シャツをパンツインするなら、ボタンは全開に! 着こなしテクニック集 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

シャツをパンツインするなら、ボタンは全開に! 着こなしテクニック集

ごくベーシックなアイテムこそ“小技”を効かせておしゃれを演出しよう。3人のスタイリストが、今っぽいトップスの着方をレッスン。

裾からTシャツを出す

ジャストサイズのトップスは、裾からTシャツをチラ見せするように重ね着を。生地の硬いTシャツを選ぶとうまくいく。

スタイリスト
片貝 俊さん

トップスとパンツの間に2〜3cmのラインをTシャツでつくると、こなれます。よれたTシャツだとだらしなく見えるのでNGです。

パーカ(アクネ ストゥディオズ)¥34,000/アクネ ストゥディオズ アオヤマ Tシャツ(ユニバーサル プロダクツ)¥9,000/1LDK ジーンズ(ダブレット)¥36,000/スタジオ ファブワーク

シャツをインしながら
ボタンを全開!

流行のタックインスタイルで差をつけるには、ボタンを一番下しか留めないのがおすすめだ。

スタイリスト
小松嘉章さん

旬の“ユース感”を出すことができます。中に着ているTシャツが白だと、よりクリーンな印象になりますね。

シャツ¥31,000/ザ・リラクス Tシャツ(フレッドペリー×ラフ・シモンズ)¥13,000/フレッドペリーショップ東京 ジーンズ(サイベーシックス)¥22,000/マスターピースショールーム ベルト/スタイリスト私物

フードのコードを結ぶ

首もとの紐を結んでフードとネックのVゾーンをギュッとまとめれば、90′sのムードを簡単に漂わせることができる。

スタイリスト
松川 総さん

昔のミュージックビデオでラッパーたちがやっていたイメージ。フードが小さいとあまり意味がないので大きめで。

パーカ¥22,000・Tシャツ¥7,500(ヤエカ)/ヤエカ アパートメント ストア

 
※価格は全て税別です。
Photos:Teppei Hoshida Stylist:Shun Katakai So Matsukawa[TRON] Yoshiaki Komatsu

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL