワージャケットがエコレザーで登場。ディテールはそのまま、シンヤコヅカならではの立体的なシルエットに。内側はキルティング。



キメすぎないデザインのレザー、どう選ぶ?

フェイクレザーコート(N.ハリウッド コンパイル)¥52,800/ミスターハリウッド シャツ¥22,000/メゾンスペシャル 青山店 中に着たプルオーバー¥24,200/オーラリー ジーンズ¥37,400/キャバン 代官山店

スタンドカラーにもできるミドル丈コート

裾に向かって広がるAラインのシルエットが、ソフトな印象。裏地が起毛になっていて、これからの季節重宝するはず。

レザーキーチェーン(リウル)¥6,600 /インターナショナルギャラリー ビームス ブルゾン(アイ)¥46,200/1LDK AOYAMA HOTEL プルオーバー(N.ハリウッド コンパイル)¥24,200/ミスターハリウッド ジーンズ(ブラスバンド)¥22,880/リアルスタイル

連なった輪っかの形も美しい

定番の金属ではなくあえてレザーのチェーンという、意表をつくアイテム。


レザーシューズ(フット・ザ・コーチャー)¥47,300/ギャラリー・オブ・オーセンティック パンツ(サイベーシックス)¥30,800/マスターピースショールーム ソックス/スタイリスト私物

他にないフェミニンなデザインが新鮮

履き口がきゅっとすぼまったフォルムは、バレエシューズがモチーフ。インソールの低反発クッションで、見た目以上の履きやすさだ。

フェイクレザージャケット¥82,500・フェイクレザーパンツ¥59,400(ともにケンイチ)/サカス ピーアール シャツ(シュタイン)¥30,800/エンケル スニーカー(ヨーク)¥27,500/HEMT PR

キメすぎず、余裕ある着こなしで楽しむ

窮屈なイメージのあるレザーのセットアップを、ゆとりあるシルエットに。強すぎない色味と、フレアのパンツで柔和な佇まいに。


レザーパンツ¥121,000/オーラリー カーディガン¥52,800/インターナショナルギャラリー ビームス Tシャツ(イズネス)¥26,400/アルファ PR

丁寧に水染めした、質のいいヤギ革

ブランド特有の、ジェンダーレスな雰囲気が感じられるテーパードパンツ。ベルトは共地で、バックルの部分もレザーになっているから、全体の素材感がしなやかでやさしいタッチ。

時計¥26,400/ネジコミュ ジャケット¥46,200/レインメーカー ジーンズ¥37,400/キャバン 代官山店

新感覚のハンドクラフトウオッチ

首から下げ、そのままの向きで時刻を確認できる。ちょこんとしたサイズ感や、ケースから顔をのぞかせる文字盤もミニマルでかわいい。ブラックとゴールドの洗練されたカラーリングで、ベルトループにも下げられる。



財布にもやさしい、レザーの選び方・着こなし方

フェイクレザーシャツ(レイジブルー)¥5,940/アダストリア 中に着たシャツ(マイセルフ アバハウス)¥12,100/アバハウス 池袋パルコ店 パンツ(ユニバーサル プロダクツ)¥33,000/1LDK スニーカー(リプロダクション オブ ファウンド)¥21,780/アイ ファウンド Tシャツ/スタイリスト私物

使いやすいベージュで気軽にレザーを取り入れて

フェイクレザーだが光沢感のある合成皮革のため、この価格で本物のような質感を味わえる。

フェイクレザーシャツ¥9,990・フェイクレザーパンツ¥8,990(ともにマイセルフ アバハウス)/アバハウス 池袋パルコ店 ニット(マニュアル アルファベット)¥22,000/エムケースクエア スニーカー(FECV)¥16,500/HEMT PR

明るい色と合わせれば抜け感あるスタイリングに

レザー、しかもセットアップだとかなり値が張るのかと思いきや、上下で2万円以下。シャツはバンドカラーだから、レイヤードにも活躍してくれる。ブラックとグレージュの2色。


フェイクレザージャケット¥15,950/シップス エニィ 渋谷店 ポロシャツ(フラグスタフ)¥19,800/カンドール パンツ(アンバー)¥34,000/スタジオ ファブワーク スニーカー(パトリック) ¥14,850/カメイ・プロアクト その他/スタイリスト私物

本格的なディテールが手の届く価格で楽しめる

フライトジャケットの形を意識しながら、ゆったりとしたシルエットにアップデート。これからの季節に、厚みのあるトップスを着込んでも心配ない。

フェイクレザージャケット¥8,580/フリークス ストア渋谷 スウェット¥24,200・スウェットパンツ¥23,100(ともにCRST)/ディガウェル 1 スニーカー(ハイテック)¥14,300/ムーンスター カスタマーセンター その他/スタイリスト私物

着込んだような風合いもコスパ重視で手に入れる

ビッグシルエットなコーチジャケットは、光沢を抑えた素材で、さまざまなスタイリングに合わせやすいのがうれしい。さらに裏地がついており、暖かさも十分だ。

Photos:Yuko Yasukawa Hair&Make-up:Yosuke Akizuki Stylist:Atsuo Izumi Models:Koji Moriya Ouji Suzuka[Both are MEN’S NON-NO models]

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 着こなし術
  • 【まとめ】イイ男は“やさしい”レザーが正解。ソフトな雰囲気をまとうための4つのポイント

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼