▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【岸本ルーク】音を感じるギークファッション #MEN’S NON-NO MODELS 2021

【岸本ルーク】音を感じるギークファッション #MEN’S NON-NO MODELS 2021

▼ WPの本文 ▼

全14名の現役メンズノンノモデルがフル出場! ひとりひとりのキャラクターやムードを生かしたファッション&ライフスタイルのビジュアル特集をお届けします!

岸本ルーク/LUKE KISHIMOTO

音を感じるギークファッション

柄を重ねまくり好きなカルチャーを詰め込んだスタイル。

ユーズドのシャツ¥9,240/ジャンピン ジャップ フラッシュ パーカ¥58,300・パンツ¥69,300(ともにナイスネス)/イーライト 中に着たユーズドのTシャツ¥10,780/ステップアヘッド 腰に巻いたユーズドのシャツ¥17,380/ピグスティ スニーカー(ジョーダン 10)¥38,500/グロウ アラウンド ヴィンテージの帽子[上]¥9,790・[下]¥8,690/sowhat vintage

 

好きなものを凝縮して
唯一無二のスタイルをめざす

ーー音楽に囲まれた家庭だったそうですね?

岸本 米軍基地の近くで育ち、街にも家にも音楽が流れる日常でした。父の影響で、グランジやロック、パンク、メタル…と様々な洋楽を耳にしていましたよ。小学校3年生のときにダンスを始めてヒップホップもよく聴くようになりましたし。

ーーファッションにも音楽の影響が大きそうですね。

岸本 12歳くらいに洋服に興味を持ち始め、勝手に父の服を着たりしてました(笑)。特にニルヴァーナが好きだったので、伝説のカート・コバーンは僕のファッションアイコン。今日のスタイリングみたいな、いなたいチェック、音楽の匂いを感じますね。あとは映画。直近では『ブラックパンサー』のように、好きなアーティストがサウンドトラックを担当している映画を観て、そのビジュアルに影響されることも。今はテキサス出身のラッパー、トラヴィス・スコットが俄然きてます。いろいろな要素がミックスされて、唯一無二なんですよ。僕も自分ならではのスタイルをつくっていきたいと思わせられる。今日のスタイリングもカルチャーのミクスチャー感が強いですよね。サーフロックの雰囲気もあるし、パンクな心意気も感じられる。

 

LUKE KISHIMOTO

2000/01/07生まれ
沖縄県出身
幼少期から音楽漬けの日々を送り、趣味はラップで特技はダンス。カート・コバーンをはじめ多くのミュージシャンがファッションアイコン。現在、自身の曲「KANNANA」「&NIGHT」をリリースし、YouTubeにてMV公開中。


※価格は全て税込みです。

Photo:Kodai Ikemitsu[TRON] Hair&Make-up:Taro Yoshida[W] Stylist:So Matsukawa[TRON] Mamoru Hinata(props) Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼