▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

▼ post_fortune用仮テンプレート ▼

廉頗

▼ WPの本文 ▼

水晶玉子のキングダム占い

キミのキャラタイプは…廉頗 属す国が変わってもその強さは 変わらない、豪快な天才武将

基本性格

精神も肉体もタフな
底力のある人

元趙三大天のひとりだが、その後、魏国に亡命した猛将。武力と知略を兼ね備えた伝説の天才武将であり、純粋に戦そのものに生きる価値を見いだしている。そんな廉頗タイプのキミは、精神的にも肉体的にもなかなかタフな、底力の持ち主。氐宿の「氐」は、“根底”を表す字であり、物事の根本の部分をガッチリ支え、大きなものをまとめ、組織の要になるような力量があることを示している。人当たりがよく、いろいろなことができるので人に頼りにされるが、氐宿自身も利害に敏感で自分の欲望にも忠実なので、お人よしに見えても、自分の欲しいものはちゃんと手に入れている、しっかり者。氐宿は心の中に“猛獣”を一匹飼っていて、それが暴れないようコントロールすれば、安定した人生になる。


廉頗タイプってこんな人

目的のためなら何でも利用

image

趙王に恨まれて大将を剥奪され、これを拒否したことで魏に亡命した廉頗。生涯、戦い続けるという目的のためならば、仕える国を変えることもいとわなかったが、肝を据えた氐宿は、目的のためなら、どんなことでもする。それこそ昨日までの敵と手を組んだり、ギリギリの危ない橋を渡ることも。でも、そんな度胸と知恵を”黒い”ことに使うと自分を追い込むのでご用心。


清濁あわせのむ懐の深さ

image

かつて戦場で死闘を繰り広げた最大の敵である秦の六大将軍には、どこかで同世代の”友”のような感覚を持ち、廉頗は王おう騎きと酒を酌み交わした一夜も…。本来は憎くてしかたがない相手でもリスペクトできるものがあったり、協力すべき状況になれば、割り切ってつき合える。そんな懐の深さこそ、氐宿の最大の特徴。逆に復讐(ふくしゅう)心や執着心は、氐宿の心の”猛獣”を育てる餌になる。


度胸と知恵でどこでも重要人物

image

賢いうえに気が強く、度胸も満点。どこでも堂々としている氐宿は、若い頃は、生意気に思われてたたかれたり、警戒されたりすることも。そのせいか氐宿は宿命的に一度は運気が大きく落ち込む出来事があるとされているが、それを”修行”と考えて精進することで、さらに大きくなったり、安定を得たりする。そして、どこにいっても大きな仕事ができる存在になっていく。

李牧

泥沼の戦いに勝っても
向こうは負けを認めない

どちらもパワフルで欲望の強い氐宿と畢宿。同じものをめざし、利害が一致しているときはよいパートナー。特に氐宿のあの手この手の知恵と手段を畢宿は利用しまくるかも。でも畢宿が欲張りすぎると、氐宿の“黒い”部分が発動。泥沼の戦いに。ただ氐宿は負けたら率直に認めるが、畢宿は負けても絶対に認めない。廉頗と李牧は世代が違い、接点がないのは幸いだったかも。

李牧タイプの解説を見る

TOPへ戻る

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼