▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

この秋何買う?おしゃれ好きのWISH LIST大公開![リーバイスヴィンテージクロージングetc…]

この秋何買う?おしゃれ好きのWISH LIST大公開![リーバイスヴィンテージクロージングetc…]

▼ WPの本文 ▼

スタイリスト、プレス、モデルの“コレ着たい!”を刺激したアイテムを、それぞれが私服とミックスしたスタイリングで紹介。スタイルがあって流行にも敏感な人たちは、新しい季節、最初に何を買う!?

SUGARHILLのシャツ
———

ベーシックにひねりをきかせたシャツなら、小物で少し遊んだときにもバランスがとりやすい。シルバーアクセの重ねづけと、端正なストライプの相性もばっちり。シャツ(シュガーヒル)¥34,100/4K その他/本人私物
爽やかなストライプシャツこそひねりをきかせたデザインで。裏側に隠されたボタンダウンで自然と立つように設計された衿や、大胆な配置のポケット、ワークシャツに見られるチェーンステッチをサイドから垂らすなど。細部に施されたしゃれのきいた仕掛けが、ベーシックなシャツをぐっと印象的なものに。

TATTOO STUDIO YAMADA PR・BUNAさん
シンプルなカットソーよりも、衿やボタンなど要素があるトップスのほうが自分の顔立ちにハマる気が。だから秋は毎日シャツ。シュガーヒルは毎シーズン買っています。ボタンダウンが衿の裏に隠れていたり、ポケットがついていたり。細部まで計算されているので、何げなく着ていてもサマになる!


LEVI’S® VINTAGE CLOTHING
1955モデル501®
———

折り返すと見える平耳など、細部も1955年のモデルを再現。どんなトップスにもマッチする受け皿の広さが心強い。パンツ(リーバイス® ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン その他/本人私物
ワイドストレートのシルエット×ワンウォッシュは、リーバイス®の普遍的なデニムスタイルを確立した名作。1950年代にハリウッドの不良映画で俳優がよく着用していたことからも大人気となった。紙製のネームラベルが導入されたのもこの1本から。また、ボタンフライや平耳のセルビッジなど、名作の細部までを忠実に復刻している。

ヘアスタイリスト・金野将司さん
シンプルが好きで、今気になっているのはデニム。仕事ではモデルさんの髪色が立つように白を着ることが多いので休日はダークトーン。デニムもこの濃紺がいいなと。それと最近はどこかにタイムレスな要素を入れたくて、1955モデルは理想的。N.ハリのアウターやジャーマントレーナーと満喫したいです。


Rios of Mercedesの
ウエスタンブーツ
———

裾からのぞくトウの曲線はアクセントになると同時に、着こなしをシックに格上げ。クラスのカーディガンやTシャツの主張ともマッチしている。ブーツ(リオス オブ メルセデス)¥198,000/マンホール その他/本人私物
昔ながらの製法にこだわる、老舗シューズブランドの正統派ウエスタンブーツ。もっちりとした上質なカウレザーに映えるホワイトステッチがムードたっぷり。

darlin. スタイリスト・及川恒亮さん
僕はお店のスタッフさんからの提案で、〝これいいな〟というものに出会うことがほとんど。ちょうどこれも、そんな1足(笑)。デザインがしっかりあるウエスタンブーツはスラックスと合わせて、気負わず取り入れたいですね。





Photos:Jun OkadabNm/Yoshio Kato Hair & Make-up:Yosuke Akizuki Masaki Takahashi Narumi Tsukuba Stylist:Atsuo Izumi Text:Kanta Hisajima(for Hayashi, BUNA, Oikawa, Yonemoto)

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼