▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

ファッション好き必見! 写真家ギイ ブルダンのシュールな美の表現に、想像力の扉が開く展覧会

ファッション好き必見! 写真家ギイ ブルダンのシュールな美の表現に、想像力の扉が開く展覧会

▼ WPの本文 ▼

東京の銀座にある「シャネル・ネクサス・ホール」で、フランスを代表するフォトグラファー、ギイ ブルダンの写真展「The Absurd and The Sublime」が今日9月8日(水)から開催される!

© The Guy Bourdin Estate 2021
Courtesy of Louise Alexander Gallery

パリに生まれたギイ ブルダン(1928-1991)は、もともと画家として活動をスタートしたが、1951年にアメリカ合衆国出身の画家・彫刻家・写真家であるマン レイと出会ってからは、シュルレアリスム(超現実主義)の潮流に大きな影響を受けて実験的に写真制作を開始した。

© The Guy Bourdin Estate 2021
Courtesy of Louise Alexander Gallery

彼独自のストーリーテリングの撮影スタイルが注目を集め、ファッション誌を中心にフォトグラファーとして躍進。1955年2月号のフランスのヴォーグ誌で初めて写真が掲載されるなど、その地位を確固たるものにした。その後はシャネルをはじめとするブランドの広告も手がけている。

© The Guy Bourdin Estate 2021
Courtesy of Louise Alexander Gallery

過去には数々の写真展が開催されており、海外ではヴィクトリア&アルバート博物館(イギリス)、テート・モダン(イギリス)、ジュードポーム美術館(フランス)、J・ポール・ゲティ美術館(アメリカ)などで展示。2006年には国内初となる写真展が、東京都写真美術館で開催されている。

© The Guy Bourdin Estate 2021
Courtesy of Louise Alexander Gallery

本展では、ギイ ブルダンのアイコニックな作品に加え、貴重なアーカイブからこれまで展示されたことのないオリジナルプリントまで幅広く展示。モノクロのヴィンテージ写真からは、彼の初期の実験と独特のスタイルの進化も見ることができる。

© The Guy Bourdin Estate 2021
Courtesy of Louise Alexander Gallery

謎めいた筋書きを想起させたり、意識下の緊張を創り出したり、細心の注意を払って場面を構築したり…。好奇心をかき立てられる不思議な世界観をぜひ感じてみてほしい。

The Absurd and The Sublime
ギイ ブルダン展


会期:9月8日(水)~10月24日(日)
※会期中無休
※入場無料・予約不要(混雑時入場制限あり)
会場:シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
開館時間:11:00~19:00 (最終入場18:30)

問い合わせ先:
シャネル・ネクサス・ホール事務局
TEL:03-6386-3071
https://nexushall.chanel.com
主催: シャネル合同会社

Text by Sayaka Arai

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼