▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

本当にモテる秋トップス4選!決め手はカラーと素材感だ

本当にモテる秋トップス4選!決め手はカラーと素材感だ

▼ WPの本文 ▼

まだまだ暑い日が続いているけれど、秋のオシャレ計画を立てるなら今がベストなタイミング。秋のトレンドをしっかり押さえながら、ちゃっかり女子ウケも狙える秋トップスを、スタイリスト高野麻子さんに教えてもらいました。気になるアイテムは即ゲットして、周りを出し抜こう!

01_薄手のニットポロ

「ゆるっとした襟付きのニットポロは、ラフなのに知的な感じがするので女子からの好感度が上がること間違いなしのアイテムです。柔らかなクリーム色もクリーンさが出ていいですよね。インにはニットと同系色のロンTを合わせるくらいがキマりすぎずちょうどいいバランス。ボトムは、細いとおじさんっぽく見えるから、ゆるずるっとはける太めのシルエットを選ぶのが正解です」(スタイリスト高野麻子さん/以下同)

ニットポロ(サバイ)¥29,700/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] 長袖Tシャツ(スティル バイ ハンド)¥13,200/スタイルデパートメント[TEL:03-5784-5430] パンツ(ウティ×レショップ)¥16,940/レショップ 渋谷店[TEL:03-6712-5770] 帽子(ザ ファクトリー メイド)¥10,648/中央帽子[TEL:06-6972-8881] スニーカー(ムーンスター )¥13,310/ムーンスター カスタマーセンター[TEL:0800-800-1792]

   


02_パステルピンクのフーディ

「秋だからといってくすんだ色やベーシックな色を着るのではなく、パステルカラーを取り入れるのがオシャレ上級者。中でもピンクは、うまく取り入れれば最高にシャレ感が出るのでぜひ挑戦してほしいです。少しくすんだコーラルがかったピンクのフーディなら、カジュアルに使いやすいので初心者さんでも安心。ミリタリーっぽさのあるパンツや靴を合わせたり、首からがま口型のバッグを掛けたり、ちょっと辛口に仕上げるとバランスよくまとまります」

フーディ¥26,620/ネーム[TEL:03-6416-4860] カットソー(ユナイテッドアスレ)¥4,950/キャブ株式会社[URL:https://united-athle.jp] パンツ(ルーマー)¥17,600/アルファ PR[TEL:03-5413-3546] バッグ(ディスコード ヨウジヤマモト)¥42,900/ヨウジヤマモト プレスルーム[TEL:03-5463-1500] ブーツ¥39,930/ケイス[TEL:03-6416-4860]

  

03_パステルブルーのスウェット

「パステルの中で、ピンクと同じくらい注目が集まっているのがブルー。ピンクと違ってブルーの場合は、グレーや白でグラデーションをかけながらトーンを揃えて着こなすと爽やかすぎずシックにまとまるのでオススメ。よく見るとこのスウェットも左右でカラーがグラデーションしているんです。こういうさり気ないこだわりに女子って弱いんですよね(笑)。あいまいなカラーでまとめてもメリハリが生まれるように、張りのあるシャツや肉厚なパンツを選ぶのも重要」

スウェット¥26,400・シャツ¥29,700/オーラリー[TEL:03-6427-7141] パンツ(ラキネス)¥49,500/アルファ PR[TEL:03-5413-3546] メガネ(JINS)¥8,800(※レンズ代込)/JINS カスタマーサポートセンター[TEL:0120-588-418] スニーカー¥14,300(ナイキ スポーツウェア)/ナイキジャパン[TEL:0120-6453-77]

  


04_ブラックのバンドカラーシャツ

「襟付きシャツほどカッチリせず、カットソーほどラフすぎないバンドカラーシャツは、女の子が大好きなアイテム。過去のモテ服企画でも何度も登場していますが、何度でも言わせてもらいたい(笑)。あえて1枚でサラリと着てほしいから、今回は肉厚なニュアンスのある素材で、シックに見えるダークトーンを選びました。ボトムを淡めの色にするとシャツだけが浮いてしまうので、ブラウンなどの締め色を選ぶのがベスト」

バンドカラーシャツ(ラキネス)¥52,800/アルファ PR[TEL:03-5413-3546] チノパンツ(ハバノス)¥19,800/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] ポシェット(アー・ペー・セー)¥27,500/アー・ペー・セー カスタマーサビス スニーカー(ハイテック)¥6,413/ムーンスター カスタマーセンター[TEL:0800-800-1792]

※価格は全て税込です

Photos:Takahiro Idenoshita Hair&Make-up:Yosuke Akizuki Stylist:Asako Takano Model:Yudai Toyoda Kotaro Inai Composition&Text:Misato Kikuchi

 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼