▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

落ち込んだH、悩ましい恋。「性別のフィルター」を外すときがやってきた!【バービー先生の恋愛&セックス相談室・まとめ】

落ち込んだH、悩ましい恋。「性別のフィルター」を外すときがやってきた!【バービー先生の恋愛&セックス相談室・まとめ】

▼ WPの本文 ▼

読者から寄せられた、セックスについてのさまざまなエピソード、そして恋愛の悩みに答えまくってくれたバービー先生。取材を終え、メンズノンノ世代男子の恋愛&セックス事情から感じたことをストレートに語ってもらった。いろんな落ち込みや悩みの根底にあったものは…ある「フィルター」だった!

  

男と女はなぜすれ違うのか?

久しぶりに若い男性の性事情を知ることができて、おもしろかった! 何よりも、皆さんが元気そうで安心しました。勃起は健康のバロメーターのひとつ。これからも、男根、そして心と体の元気をしっかり守っていってほしいですね。

すごく驚いたのが、セックス観の普遍性。肉食女子がもてはやされて何年もたっているし、“セックスは男性が誘う・リードする”なんて価値観は消え去っていると想像していたので。でもエピソードを見る限り、今でも女性は行為のほとんどを男性に委ねているんですね。そして男性も、男が気持ちよくしてあげなきゃ、という義務感にも似た意識があるように感じました。男女平等に勉強して働いているのに、ベッドインした途端「ハイ、ここからは男性のターン!」ってなるの、不思議だなあ。それを話し合った結果じゃなく、暗黙の了解のようにこなしているわけだから……混乱やすれ違いが起きて当然なのかもしれません。

それがてきめんに表れているのが、落ち込みエピソードですね。パートナーに伝えれば一瞬で解決される悩みがほとんど! つき合ってすぐにセックスの話をするのはハードルが高いけど、何度も体を重ねているような関係でも言えないんだね。とくに、“彼女が演技していないか不安”ってエピソード。セックスはふたりで営む行為だから、男性が不安を抱くのは、女性の責任でもあると思うんです。気持ちいいのかよくないのか。それをちゃんと伝えずに「ヘタ」だとか好き勝手に文句を言うのはフェアじゃない。もう一点、彼がセックスに夢中になれていないところも気になりました。相手のことを気にかけているのはステキなんだけど、なんとなく、楽しめていなさそうな雰囲気を感じてしまった。

これは私が実体験から感じたことなんだけど、日本人男性は総じて、性行為中の感情表現が乏しいんです。なぜだろう? とずっと疑問に思っていたんだけど、ある日AVを観てピンときました。AV男優ってつねに冷静で、女性を喜ばせることに徹しているんですよ。それに対して外国人は、喘ぐわ叫ぶわ、心酔状態でセックスを楽しみますから。そんな反応を見ると、こちらも自然と心が解放されるし、素直に感じることができるんですよね。

もちろん、外国人のセックスが正しいわけじゃない。でも男性が女性の反応に悩むように、女性も男性が感じているかどうか、気になっているんですよ。男性が感じてくれるとうれしいし、何をされるとどう気持ちいいのか、かすかな反応を見ながら探っているんです。徐々に精度を上げていくのもいいけど、話し合えば、その瞬間からよくなる。勇気を出す価値、大アリだと思いますよ!

今こそ性別のフィルターを外すとき!
弱さも気持ちよさもさらけ出して♡

男性はセックスで感情を出しちゃダメ、女性をリードしなきゃ、っていうマインドは、男性の“弱さを見せちゃいけない”っていう潜在意識を助長させているとも感じるんです。(Q&A前編後編の)男性のお悩みも、そもそもは男性が弱みを見せられていないから起きるミスコミュニケーションなのかな、と。私が今のパートナーを好きな理由のひとつに、徹底的に話し合えるところがあります。過去の恋愛では、言い争いになると、「そんなに責めないでよ」と男性からはぐらかされることが多数。弱点を指摘されるのを極端に嫌がるのは、男性の特徴のひとつのように思います。ただね、これは「女々しい」「男らしくない」などの表現を使い続ける女性にも原因がある。結局、私たちはいまだに、ジェンダーバイアス(性の偏見)にとらわれているんですよね。偏見は無意識に根づいてしまったものだから、すぐに取り除くことはできない。でもそれがなくなれば、男性も女性もぐんと負担が減ると思いませんか? 「男だから」「女なのに」……そんなフィルターを外すことができて初めて、心と心で通じ合えるんじゃないかな。

Profile

ばーびー●1984年1月26日生まれ、北海道出身。2007年、相方のハジメとコンビ、フォーリンラブを結成。YouTube「バービーちゃんねる」では、ジェンダーや性についても赤裸々トークを展開。

Photo:Yuki Kato Hair & Make-up:Naomi Harada Stylist:Natsuki Taniguchi[TAKUTY PRODUCE&CREATE] Composition & Text:Ayano Nakanishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 恋愛って難しい
  • 落ち込んだH、悩ましい恋。「性別のフィルター」を外すときがやってきた!【バービー先生の恋愛&セックス相談室・まとめ】

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼