成田 凌が車いすバスケに挑戦、日本代表・藤本選手とのガチ対決! | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

成田 凌が車いすバスケに挑戦、日本代表・藤本選手とのガチ対決!

PR

アスリートたちの挑戦と可能性にエールを送り続けている「サントリー」×メンズノンノのコラボレーション! 俳優としても活躍するメンズノンノモデル成田 凌と同社がオフィシャルパートナーとしてサポートする車いすバスケットボール日本代表・藤本怜央選手によるスペシャルムービーが完成した。チャレンジを続ける2人の対談もここに収録!

 

 
──初めて車いすバスケを体験した成田。日本代表でもある藤本選手とマッチアップしてみた感想は?

 成田 凌  シンプルに、上手くなりたいと思いました。ディフェンスもオフェンスもいろいろと教えていただいて、使う筋肉の違いはあるにせよプレー中の頭の使い方はずっとやってきたサッカーに近いものがあると感じました。

 藤本怜央  競技用の車いすに乗るのが初めてとは思えないくらい上手いと思いましたよ。左右のターンの際にどちらのタイヤを止めるのか、など難しい操作があったと思うのですがサッカーをやっていただけあってそのあたりの“嗅覚”を持っているなと感じました。

suntory-movie01

 成田  怜央さんはデカい! 真正面に立たれると“ラスボス”のような威圧感がすごかった。

 藤本  よく言われます(笑)。でも、一本マジで決められましたからね。垣根を取り払って貪欲に立ち向かってきてくれて、何より車いすバスケを思いきり楽しんでくれた。この競技一筋でやってきている身として非常にありがたかったですね。

 成田  相手が強そうなほど、なんか笑っちゃうんですよね、嬉しくて。日本を代表する選手がこうして僕のような素人を相手にすることはなかなかないと思いますが、おかげで燃えたぎる気持ちといいますか、サッカーをやっていた頃の勝負の感覚が蘇りました。怜央さんは車いすバスケを始めた当初、どうでしたか?

 藤本  僕も同じでしたよ。もともと普通のバスケをやっていましたが、ボールを扱うことと車いすを動かす動作が同時にできずに苦労しました。ターンをするたびに、ボールがどこかに飛んじゃったり。

 成田  それが今では日本代表チームの大黒柱。すごいですよね。

 藤本  対戦相手のいるスポーツなので相手よりも車いすの操作に優れないといけませんし、シュートを多く決めなければなりません。どちらか一方だけでは勝てないんですよ。こういう選手になりたい、というイメージを常に思い描きながら、自分が長けている部分を一つ一つ伸ばしていけるよう努力しています。

 成田  わかります。サッカーも「これはいけるぞ」「あぁダメだ」の繰り返しで、その積み重ねの中でいかに自分の強みを見つけて伸ばしていけるかがカギなので。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL