▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

▼ post_fortune用仮テンプレート ▼

昌文君

▼ WPの本文 ▼

水晶玉子のキングダム占い

キミのキャラタイプは…昌文君 知識と経験でピンチを乗り越える文官。王の教育係から頼りになる側近へ

基本性格

思慮深く論理的
力ある言葉で人を動かす人

昌文君は、若き秦王・政を支え続ける第一の側近。武骨だが義理堅い昌文君は、機転がきき、頼りになる存在。そんな昌文君タイプのキミは思慮深く、論理的。慎重でむちゃなことはしない性格だ。觜宿の「觜」はくちばしのこと。觜宿にはよくしゃべるタイプと寡黙なタイプがいるが、どちらも自分のことはあまり話さない。それでも、いざというときに力のある言葉で人を動かす資質を秘めている。昌文君は、元は武官で戦場に立った経験があり、政の教育係として文官に転じた設定だが、この觜宿の知恵や言葉の力も、机上の論理ではなく“現場”を知ることで磨かれる、まさに実践的なものであることが強み。大きすぎる欲を持たない限り、觜宿は失敗や落ち込みの少ない運気を生きることが多い。


昌文君タイプってこんな人

強い危機管理能力

image

觜宿は、機転がきき、起こりそうな未来の危機をキャッチして、それをいかに回避するかを考える能力はダントツ。秦王・政と信がつながるきっかけも、昌文君の優れたリスクマネジメントがもたらしたといっていい。クールで合理的なので、見かけよりずっと”安全運 転”タイプ。だが、無難になりすぎて個性が消えることもあり、ときには熱く本音でぶつかることも必要だ。


コミュニケーション能力は高い

image

觜宿は、言葉に魅力と力があり、話し方や声にも特徴が。また、話す以上に聞き上手であり、どんな相手とも、その気になれば、うまくコミュニケーションをとれるのも長所といえるかも。昌文君も、成蟜(せいきょう)の反乱で都を追われた政を助けるため、当時は下僕の信や山民族の河了貂(かりょうてん)など、身分やバックグラウンドを問わず、協力を求め、結果的にはまとめ役となっていった。


人脈をつかむのがうまい

image

昌文君は命がけで、趙国で人質として暮らしていた幼い政を秦国に帰還させる。対抗勢力に比べ力の弱かった嬴政(えいせい)をその手腕で助け、少しずついろいろな勢力と 結託しながら、着実に実権をつかんでいく。賢い觜宿は、人を見る目も確かであり、その場で自分に求められることを察することもできるので、目立たないようで人間関係の要的存在になることも多いのだ。

楊端和

自分の苦労をノリであっさり
乗り越える姿にジェラシー

頭がよくて慎重な觜宿は、何事も石橋をたたいて、理論的にも実践的にもOKとなってからやっと渡るのに、箕宿ときたら同じ石橋を何も考えていないかのようにノリであっさり渡って、同じ成果か、それ以上の成果を上げてくる。それで箕宿には「負けた」感を持ちがちだが、やはりミスや穴が少ないのは圧倒的に觜宿のほう。比較せず、必要なときに箕宿の勢いを借りよう。

楊端和タイプの解説を見る

TOPへ戻る

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼